りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
新春一番


エンジンが壊れました


やってくれるぜ(笑)
NHKでは遺体も乗ってたという報道があったような気がしますが、とするとほんとに遭難したんやろか。
これはうち的に


カニバルの予感!


といっとけばいいんでしょうかね。
なにしろ九州に住んでますので、結構びびってます。
核? いやいや、一瞬で死ぬようなもんはもう大して怖くないですよ
むしろ生き残ったら嫌

南朝鮮からの難民がな…

たいがいのことは「民族性の違い」でスルーできる自信はあるんですが
あの衛生観がな…

台湾からの留学生の殺害とか、嫌なタイミング、嫌なニュース続きますが
首をめった刺し、とかいう手口を見ると、反射的に「続報はないかな…」とかおもってしまうのはよくないことですよねえ。
台湾自身は、中国との友好関係を構築しつつ、日本とはがっちり握手しておきたい、というのもあるし、向こうのメディアの取り上げ方を見ると、決着つけないまま流してしまうことは、はっきりと対日感情の悪化につながるだろうけど、どうなるんだろうか。
韓国で日本人が行方不明になっても、なにもかわらんのですが(笑)

今日ボロブドゥールやってましたが
日本という国は、非常に特殊なんですよ。
弥生人は、大陸からの戦災避難民である、という説もあるのですが、縄文人はポリネシア系だ、という話もあります。
今回の番組では、東南アジアルートの人の流れがあった、ということなので、外洋航行技術を持っていた集団が、日本に先住していた可能性というのは、高いような気もします。
ポリネシア系統の民族は、丸木舟のようなもので外洋航行するような、素朴でありながらも高い航海技術を持っている、といわれているため、以前はエクアドルに日本の文化が、という話は笑い飛ばされていたのですが、飢餓状態に陥った難民が、食料を求めて外洋に押し出し、偶然南米にたどり着いた可能性もある、という仮説も、以前よりは信憑性の高いものとして話されるようになり、DNA鑑定なども、一応行われてます。
月読という、記紀の中では非常にあいまいな描かれ方をしている、人格神とはよべないほど存在感のない神様が、そもそも海洋民族の神様だった、という説もあるのですが、このあたりの仮説と引き比べると、縄文系統の先住民の神様だと考えれば、納得できるような気もしますね。

と、なんやかや書こうとおもいましたが、急に首がひどく痛み出したので、今日はねてしまいます(笑)
まあ、ようするに「厳密に言うと日本の文化がどこから来たのかよくわからない」という話なんですけどね。
それぞれに「ルーツ」とされるものはたくさんあるんですが、突然出現する文化があまりにも多いので、よくわからんのですよ。
あと、ゴッドハンドのせいで、日本の考古学は完全にあてにならないものになってしまつているので、よけいに。
きちんと日本の古代史をやろうとおもうのなら、今後新たに発見されるであろう遺跡をベースに再構築しないと、どもならんのです。
「あいつはほんとはらたちますね」
みたいなことを、以前講演会で吉村先生もいうてましたが(笑)
(事件直後だったので)
日本の考古学というのは、そのおかげで著しくあてにならんのです。あの人だけの問題ではないので。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/946-9987f082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック