りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
あうち





ネタ忘れた!!!!





昼まで覚えたのになー。
年はとりたくないものです。

マリアナ海溝の話じゃなかったよなあ。
丁度バチスカーフ・トリエステ号の話を読んでいて感動した後だったんで、そっから硫化水素を食べる生き物たち、てな話に流れてまじめなことを書こうとかは思ってたけど、それじゃないんだよなあ。
まだちゃんと調べてないから(笑)
ああ、天狗の話か?

荒俣宏が喝破してるように、天狗ってのはオタの成れの果てですよね、って話。
「天狗になる」とはうまくいったもんで、あれは古来から、オタとかマニアに対する痛烈な皮肉だったんだなあと思ったわけですが
天狗ってやつは、しこたま知識を溜め込んではいるんですが、それを自らの役に立てることができない。
なので、「これは」と思った人間に自分の知識を教えてくれるんですが
その行為そのものが、自分の存在そのものになにか欠けたものがある、と認めているようなもので
これってオタとかマニアなんだよなあ、と。
基本的にわたしらって、人との情報のやり取りよりも、自分の知識を深めることのほうに必死で、成功ってやつを勝ち取ろうと思うのなら、必須なはずの他者とのかかわりかたってのをすっぱり切捨てで、自己完結してるんですよね。
でも、オタがいたからこそ牛若丸がいたことを思うと、もしもオタがいなければ八艘飛びはなかったわけで



シャアは生まれてこなかった



とでも考えておくと、なんかのなぐさめになるのかもしらんです。
たぶん。

そういえば、ずっとやろうとおもっていながら、考えているうちに自分の内部でネタ的に完結してしまって、もうかかなくてもいいやになってる外骨格ロボットの話もあったなあ。

昨日、どうも風邪ひいていたらしく、下向いたとたん涙と鼻水が滝のように落ちてきたので面食らったんですが
絶対なんかやりそこなってるよなあとおもいつつ、基本的に推敲とかしないんですが(間違っていてもめんどくさいのでほったらかしてる)
ここはさすがにあれだなとおもって、自分で突っ込んでおきますね。

ハムレットが殺したのは宰相のポローニアス
オフィーリアのパパ
クローディアスはハムレットの叔父さんで、父を殺し母を寝取った仇
なにをぼけてるんだかまったく(笑)

ま、そんなかんじでせっかく見に来ていただいてるというのにさっぱりやる気が出ないので

ba01.jpg
バンボロの雄姿を見てました

説明不要だと思いますが、「バーニング」です。
植木バサミを凶器に使ったのも白眉ですが
この逆光演出の見事さは、息を呑むばかりです。インパクト絶大。
スラッシャー映画の主役たちは、あまり日中は出歩きませんが(メイクとかのあらが見えるので)
バンボロ(本当はクロプシー)は夏のキャンプ場の怪人ということもあり、白昼堂々人を襲います。
このときの編集が本当に見事で、バンボロ(しつこい)は太陽を背にしているため、格別に印象的な植木バサミしか見えない
一方、被害者のほうはというと、額を切られる、のどを刺される、指を切り飛ばされると、短いカット編集に上のバンボロのシルエットを挿入しながら、スピーディに繰り広げられます。
なにより、一度にこれだけの大殺戮をやってのけたやつは、あまりいないんじゃないでしょうかね。
スピーディな殺戮の後、腕を這うように伝い落ちる血を執拗に映し続ける余韻の持たせ方とか、さすがサビーニ師匠、みせるぜ……
あの腕の血はアニメーションですかね。なんか不自然に見えますが、その感じがなおよかったり。


免疫のない人は見ないように。

子供のころ見て以来、いまだにトラウマです。
これを見た後にエルム街だったんで、いまだにその印象が強くてウェス・クレイヴンの映画はなんとなく吹いてしまうんですが、できはいいんですよねあれも(ダッチワイフ以外)
どうも、最近のゴアシーンは汚くてぐろいだけで、こういう緊張感とか余韻がないんで「うわばっちい」でおわっちゃうのが残念なんですよねー個人的には。
ま、私なんだかんだでグロいの苦手だからってのもあるとおもいますが。
キャンプ場の怪人つーとジェイソンですが、恐怖感はこちらが圧倒的です。
シナリオがシンプルなところも好感持てます。「バーニングってなんじゃらほい?」ってタイトルもいいですよね。
1作しか作れないせいで知名度的にはいまいちですが、ホラーファンなら、まず間違いなく見てる作品です。
編集って大事だわ、やっぱ。

知名度の低さは、DVDがない(たぶん)てのもあるよなあ。
正直ファンがこういうこと言っていいのかわからんけど、ロメロのクレイジーズなんかだすより、こちらのほうがいいとおもうんですが……ホラー映画としてみたとき、トム・サヴィーニの仕事っぷりといい、シンプルなお話といい、非の打ち所がないし。なんででないんだろ。
ア、もちろんUSではちゃんとでてますけどね。

しかしAEさんで「魔法のルージュ りっぷ☆すてぃっく」ってネタがふってあるのに



空気読めない子でごめんなさい



やっぱ「魔法の賭博師トトカル★チョミ」くらいで返さないとだめですかねえ。
なぜかうちにCDありますけど。
やあ、ここの話はあぶない話がてんこもりで
ゲームとアニメの世界の人間が白眼視されるのもわかるなあと(笑)

そういや、帳簿もろもろそろえてたら、税務署にいる税理士が無料で書類作ってくれるあれは、もうなくなったんですかね。
まあ、書類を書いてくれるだけで帳簿もろもろは自分でやらんならんのですが。
副収入があるころ、源泉徴収と一緒にもってってやってもらった記憶がある…
てなかんじでバンボロっぽいなにかで〆

oni04.jpg
出番だ嵐山悟郎

なんか、「ベイウォッチ」思い出してデビッド・ハッセルホフと被るんだよなあ。
しかしひどいオチですこと(笑)

つぎはもうちょっとがんばります。
しかし人が見てると仕事したくなくなるのが私だったりしますが。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/808-11a8c91d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック