りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
あつかったりさむかったり
ってこれは前やったな。





















td02.jpg
タイガー!


ってことで、いまさら「とらドラ!」を見ているので更新はありません。
知人から
「ハルヒかとらドラを見ないと縁を切る」
と脅迫されたので、内心
「えー、俺今日は「血まみれの入り江」と「人間解剖島 ドクター・ブッチャー」観る予定なのにー
とおもいつつ、テキトーに二つピックアップしたのですが

おもしれえじゃん

td01.jpg
目つきの悪い子に萌えたわけではありません

昭和の香りのするドラマというか
まあいいや

ひさしぶりに全部観よう。

目つきの悪い子に食いついたわけじゃないですから。

td03.jpg
ちがいますから

ついでに「けいおん!」の一話も観たのですが
(実は前回ネタにしようとした)
ジミヘン、ジェフ・ベック・ペイジってあんた
60’ギタリストの名前

「じ、じ」
「ジョン・ロート!?」

とかいわれるよりはマシですが
わかるのか、今の世代に(笑)

※ウリ・ジョン・ロート
現代ギター奏法の源流ともいえる一人で、ドイツを代表するギタリスト。ネタにされたジミヘン(ジミ・ヘンドリクス)に影響を受けた、イマイチマイナー感がぬぐえないもののSCORPIONSはマイナーじゃないぞ! ELECTRIC SUNはマイナーだが!(笑)
どちらかというと、インギー(イングヴェイ・フォン・マルムスティーン)にリスペクトされていることで、今の世代にもギリギリ認知されているかもしれない。きっといい迷惑なんじゃないかと思うが。
ドイツギタリストの問題児(神と呼ばれる)マイケル・シェンカーの後任としてスコピーに参加、"IN TRANCE""VIRGIN KILLER"と、バンドを代表する名盤成立の原動力となる。ライトでポップで厚みのないという印象のドイツ音楽イメージを根底からひっくり返した、偉大な人物なんだけどなあ。それもこれも、クラウス・マイネのヴォーカルあってこそってのは、ELECTRIC SUNが日本ではパッとしうわなにするやめ(ry
でも、ロックにあまり詳しくない人が、かろうじてついてこれるのがZeppelinとPurpleあたりだろうってことを考えると、「けいおん!」にネタにするにはちょっとな、という人物なのかもしれない。
いや、トニー・マカパインとかいわれだすよりはいいですが(笑)
でも、おっさん向けのピックアップだよなあ(笑)10代の女の子があげるギタリストじゃない、というあたりに笑いのつぼがあるといえるのかもしれない。
なお、先述のベック・ペイジはともにヤードバーズに在籍、ペイジはツェッペリンに加入、解散後ソロ活動で、チャールズ・ブロンソン主演、「狼よさらば」の続編となる「ロサンゼルス」のを音楽担当、ガキのころの私は大いに期待に胸を膨らませて買いに行ったわけだが、あまりにも期待していた音と違いすぎて愕然とした苦い思い出がある。(でも映画はよかった。今聴くと、そんな愕然とするほどとんちんかんでもないのだが、幻想をもってたんだろうなあ(笑))
同じヤードバーズには、もう一人のギターヒーロー、エリック・クラプトンが在籍していたため、「ヤードバーズ」と聞いて目を輝かせたら、相当な親父と思っていい。(そこかよ)
なお、私があげるなら、夭折の天才ギタリスト、ランドール・ウィリアム・ローズ(ランディ・ローズ)を挙げる。
ほら、加齢臭のするネタになっただろ(笑)ていうか「じ」じゃないし。実はじじいの「じ」というオチ。
ランディは、オズボーンバンドの中核メンバーとして期待されたが、25歳の若さで航空機事故で死亡している。ここにあげたギタリストほどじゃないが、長生きしてたらもっと名前を残していたギタリストのはず。


ひさしぶりに貼っておこう"IN TRANCE"

だいたい問題のあるジャケットの多いバンドの中で、ロート在籍時代はさらに問題のあるジャケットが多い(笑)
検索してみると、やたらIN TRANCEをはじめとしたロート在籍時代のものがヒットしてくるところを見ると、やっぱり世間的にもこのあたりが名盤と認識されている模様。
"Blackout"はどうした楽天、輸入版しかないぞ(笑)ひょっとしてもう廃盤? 手元にあるから別に困らないが。

なお、SCORPIONSは本人たちも日本が好きらしいこともあり、日本人には熱狂的なファンが多いので、馬鹿にすると父親ぐらいの年齢の親父からぶっ飛ばされるのを覚悟するように。舌足らずな「荒城の月」を聞けるのはSCORPIONSだけ! でもロックコンサートで手拍子はやめような日本人!

おしまい。











あ、ハルヒ?

すごく面白かったけど
「とらドラ!」の後でいいや。

そのまえに「ラビッド」とか「血のバケツ」とか「処刑軍団ザップ」みなきゃだが。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/759-ee3d6aa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック