りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
はじまるよー
軍靴の音が聞こえる…


「絶対に許さない…」
中「とかいって偽造パスポートつくってんじゃねえよ」
日「もうTDLにはこないでくださいね?」
金「意地悪! 無慈悲な報復はじまるよー」
日「李さんが、大規模な部隊をペンニョン島に展開したそうです(棒)」
中「つーかさー突っ込んでいいか」
日「どうぞ」
中「最前線に赴く兵士が、ファンシーなくまさんの紙袋下げて上陸って言うのは、軍記的にありなのか?」
金「あたし的にはありだとおもう」
中「お前にはきいてねえよ」
日「むしろ、防空壕の看板が倒れていたり、銃眼切ってある金網が赤錆でぼろぼろだったり、塹壕が土嚢にコンクリート吹き付けただけっぽかったり、そもそも掘り下げてられていないから、塹壕なの? とか、そういうところはどうなんでしょうか」
中「普通じゃね?」
金「普通だよ」
日「…そ、そうですか」
中「むしろ、日んとこのリアクション芸人がうろうろしてることのほうが気になるんだが。前線なんだろ」
日「芸人って呼ばないでください。せめて女子アナで」
中「でも、なにも報道してねえじゃん」
日「そうなんですけど…」
金「あたしは観ててたのしかったよ(ポリポリ)」
中「観てんじゃねえ。ポテチくってんじゃねえ」
日「飢えてたんじゃないんですか…?」
「人民はね」
日「容赦ないですね…」
中「なら、心胆寒からしめるアレの話してやれよ」
日「ああ、正男さんの本が…」
「あーっ、あーっあーっ!」



裏切り者アキヒロに無慈悲な鉄槌を、だそうですよ。
南北ともぶれねえな。
日本人でも、よっぽど情勢に疎いやつ以外、動揺すらしてくれんのじゃないか(笑)
ペンニョン島の映像が流れていましたが
とても管理されている最前線にはみえないですね(笑)
また防空壕作っているらしいですが、ただの公共事業にしか見えない…
そもそも、統帥権って米大統領が持ってるんじゃなかったんでしたっけ。勝手に部隊動かしてもいいんだろうか。その程度はいいのか。
だいたい、のんきにソウルで溝畑宏観光庁長官が韓国国歌歌ってる向こうで、こんなことやられてもねえ。
つーか、日本人がよく韓国国歌とか知ってるな。私きいたことないよ。
韓国軍歌の空耳だって最近知ったくらいなのに(笑)

正男さんの本もでるそうですよ。
正男本人は「時期尚早」と断ったそうですが、「きっとわかってくれるに違いない」と、勝手に出版してしまうらしいです
金になるからって素直に言えよ。
ネットでは(ネトウヨが)「おれたちのマサオ」って人気がすごいんです、とか
今までくそみそに叩いていたのに、一般人も連中に付和雷同するようになった、とわかったとたん、擦り寄りっぷりもハンパないですが
というか、朝鮮も日本も2CHみて記事書きすぎだろ
影響力のあるメディアには、黒白関係なく擦り寄り、それを利用することしか考えてないってのはなあ。
確かに正男氏は、北の中では一番常識のある要人の一人という受け取られ方をしているし、軍部の動きに対しても批判的だった、とはいわれていますが
あくまでも、朝鮮半島の要人の中では、まともな平衡感官を持っている「とおもわれる」、ってことで、ネタ的にああいう扱いをされて入るようですが
本当にそれを信じてるわけじゃないだろうし
麻生先生をローゼン閣下、なんぞと持ち上げて喜んでいた連中はそうなのかもしれませんが
麻生先生が「こいつだめだ」とおもわれたのは、韓国に対して結局弱腰の外交姿勢しか示せなかった、ということで
マスコミがネタにしまくった、文盲なことでもないし
ましてやオタだったから親近感を持っていただけではないし
近年の政治家の中では、歴史、国際情勢に対する認識がまともで、ある程度の知識があり、南朝鮮がよく持ち出す、妙な論点の恐喝に対して、毅然とした態度で対応できる、とおもわれたからで
(とはいえ、麻生氏の韓国よりの発言に関しては、私には韓国に対する皮肉にしか聞こえませんでしたが(笑))
ネタとして楽しんでいる一方で、意外に冷静に見てるから、下手な擦り寄り方をしても無駄だとおもいますよ。私も個人的に2CHは好きじゃありませんが、だからといって、ちゃんとものを見ている人間はいない、なんて暴論は吐きませんから。

擦り寄るといえば、改造内閣
もう、笑うしかありませんでしたが
改造内閣に対する支持率は横ばい(デモ4パーセントほど盛ってる)としつつ
一方で岡田氏の支持率が50パーセント超えているとして
ここで右上に誰に?ってかかれるんじゃないかとおもうのは、まあつっこまないこととして(笑)
非常に堅物である

有限実行 行動力の人物
酒、タバコやらない、贈賄いっさいなし、とてもクリーンな人物
だけどカエル好きなスイーツ好みの可愛い趣味もある

って
内閣人事のひどさを、個人の装飾によって粉飾して、個人の好感度に論点摩り替えようとしているの、みえみえじゃないか
いまごろ、こんな古典的なすり替えにだまされる奴いるの?
いるから民主なのか(笑)

小沢先生も早速「野田は馬鹿ですすいませんいっしょにはやっていけません」と切り捨ててましたが(笑)
なんだろうな

※ソース 2CH

と右下に出るような内容のニュースとか
印象操作で、できる限り核心に触れないように誘導しながら
いうこときいてね♪
ってこのパターン、そろそろやめてもいいんじゃないかとおもうんですか。もっと利口なやり方あるだろ。
ないから橋下に論破されてしまうのか(笑)
中身について話せる人間が、誰もいないんだろうな。

むしろこの点は南朝鮮の新聞のほうがいい。

わが国の※はナンバーワンである。
世界を征服した。
だから国民は我慢せよ。

※には好きな単語を入れよう!

ぶれない。
まったくぶれない。
文化啓蒙としては
「わが国はいつになったらノーベル賞を取れるのか」
があるし。
ぶれない。
まったくぶれない。
ん?

朝日がやってるのとおなじことやんか。

なんだ、日本もできてた。

(当初、東アジアネタ娘について、もっと雅な名前にしようと、中華の華、とか考えていて、日本を旭日からとろうとおもったけど、なんか気分が悪くなったのでやめました。いや、それだけの話なんですけどね)

しかし、韓国メディアはほんと「征服」って言葉好きだよなあ。
スポーツの記事でも、日本の記事なら、勝因、敗因、課題といった、取材メディアなりの切り口で分析を試みるのに対し、勝てば

我々は世界を征服した

負ければ

姑息な※によって、我々は屈辱を受けたのだ

勝てば世界一
負ければ人のせい
小学生のころの自分を思い出しました。

日「ネタ的に扱うのも一応不謹慎だとおもうので、伏字でお願いします」
「ああ、靖○ね」
「○国か」
日「お二人とも…ご配慮、大変ありがとうございます



うちでも、ドヤ顔で連呼してた放火のアレですが
犯罪者引渡し条約に基づき(ry



たぶん、連呼してたは私だけじゃないんでしょう。また「ソースは2ch」なんですかね(笑)
不自然だ、と指摘する声に突き上げられて、しぶしぶ動いたフリだけして見ました、感がビンビンきます。
続報

1.引渡しを拒否された
2.火炎瓶の裁判終わるの待って

このへん?(笑)
やはり熱湯ぶっかけて叫ばせるのが、一番判定として有効な気はします、別に反韓ではないですが(笑)
あ、こいつも韓国国歌歌っているそうです。なんで中国じゃないん。

中「すくなくとも、よその国歌歌って放火するような奴、うちではいらないな」



もうひとつあったなオチが。

3.もう彼岸

大使館は、日本に対するテロ行為なんですがね…(笑)
大使館前のアレの前では、また子供つかっていろいろしてたみたいですが
そろそろ子供とババアに弱い日本人にも、それ、効かないとおもうんだけど…
日本人殺して武力制圧とか
小学生が、クラスメイトを(日常的に)輪姦していたのがばれた、とか
中学生が(ry
親戚が(ry
ご近所で(ry
そして周囲
「知ってた」
とか
というか、月1くらいでそういうニュースが飛び込んでくるのもすごいけど、日本人が読めるような環境に、それ置いておくっていうのは、情報統制に自信があるのか、馬鹿なのか判断に苦しむんですが…(笑)
しかし、小学生がクラスメイトを輪姦とか

格が違う

きっと、日本の報道機関が取り上げたら
「日本のエロゲのせいです」
とかいうんでしょうが
韓国人が、なんで日本のエロゲやってんのよ(笑)

半島での子供、女性、障害者、ようするに弱者に対する扱いの酷さってのは、どこかの紛争地域のニュース読んでるんだろうか、って気にさせられます。間違っても、あちらの新聞とかニュースは、みるもんじゃないですね(笑)
マビノギも、いままではわりとまともだったけど、新ジェネレーションはスタッフ変わったこともあって



一色で、どうも、メンタル的に受け付けないんだよなあ。
日本人の恨み節とはちがって、カタルシスがないし、とにかく、ひどい扱いをうけたら、特に努力しなくても逆転しました、みたいな展開は、日本という文化圏の文法で育った私には、辛い(笑)
そのへんを許容できるかどうか、ってことなんでしょうけどね。
まだまだ理解が足りないようです。

ネタかく時間なくなった(笑)



あ、動画あった。
FNN
もう、フジもなにがしたいのかわからんな(笑)
マジキチってことにして逃げたいんだろうけど、とりあえず、何人の設定なんだよ(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/960-f706d820
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック