りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
マビノギ休止します
mabi_bye.jpg
我一人被害者面してというのもなんなのですが

主に精神的な理由で、苦痛が酷いために休止します。
まあ、そのまま引退になるかもしれませんが
普段からこまかい愚痴はこぼしてはいたものの、大きなものは口に出せないので、ずっとストレスは溜め込んでいたのですが
以前は体力的にも、時間的にも余裕があったので、何がおきても対処できていたのですが
PTで動いていると、周囲はどんなハードなミッションであれ、熟練上げやスキルトレメインで動いているから
いきおい攻略不能フラグがたちやすい
神経質なほうなので「失敗する」ということに過度のストレスを感じるほうだから
(このストレスには「可能なのに」という前提がつきますが)
そのために自分のキャラクターのポテンシャルを引き上げざるを得ない
今までは、なれることで効率化して対処していけたものの、ゲーム的にパワーゲームとなってきた現状、周囲の火力が落ちれば、自分の火力を上げるしかない
そのため、高額装備で無理に引き上げ、おびただしい出費に自滅していく
それでも、ソロで稼げているうちはよかったのですが、その時間もなくなり
仕方なく課金でなんとかしよう、としばらく続けていたものの
本格的な夏場に入り、寝室でPCをつけていると、熱で私自体がダウンしてしまうし
なので、露店収入もあてこめない
ほかにもいろいろとあるのですが、結局、収入ゼロのまま突っ走り続けた結果、修理不能になった装備でペットがいっぱいになり、完全に進退窮まった状態
もう、全アカウントで所持金0なため、安い装備を買って、ということもしづらい
なにより、それをやってしまうと要求のハードルの高さに、ついていけないので
(まあ、時間さえあればどうとでもなるのですが、その時間がないので)
もう割り切ったほうがいいな
とおもったので。
もっとも、一番精神的には、やれるレベルのスキルと装備を持っているのに、それを使わずに自滅した挙句に人におんぶにだっこってのはどうよ、という、非常に自己中心的な不満であったために、不満を外に出すことができず(自己中心的なものだから)メンタル的に自分でストレス抱えすぎて自滅したので、自業自得なんですが(笑)
最終的には、一番核心の不満をぶちまけられない自分のせいでもあるのですが、とんちんかんに捻じ曲がった受け取り方をする人たちばかりだから、いえなかったというのもありますし。
とはいえ現状では、これ以上の身を切るプレイは不可能なところまでいってしまったので、そこまで自分を追い込んでしまった以上、自分でどうにかするしかないし。
まあ、このままオンラインコンテンツからの完全撤退フラグがたったような気もしなくはないですが(笑)、空いた時間にこつこつソロをつづければ、冬くらいまでにはまあ、物質的なものはどうにかなるかなと。
まあ「別にあんたががんばらんでもいいんじゃよ?」という話はありますが
遠まわしに「こことここではがんばってよ」とお願いしても、逆切れされるかスルーされることが続いたせいで
私自身、やりたいことはあるし、こういう遊び方がしたいと思っても、即座に却下されてしまうような流れの中では、だんだんネガティブなほうへと思考がよどんでしまうので、マイナス思考が攻撃性に転じないうちに、一度頭を冷やしたほうがいいな、ということなのです。
最後に、珍しくなごみ系のイベントに遭遇したのは幸運でした。

もっとも、精神的なものは主としても、従の理由はあるんですが
とにかくゲームそのものの状態かひどい
もともと「シビアな駆け引きを楽しむゲーム」(殴られればほぼ即死するので)という楽しさを、私は感じていたのですが
そもそもその駆け引きの大前提となる、プラットフォームが崩壊している
なにより、もろもろの対応がなあ。
私自身、どちらかというと企業よりの立場でものを見てしまうため、いままではネクソンを擁護しすぎ、なんてことを言われていたほうなんですが
その私からしてもちょっとこれはどうだろう、ということが多く
韓国企業の通弊といえばそうなのかもしれませんが、バブルを経験した身としては、バブル期の(しかも末期の)日本企業のようなあくどさ、厚顔無恥の方針そのものに、ついてけないものをかんじるんですよね。
なにより驚いたのが、ひさしぶりにゴーレムを本格的に使用した印象
弱体化といっても、いろいろ使い道はあるよなあと思っていたのですが
まあ、確かにあるんですよ。使い道。
それでも、エリートミッションなどで使おうとすると
1発の威力が白ゴレですら貧弱すぎて話しにならないのに対し、本体を守る手段がない、ようするに、多タゲ状態の中、1体を相手にする時間に対して練成者の安全を確保することが極めて難しい
防護壁、一瞬で崩壊しますからね。
いままでは、ミル1というスキルの使い勝手もあり、たとえ多タゲであれ、またPTの場合でも、威力が弱くても、うまくターゲットコントロールしてメンバーの状態を好転させるような遊び方もできたのですが
密着状態とはいわないにせよ、あの体格ではその感覚が適切なほどの距離にしか届かない状況だと、それも難しい
ゴーレムで殴っておいて、フレイマーで焼く、というのもありますが、それじゃ本末転倒だし(笑)
なによりランクが落ちたことにより、ただでさえサーバの遅延が多い中、仮に1:1を維持できる状況でも、不発して逆にはめ殺されてしまうことが多い
「人間でなら楽なのになあ」
と思えるようになってしまっては、存在価値がありません。
もともと、結晶作成に結構な手間がかかる、操作距離が短い上に、頻繁に位置ずれが起きるため、もはや予測して動くことが不可能に近い
近距離移動が不能になっている関係で、位置調整が戦闘単位時間内で困難
「ペナルティが多いからこそ強い」
というバランスだったものが
「ペナルティが多くて不便な上弱い」
という認識に摩り替わってしまえば
なるほど結晶も投げ捨てられるわけだ、と納得しました。
あれでせめて操作時間や距離、また回復手段などがあれば、現状のサーバ状況でもそれほど不満がなかったのかもしれませんが、あれではねえ。
いままでは、アカウントハックを食らっても課金続ける剛の者が多かったですが、これを期に、と大量脱落したのも、うなづけなくはありません。
私自身、最初の弱体化であまり使わなくなっていたので変化はないんですが、エリートでも通用しない白ゴレってのは、どうなんかねえ。人間は変身とかでポテンシャルを上げることできるけど。

ネクソンというより、でぶ猫の調整というのは、ネガティブに見なければうなづける点も多く、長期的に見れば結局よかった、というダウングレードも多いのですが
ゴーレムはなんかきなくさいんだよなあ。
キャラクターを強化する上で、かなり法外な金額を要求するようになり(もっともプレイヤーがその時点に踏み込む前で納得していれば金はかからんのですが)
重課金者にとっては、金をかければゴーレムを超える性能を獲得できるようになってきている現状
逆に言うと、ゴーレムの存在自体が「でも私にはこれがあるから」という逃げ道でもあるという見方もできるわけで
課金アイテムのアップデートタイミング、その順番を見てると、なーんか陰謀論好きでなくともきなくさいものがなあ(笑)
結局、こいつ野放しにしていることは売り上げの伸び悩みにつながるってことだよね?
いままでは「新規プレイヤーはこれで古参についていってください。ペナルティ多いけど大丈夫」だったのが
「ペナルティ多くてつかえないゴーレムなくても、ゲーム内で武器強化、強力なエンチャント、くわえて課金もすれば余裕」になっているのはあるんですが
でもそれ、上級者は同じことすんじゃね、と思うのは私だけだろうか(笑)
いずれにせよ、ライトユーザーはでてってくださいになっているのは、単なる被害妄想では片付かない話しになってきているような。
(そういう感じ方をされたからこその脱落という角度も、あるっちゃあるような気はするし)

もともとゴーレムに頼り切っていたプレイヤーは、時間がないプレイヤーや、こまかな操作の苦手なプレイヤー、主婦層に比較的多いですが、やはり男の子に比べるとアクションせいの強いものが苦手な人は多いですから
(そもそも戦闘が目的ではないから、「これでいいや」になりがちだし)
例のダウングレード以降、高価な図面や型紙が投げ売られ、「ハック品? それにしちゃ出展数多い上に誰も手をつけないのはなぜだ」とか思っていたのですが
平日、釜に張り付いてうるさいほどオープンチャットで雑談していた主婦軍団が消滅していることに気づき
「そういうことか」
と腑に落ちたんですが
主婦敵にまわしちゃだめだよ
無尽蔵に金を使ってくれるだけではなく、このひとらは手足のようにこきつかう奴隷(女性プレイヤーというだけで媚びていく男はおおいのです)を多数抱え、そいつらに金を使わせるという大事な役割があるのに
なんでこんなことを断定的にいえるのかというと、私自身、一人称が「私」なせいか、頻繁に女に間違えられることが多く、頼みもせんのに貢いでくれる人たちというのを、いやってほど目の当たりにしているからなんですが(笑)
何で貢ぐのさ。仮に私が女だとしても、見返りにまんこさせてくれるわけでもないんじゃぜ?
オンラインゲームに出会いを求めてきている、付き合いべたな男たちにとっては、そんな彼女たち(男含む)は、まともに相手をしてくれるだけでマジ天使という存在でもあるようなんですが
そういう人たちを怒らせたらあかんとおもうんですよ(笑)
弱体化にあわせて、操作性の向上や、結晶作成、入手手段を含めた難易度調整は必要だった気はします。
あれじゃ高価なサンドバッグだよ。

ゴーレムは一例にしか過ぎませんが、現状がひどいだけに、ささいなきっかけがあれば、ユーザーは爆発しそうな状態にあります。
ネクPセキュリティについても過大に評価する声が大きいのは、残留しているユーザーの、無意識の危機感によるものかもしれません。
確かにアレ、うまく工夫して使いこなせば、ことポイントに関しては鉄壁なんですけど(ネクソンID抜かれなければ)
ユーザーが工夫しないと問題のある汎用セキュリティってのはなあ
そういうことに気の回る人は、そもそもなかなか被害にあいませんし
なによりネクソン自信、主として小中学生をCMでだまくらかして金を遣わせている以上、もう一歩突っ込んだセキュリティを作り上げるまでは、安易によくやった、なんてことはいうべきではないと、個人的には思うんですよね。

なにもしないよりはマシですが。

流れ的に、一応自分から保障を義務付けたポイントにだけは手を打った、と見られても仕方がないし。
「アカハクはなくならないんだから」などと訳知り顔で言っている馬鹿がいますが
あれは馬鹿ですよ
犯罪はなくならないから警察は必要ないという暴論に近い
ネクソンは、その警察と呼べる機構、警察という言葉にこだわらず、保安とすりかえればよいと思いますが、打てる可能な手段は放置してますから、手詰まりであるとかそういうレベルの話ではないんですよね。手詰まり以前。
まだ何も手をつけていない。
ユーザーはその点に怒ってよいと思います。

まあ、ここまでで十分楽しませてもらったので、ありがとうございましたといっておきます。

で、唐突に「白銀のカルと蒼空の女王」をはじめたのですが
まあ


ヤースロップ陛下マーダー?


登場までなげえなおい(笑)
もう冒頭でだれてしまってるので、終わらせられるかどうか。アマネカも無理だったし。
なにより、カルにあまり魅力を感じないからなあ。キャラクターに萌えて、というのもつらいし。アマネカはそれで、ゲーム性のひどさにも目をつぶってやったけれども、一度間が開くともうクライアントどこいったのやらって感じだし(笑)
カードバトルらしいですが、そこに魅力を感じられるかどうかだなあ、とはおもってます。
てか、発明工房路線はどうしたの。新しい方向を模索するのはいいけど、それがただのノベルじゃどうしようもないとおもうんだけど。
それで「ガジェットトライアル」みたいになってもこまりもんですが。ヒソカさん最高。

ただまあ、それでも私にはやる理由がありまして
ぱんつはいてない? いや、確かにこの人の絵は魅力的だがそれ以上に


藤原々々さんが仕事してること


この人の、周囲の空気をキャラクターに纏わりつかせたような、独特の重量感のある画面構成が好きで
まだ絵が好きだったころ、この人の絵に出合って衝撃的な何かを感じ
懸命に模倣しようと努力したことを思い出します。無駄だけど。
初期のユニゾンシフトのゲームは、この人のためにプレイしていたといっても過言ではありません。というか、そのままだ。
メインがいとうのいぢにかわったあたりから、まったくやらなくなりましたが。
この人の絵にはそういう魅力をまったく感じない。

手元のマニュアルの設定画を見ると、相変わらず乱雑な線の中に、ピンと張った空間があって、それが雑に見えなくなってくるあたり、やはりこの人の絵にはとりつかれてるなぁと思うのですが(笑)
もうこの絵を眺めていられるだけで最高。

ぶっちゃけゲームどうでもいい。

まあでも、あえて萌えで物を言わせてもらうのなら
このシリーズにはひとつだけいいたいことがある



パナビア先輩をかえして!



ぜひとも、エフェクティブEだけでなく
「パナビア先輩の発明工房」をだしてください。お願いします。
いや、パナビア先輩可愛すぎだろ。
この人のためならとんなつまらんゲームでもやるね。

なんだかんだでシリーズ全部やってんな、私(笑)

そうそう映画は結局

sara01.jpg
これを観てました

取り澄ました顔でロバに鞭をくれるシャーリー・マクレーンが最高にいい
この映画はクリントより、断然彼女が光ってますね。
葬儀をいろんな角度からネタにしているのも面白い。
「十字架にキスを!」というネタは、いつかなにかでやりたいとおもったものです(笑)
一度観るとドン・シーゲルばかりみたくなるんだよなあ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/873-1a060ce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック