りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
寝ながら書くのは良くないな
ネタ考えててぽかんぽかんと抜け落ちる。
「ワイルド7」の主題歌は、案外陰陽座とか、犬神サーカス団あたりがいいんじゃないだろうか
かえって女性の声のほうが、いかがわしさが増していい感じと個人的には思うのですが
陰陽座ならぎりぎり、スィーツもついてこれるかもしらんし(笑)

自虐的に言ってしまいますが
政治なんかをドヤ顔で語るのは
私生活に不満や問題があったり
仕事や感情面で不平不満があったり
そんなものが夜中寝る前にピークになって

爆発

とりあえず落としどころがないので、文句の出ないところに八つ当たり
そういう感じがあると思うのですが
えっ、私だけ?

田中さんボコボコすぎてワロタ

予算委員会みてましたが、もらい泣きしそうでしたよいやまじで
戦略であれ当然の結果であれ、私、人が苛められてるの観るの耐えられないんですよ(笑)
だから、芸人が大怪我する系のバラエティって、ムカムカするだけなんだよなあ。

それはともかく

野田トンの答弁のつなぎ方とか
あれだけ悪意のある編集もすごいな
(メールの件は)調査してから答えます
こんな当たり前のことを言っているのに
悪意ある編集のせいで
内容は完全に把握してるけど、答弁できません
といっているように、意味が変えられてしまってる
これ、このあと議長に「黙れおまいら。まず資料だせっていうてるやろ。話はそれからやというてるやろ」
と怒鳴られてるんだが。
ドヤ顔で、もうこの件の効果が待ちきれなくて、言ってることが支離滅裂になってる共産党のおっさんもすごかったですけど
その後に「今は勝ち馬に乗るべき!」って顔で出てきた馬鹿もすごいな

だから資料が手元にないから即答できんて「議長が」なんべんもいうてるやん頭大丈夫か

あのひとらには、内容もなんもないんな。自分たちで、その内容の検討すらしてないやろ。いや、共産党はしてるんやろうけど(笑)
田中さんフルボッコなんは仕方ないと思いますが(見てると腹立つけど)
野田さんあなたに聞いてるんです
とか切れてるあほたれは、みんな部屋から追い出してよかった気がするよ
議長突っ込みたくてうずうずしてたんやないかとおもいますが
(関西系のバラエティなら3人くらい突っ込み入ってるな(笑))
戦略として野次飛ばしたり、席を立つ、みたいなことは昔からありますけど
あれ単に勝ち馬に乗ろうとして、有権者にドヤ顔してるだけやん
バナナもらおうとして、折の中から愛嬌振りまいてるチンパンと大差ない
編集してるマスコミも、批判してる野党も

すばらしい爆笑コメディありがとうございました

ひさしぶりによー笑たわ。

別に民主擁護するつもりはないし、内心はよしんでまえ、とはおもってますが
おかしいもんはおかしいよ
といっておきます。あそこ限定では別に、野田さんおかしいこというてへん。
でも、この人はやっぱ、野党でなんぼのひとだとは思う(笑)

しかし、帰村宣言だの、これだのをみてると
政治って儲かるんだなあ
としみじみ思います。



いい加減ビデオ捨てようと思い、ぼちぼち片付けてる
スターウォーズみたいな、わりといつでもみられるもんは「いらんやろ」と捨ててしまえるのですが
「恐怖アンバランス劇場」とかはこまるなあ(笑)
雨月物語とかをネタ元にしてるので、いかにもおどろおどろしい展開とかはすきなんだけど
(「木乃伊(みいら)の恋」の気持ち悪さは異常)
かといって、もう大概古いビデオだし、見てると目が疲れること疑いない
といってDVDほしいかっていわれると、そこまではないし
こうやって物が増えるんですねわかります。
それよりも、シャーロック・ホームズ全集(LD)をなんとかしたほうがいいと思うんだが、自分。



日(カカカカカカカカカカカカ)
金「ちょっ、打撃音が途切れない!」
日(カカカカカカカカカカ)
金「今、奇跡の業を観ている……あたしはいま、猛烈に感動してる!」
日(カカカカカカカカカ)
金「これが日のいう、たくみのわざ、ってやつなんだね」
「いや、だから五寸釘打つのやめさせろって」
金「これ、日の呪いの儀式なんだよね」
中「うちにも似たようなのあるけどな。床下に人形埋めたりとか」
日「ふう」
中「ふう、じゃねえ。お前、呪いとか信じてないだろ」
日「そんなことないですよ(にっこり)」
中「意外に迷信深いところあるのは知って……ちょあたしの写真!?
金「なにやったの?」
中「……」←心当たりがありすぎる
日「うふふふ」
中「だから、満面の笑みでこっちみんな。マジで怖いから」
金「みんな大変だなあ」
日中「いや、一番大変なのはあんた」



こっそり採掘
コントをパクる
大使館の件で裏取引
日教組もついでに暴走

さすが中国さんはぶれないな

今、世界で悪の帝国を名乗れるのって、ここしかないんじゃないの(笑)
個人的には、韓国人に比べると悪意をあまり感じないし、付き合いやすい人たちですけど
価値観が違う
の一言で、相手の価値観は軽やかに踏みにじって、やりたいことをやるあの感性だけは、どうも。
むしろそういうスタンスがワールドスタンダードなのは、理屈ではわかるんですが、日本人の感覚としてはなあ(笑)

ま、アメリカさんにとっての悪の帝国はイランですけどね

TPPのむちゃくちゃぶり(ついでに米韓FTAのひどさ)が予算委員会でぶちあげられて
おお、日本もいうのはいうのか
と感心していたところ

民放で放送なし

いや…選挙に干渉大事やけど、これ、ものすごく大事やろ
スクープにしか飛びつかないマスコミを見てると
むしろこの内部告発が「戦略」に見えてくるから困る。
明以降日は沖縄と、いいとこ中国さんのことに終始して、肝心のTPPどっかいっちゃうんですかね。

そういえば、少女時代が全米進出大失敗した、という話が来て
(CDが1000枚しか売れなかった)
いつのまにか、また無意味なランキングで

全米○位

とかやってるようですが
最近、韓国の一部の国民の反応が冷ややか。
ただでさえ国民がひぃひぃいってるのに、CDかわされたりチケット買わされたりが続いてるせいなのかもしれませんが
コンサートも結局、統一教会の集会状態らしいし
日本にはファンいるのだから、無理な背伸びをせずに、日本でだけ商売したら。
たった1000枚のCD売るために、いったいいくらつかってるの、と、韓国人も内心おもってるんじゃなかろうか。
数字として見えにくいボカロあたりなら、まだ大人気! とか言う人もいるだろうけども
音楽は、どんだけPVで数字盛っても、売り上げという形ではっきりと出てしまうからなあ。
再三いってますが、今の時代、すぐに比較動画、比較画像が出てくる時代、作り手としてはしんどい時代
揚げ足取りが趣味という人に、「この曲はパクリ」と、ずらっとPV張られてしまうような現状を(2chで)目の当たりにしてしまうことを考えると
熱心な人ほど、冷めていくのじゃなかろうか。
個人的に、マカロニウェスタン、ゾンビと


ワールドワイドなパクリの枢軸を愛してきた私のことですから


にてるのにてないの、パクったのパクらないのなんてのはどうでもいいことで
好きな人がいて、それでいいならいいやん、とか思うのですが
韓国人にすら「下着みたいな衣装で尻を振る」だの、「韓国人がプロデュースにかかわってないでK-POPとよべるの」だのという批判が出てくるのだから、せっかく獲得した知名度を生かして、彼女ら自身に、なにかをさせたほうがいいんじゃないですかね。
そんな北朝鮮みたいなやりかたしてるから、育たないんだよサブカルが。

ま、アイドルに興味のない私にとっては、どう変わろうとどうでもいいことなんですけどね。
あずにゃんがクリス・ブロデリック、唯がムステインみたいなけいおんなら俺は奴隷になってやる、みたいな寝言ならいいますが。
少女時代がそれやってくれるなら、信者になってもいいよ(笑)
つかさ。しみじみおもうのだけど。
けいおんのおかげで、女の子がバンドやりはじめたのはいいんだけどさ


なんでみんなあんなにビッチ臭漂う品なのさなの


けいおんの中でもネタにされてますが、日本のHR、メタル系アーティストって、礼儀正しい人がおおいんだよね。
親切な人が異常に多い。(ビジュアル系にはそこそこ例外もある)
私はそういう人たち観てきたから、なんつーかなぁ
メンバーを自分の奴隷くらいにしか思ってない奴に、なにがつくれるのかと、しみじみおもうのですが
ああいうビッチな感じの人を、選んで電波にのせてたりするんですかね。ステマ? ステマ?
(てか、なにも売ってないだろ(笑))
柄が悪くて品がなくて礼儀知らずで自己中心的で
音楽やる人間があんなんばっかりだ、とおもわれたら、すげえ迷惑なんですが。
あれで人に伝えたいことがある、とか、笑わすなってかんじなんだよなあ。
礼儀正しくあれってことでなく、人に思いやりがかけらもないんだよ。
やっぱりけいおんネガキャンのステマか(笑)

北はちょっと、痛い話が多いのでパス。茶化せないレベルだし。

なので、南朝鮮さんのネタを一発二発
前からいってるけど

自分たちが歴史的、日常的にやってることから、「事件」っておもいつくんだよね

こういうのみてると、しみじみおもうわ(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/973-150e9254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック