りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
しんでしまうとはなにごとだ
ワタル好きなのであの人の死にも愕然としましたが
白状しますが虎王は今でも素で描けます

小松左京よ

bb01.jpg
死んでしまうとはなにごとだ

bbj02.jpg
日本はSF映画を撮る段階じゃないとか

bbj03.jpg
左下アーッとか

bbj04.jpg
岡田さんアイシテルとか

そんなことをいわれ続ける日本映画界に

bbj05.jpg
「小松さんだし」

という理由で臆面もなく「ジョーズ」のしょんぼりなパロディをやらせたり

bbj06.jpg
教祖はいつもヒッピーだったり

ていうかなんでいつも教祖がいるの? 平井和正と仲良すぎ!(アレな意味で)とか

bbj07.jpg
せめてイケメン使おうよ

中井貴一とかさぁ

悪い意味で映画会社に大損させても

「小松さんだからね」

の一言で済まされて以降も作家やっていけるのはあなたくらいのものなんですよ
日本の映画界はとてつもなく巨大な存在を失った
興行無視した屑映画を作ってくれる人材はもういない

あ、いや、約二名いるか
もう「エスパイ」だの「首都消失」だのが見られないかと思うと本当に断腸の思いですよ
使い方間違ってますか 知るかそんなこと
くだらない独りよがりの社説とか役に立たない情報ばかりで犬の糞の始末にしか使えないなんとか新聞を

「首都消失」のためにとっていた私はどうすれば

私的には、大ファンである草刈正雄の主演映画二つにかかわっているというだけですごい人なんですよ
ええ どっちもアレな映画じゃありますが
「渚にて」に影響を受けた、とか
自らネタばらしをしてしまうお茶目さとか
マイケル・クライトンに「復活の日」のプロットをパクられても
「驚いた」
で済ませてしまう大物ぶりとか
なんで「復活の日」は評価が低いんだろうなあ
木村大作の絵は美しいけど
出てる外国人役者がみんなTVMレベルの安い人だったり
日本本土パートの演出がやくざ映画の幕間みたいで泥臭かったりするせいなのか
ちょ
深作先生の演出を馬鹿にすんな

日本SF界だけでなく
日本映画界に冒険をさせる(そしてほとんどが失敗)数少ない人物だったのに
「日本沈没」は収益と宣伝のバランスとれたんですけどね
だからみんな二匹目の泥鰌を狙ったわけですけど

もうこういう「楽しい邦画」は二度と見られないのかと思うと残念でなりません
オタの共感に訴えかけるだけでCGの演出が派手な映画とか
中身と演出が乖離した企画倒れの映画とか
なんでもワイヤーアクションとCGにしてしまうような映画とか

そんなのはもうたくさんなんですよ

個人的な話をさせていただきますと
(個人的でなかったことが一度でもあるのか)
「エスパイ」をはじめてみたとき
「福田純ってやっぱ監督に向いてないんじゃね?」
と思ったのは秘密ですが
よく考えると「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」「ゴジラ対メガロ」」「ゴジラ対メカゴジラ」と
私の好きなゴジラ3本を手がけているんですよね
この人はこういう重たいテーマはあわないんだなあと
藤岡宏と由美かおるのイケナイ関係とか
若山富三郎のエスパーがどこが重たいんだといわれると二言もないですが
でも、こうやって通俗化することで物語を読ませるという「妥協」のできる作家って、少ないんですよ
理屈ばかりじゃSFはだめなんだ。

作品群 とりあえず「エスパイ」と「復活の日」はかっとけ 苦情は受け付けないが


映画「エスパイ」 予告  trailer 投稿者 spyagent0011
おーるゆーにーどいず 愛

bbj08.jpg
bye-bye 小松
コメント
この記事へのコメント
エスパイ
いやあ、小生エスパイ大好きですよ。藤岡弘過ぎるくらい藤岡弘な藤岡弘とか、ぱいとかぱいとか。うーん、何とも説明に困りますが、好きです。由美はぱいもいいですが、ポスターのホットパンツもよかったなあ。
しかし、さすがりせっとさま、小生もメガロが一番すきです。なんか、小松左京さんの話になりませんが、それはくだんのははしか読んでないからなのは、内緒です。
2011/08/03(水) 23:56:43 | URL | D@J #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/879-47c4dddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック