りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
えっ?
AE効果?2011/2/18(金)



空気読めない子でごめんなさい

btf01.jpg



一人エドワード・フォックス祭り絶賛開催中です


いやー。「大脱走」みたら急にみたくなって
おかしいな、今日中に二人マビノギでG14クリアするはずじゃなかったのか?(笑)
この後「ガンジー」と「ナバロンの嵐」が待ってるのでちゃっちゃといきますね。
彼のことを語りだすと3週間くらいぶっ続きで物かけるのでやめておきます。

しかし
>いや、購入した直後に特典の「金星竜イーマ」のフィギャーを全壊させてしまった時に比べれば
>全然後悔していませんが

20m01.jpg
金星竜イーマが…
20m02.jpg
こうなってしまったんですね…

むしろそれは神を呪っていいレベルという気がします

いや、エンディング的にそれはむしろ正当な扱いなんだろうか

やはり購入済でしたか、私はフィギュアとかにはあまり思い入れがないので
海外版なんですけどね
字幕ないと細かいニュアンスわかんなくてこまるんですが
どうせ

レイの職人芸に萌える映画ですからね

というか、ぶっちゃけ日本版発売が待てなかったというか。
これキャプるために見直してたんですが

20m03.jpg
ぷぎゃー

象好きなのかレイ?

見直すまで気づきませんでしたがっていうか遅って感じですが
(だからどこか抜けているとかいわれるんですけど)
グワンジと全く同じオチだとさっき気がつきました
べ、べつにワンパターンがわるいといってるわけじゃないんだからねっ
勘違いしないでよねっ
ちょっとウィリス・オブライエンのことくそみそに言えなくなったと思っただけなんだからっ

まじめな話をすると、象がすき、ってより「中に人間が入って演技をつけられそうもないもの」のラインナップににゾウがはいってるだけだとおもいます。ほんっとにレイちゃんったら職人なんだからっ

さて、自分の感性のずれについては、おいおい若い世代への警鐘としてネタにするつもりなんですが
先日、友人とミスターXについて、つい年甲斐もなく力を込めていろいろ力説していたら

「えー」

というリアクションが返ってきまして

oni09.jpg
ずっと気になってるんだよなぁこの身長

普通、女の子で背が高いと
木星の人のように積極的にネタにされるのに
ここまで普通にスルーなんだよなあ。
「そんなこと考えてるのはあなただけです」
とかだめだしされたので、調べてみてもらったところ

私と同じ疑念を抱いている人もいるらしい

oni10.jpg
ひょっとしてもっと業の深い奥の深いアニメなのかこれ

あ、映画みたあとなんで、ガンマ補正いじったので白いですが、べつに気にしないですよね? うちそういうブログとちがうし。

むしろ主人公、ヒロイン……?

いちいちカウントしてたわけじゃないですが、妹は結構あるんですよね、パンモロ。ていうかOPでさらけ出してますが。
でも、いろはと近藤さんに限っては、基本的に動物たちが出張ってきます。
うーん……

いろはにも同じ疑念を抱いている人がいるそうですが
彼女は水着披露してるからなあ

まあいいや

oni11.jpg
このテンション、ちょっと後輩思い出してやなこともありますが

oni12.jpg
おいおい

oni13.jpg
ちょ!

oni14.jpg
超かわいいじゃねえかちくしょう

やばい、ひさしぶりに惚れたぜ

子供のころから「女の趣味が変」と言われ続け
母親からすらまともな趣味をしていないと言われる始末なのでいまさらですが
ていうか、人の彼女に会うたびに「どんな変な趣味を持ってるの?」とにこやかに聞くあんたのほうが変だよ母
きっとそれはあんたの血だ
つまりこれは


運命の出会い


やばい
自分の中で嫌なフラグ立った気がするよ。

全員男の娘だったら神認定するね、このアニメ。

いろいろと目が離せません
(特にパンストの中身)
まそんなわけで

gd01.jpg
1000人殺りましたがなにか?


エドワード・フォックス祭り続行するので投げやりに終わる


不敵な表情の印象が強い人ですが
底抜けに人のよい笑顔がすばらしいんです
その表情の二面性が冴え渡るのが「ジャッカルの日」なんですよね

売り切れはいいとして残ってるものに画像ないのはどういうわけだ

やっぱ、おっさんしか見ないんですかね? もう。
やっとWIKIにも記述できたんだし
もっと評価する人が出てきてもいいとおもうんだけどなあ
基本的ににやけ顔のブルース・ウィリスだと、設定そのものに難があるとはおもいましたよリメイクは。内容はともかく。ジャッカルは、表情に説得力がないと勤まらない役なんで。未亡人たらしこんで、あっさり殺すあの冷酷さと人当たりのよさを持った二面性が魅力なのです。勿論、後一歩のところでするりするりと包囲を抜けていく、あのもどかしさも作品の魅力ではあるんですが。
絶対おもしろいから、TVで放送してたらみようぜ「ジャッカルの日」!
リチャード・ギアのでてないほうだぜ! 約束だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/819-69a71e05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック