りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
かんこく
いつも書き込みをしていただいてるDebu@Junさんのブログで
(すいません不義理な人間で、今度リンク勝手に張らせてください(笑))
加齢臭ネタがありまして
実は私、おっさんのくせに日に何度も何度も風呂に入りたがる癖があり
いやほんとのところは肌がなんかアレルギーを起こしやすいからなんですが(笑)

タオルが臭い

なにこれ私の加齢臭? とか思ったんですが
おろしたてのタオルも臭い
タオルって保水性がいいぶん、乾きにくいんだなあやっぱり
そのくせ、部屋干するタオルケットがにおわないのはどういうわけだ
なぜか私の部屋で干したタオルケットは陽だまりの香りがするのです。



韓国関連でいろいろとおきてますが
まあ思うところはいろいろとあるんですよね
青島刑事はマスコミの不正義には挑まないのかとか

学生のころはよく韓国にいっていたのですが
私は韓国嫌いじゃないのです
日本に戻ってくると全身がキムチ臭いのには閉口しますが
なにこれ、このバス臭い、なに、何がにおってるの?

俺だーっ!

初の韓国旅行はわりと衝撃的でした。
今もそうなのかしりませんが、韓国の食べ物屋では、どんな小さいとこでもガムくれるんですよ
ロッテの。
におい消しのつもりらしいですが消えてないよええぜんぜん
あの当時から、民族主義的なものは凄かったですけ。

向こうの学生さんと何度か話したことがあり
しかし私は韓国語が一言もしゃべれない
むこうも日本語はしゃべれない
仕方ないのでお互い片言の英語で話すという馬鹿なことをしてましたが
「僕は日本にいってコンピューターを勉強するんだ。そして韓国でおもしろいゲームを作るんだ」
と熱く語っていた人がいまして
すごい、こんなにも明確なビジョンを持って将来を見据えている学生がいる、韓国はきっと素敵な国になる

当時は確信したのですが

もう知らない国だな、あの国は。
ていうか、でぶ猫とか重力にはいってなきゃいいけどなあの学生さん(笑)

当時は国内でも、水面下では北朝鮮による拉致が下達されていたらしく、夜中の人気のない浜辺でデートをしていると、向こうからやってくる、大柄で完全武装の警官に

mc01.jpg
なに、マット・コーデルに殺られるの私!?

とかびびったこともありましたが
(大型無線機に拳銃と、本気で重武装なのでかなりびびりました)
北と南はまだ戦時中(交戦はしてませんが)ということもあり
韓国の学生さんにしろ、町の人にしろ、敵意は北に向いていて
とにかくなんでもかんでも
「だから北が悪いんです」
と、こっちが閉口するくらいの直結振りで
こっちが日本人だとわかると、敵意のこもった目で見るのは年配の方くらいなもんだったんですが
どっかに敵意を振り向けないとだめなんですかね、あの国は。

サブカルの分野ではあれだ、K-POPとか
ぜんぜん良さがわからない(というかまったくよいと思えない)んで、まるで興味がないまま今に至るわけですが
(韓流なんかぜんぜんみてなかったからなあ)
ああいう仕掛けられたブームではなく、ちゃんと流行した(ほぼ日本だけでだけど)コンテンツにオンラインゲームがありまして
日本人死ね、なんてことを自称良識ある人が平気で口にのぼせる状況がありつつも、韓国産のゲームが大量に日本に流入、そして円を稼ぐので
国策として、オンラインゲームには助成金が出ていたのですが
最近、ていうか、ずっと前からですが、死ぬ死ぬ詐欺みたいな韓国経済がついに、この分野にも影響しはじめ
どうも次々と助成金が打ち切られているそうで
ただでさえ、オンラインゲームの過当競争が激しくなり、くわえて同じようなコンテンツの再生産ばかりなので、新規がまったく振るわない
せっかく開発しても、半年で打ち切りがざらとかいう状況では当然のことなのかもしれませんが

くわえて中国、台湾のオンラインゲーム進出も頭の痛いところだったとおもいますが
台湾のゲームは、スタート当初こそかなり残念なものだったんですが
韓国人よりも萌えがわかるということもあり、次第に力をつけてきたようで
(以前ネタにした童話王国など。まだやってた(笑))
当然韓国も後追いする形で追い上げてはいるのですが
結局は「今プレイしているゲームから移るほどではない」
というものがほとんどという状況のようで
とくに24時間プレイを要求するような、廃人プレイ上等なのがオンラインゲームですから
少ないリソースを食いつぶしていけば、まあ、客は減りますわな(笑)

そうなってくると客単価をあげるしかないのですが
基本的に「お客様に頭を下げてサービスの充実を図る」ということをしないのが、韓国のオンラインゲーム運営
大前提として「絞れる間は何をしても文句をいわないのが日本人(実際そう)」という頭があるため
この状況にも殿様商売をしているわけですが

じつは先日来、細々とマビノギに復帰したのですが
ユーザーの減り具合に愕然
たかだか1ヶ月程度(実質は3週間程度)でこれ?
そして今も減り続けています
さすがに危機感を感じたのか、イベント攻勢でどうにかしようとおもったようですが
その間にもどんどん人が脱落
定番イベントも、開始当初から人がいないとか

まあ、不正な方法で金銭を盗まれても
本人の証明を出せとか法外な要求をして、とにかく懐に入った金は理由のいかんを問わず返さないとか
じゃあメールでの本人認証って意味ないじゃん(笑)やめろよあれ
ユーザーには一片の責任もない、純粋に運営サイドの問題で毎日のようにアイテムロストが続いていてもスルー
まあ、マビノギは比較的、レアアイテムでもがんばれば取り返せる、という感じだからあまりユーザーが怒らなかった、というのもありますが
金にならない錬金術コンテンツの弱体化など、ゲームバランスと銘打った形での路線変更などで、モチベーションの下がったプレイヤーがじわじわ脱落しているせいなんだとおもいますが
残念なことに、新しいゲームに魅力のあるものがあまりないので、大量脱落にはなってないんですよね(笑)シールオンラインのときはひどかったんですが。あのころはまだ、過当競争は激しくなかったから。

そして困ったときはポイントとアイテムばらまき

このへん、韓国社会の縮図のように見えることがあります。
どこでボタン掛け違ってしまったんですかねえ。私の知っている韓国って、こんな国じゃなかったはずなんですが。
ドイツから来たという旅行者の人と、やっぱり片言の英語で(笑)(向こうは流暢)石仏めぐりなんかもしましたが
あの当時は欧米でも、韓国の歴史に興味を持つ人が多かったのになあ。

ま、どうでもいいことですねそんなことは(笑)




ちなみにここ数日、一人リメイク祭りをしていたせいで異常に充実した時間をすごしたため、さっぱりブログをかくきがおこりませんでした。
いや、書く気はあるんだけど、書こうと思って内容をかみ締めていると、頭の中でビジョンが広がりすぎて、言葉にならないんですわ(笑)
名作、駄作、佳作、秀作いろいろとありましたが、やっぱりリメイクってのは

ネタが割れている

というところに間違いなく難しさがあるので
そこにどう取り組むか、ですよね。
その点、ウルトラマンや戦隊も同じような悩みはあると思いますが。
好きか嫌いか、面白いかつまらないかは別として、あのへんの特撮ジャンルは、コンテンツの限界に挑戦する試行錯誤の結晶、みたいな輝きがあります。
私の場合、役者がよければOKなとこあるんでアレですが(笑)
マックスは芸達者がそろってたよなあ。
コメント
この記事へのコメント
かれい かれい かれいどすこーぷ
泡坂妻夫か!
おう、文中で取り上げていただいたのに、お返事遅くて申し訳ありません。
当ブログは所帯をもってから、ふぬけたと言われておりますので、そんな取り上げていただく様なものでは。カミソリの竜が球六になった様な変わりっぷりと自覚しておりまして。

リメイクというのは、確かにオリジナルがリメイクしたくなる位の名作という時点で既にいささか無理があるんですよね。
白黒のオリジナルの良さを若い人に知ってもらう入門編として作ったとかいう豊川の丹下左膳とか、オダの椿三十郎とか。オリジナルもつまらないのでは、と思わせてしまう部長のカラオケで聞く懐メロの様な映画でしたなあ。
とはいえ、落語の名演目の様にあの人がやってくれたか、という楽しみはあると思うんですよね。12人の怒れる男のジャック・レモンなんか、見事な自分なりの消化を見せていましたな。まじで、これは白黒だからとオリジナルを敬遠する人にはリメイク版をすすめようかと思う出来でありまして。
60年代のおっさんPOPSをバナナラマが歌ったらぶりぶりの名曲になったビーナスの様なカバー版の良さが映画にもあると思うんですよね。
あ、でも荻野目洋子…。
2011/08/28(日) 06:55:03 | URL | Debu@Jun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/884-7cc89ae0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック