りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
なんかマウスの調子がおかしい
私マウスばらすのが趣味で
マウスって結構汚れるんですよな
なので、ばらばらにして洗浄し、動きの良くなったのを楽しむわけですが
なんかここ数日、ホイールの調子が悪くなり
ばらすのか、ここでバラスのかっ
とおもうのですが

以前光学式マウスをばらして大失敗をしてしまったので

うーんどうしたものか。
レーザーはなおさらこわいよなあ(笑)
微妙に楽天ポイントたまってるし、新しく買うかな。






ベルリン天使の詩
映画好きを自称するおねーちゃんをゲットする最高のアイテムですな
真っ先にそんなことを思い出してしまい、そういや当時の彼女とみたよなあ、とかAEさんを見ていて回顧していたのですが
そもそもこの映画を見るきっかけは、映画好きの先輩の勧めと、当時バイトをしていたビデオ屋のマスターのすすめで
先輩いわく
「(難しいことをいっぱいいわれる)なわけよ」
「そうですか」
「ピーター・フォークの役柄が、見る人によっていろいろな役割に見えるところがみそでなあ」
「そうですか」
「見方によってはただの頭のおかしいじじいなんだよな」
「きちがぃのピーター・フォークですか。絶対観ますよ」

そんなかんじでバイト先からビデオを持って帰る
ベルリン・天使の詩
カリフォルニア・ドールズ
名探偵登場
とピーター・フォーク祭りを予定していたのですが
ふと目に留まったのが、ドイツ表現主義がずらっと並んだ棚
そもそも私と趣味の似ている人が経営していたので、ツボを心得た配置に、いつもうならされていたんですが
(しかし一般客には見向きもされない為、いつも在庫があった)
そのすみっこに、見たことのない映画があった
「ベルリン」
と書いてあるからには、やっぱり表現主義?
でも、ジョージ・ルーカスの棚に「ルーカスの初恋メモリー」置く人だからなあ
ルーカス全然関係ないし

「これなんですか?」
「ああ、さっき見本でおいていったんだよね。くれるっていうんで。(商品)登録しておいてくれる?」
「それはいいですけど、これなんの映画なんですか」
「よくわからないけど、話題作らしいよ。それよりバットマンどこにおこうか」
「いつものとこでいいんじゃ。ていうかこの映画わりと最近の映画みたいですよ」
「30巻だからおけないんだよ。カウンターに並べようかどうせすぐレンタルされるし」
「そのほうがラクですね。ていうか、ジャンルコードどこなんですかこれ」
「んー。ドラマ、でいいんじゃないかな」
「観ておきましょうか?」
「ああそうだね。じゃあ借りて帰ってよ」
「わかりました」

そのビデオというのが




ベルリン忠臣蔵





ワタシハ、ジュッドー
ォ、シュトクシタノ ダ
そこで切るなって
いや、そこだけか突っ込むところは。
今となってはかなり有名な映画ですが、当時は全くの無名です。
脱力系の馬鹿映画として有名ですが、始末の悪いことに


作っている人は大真面目なんだよね


狙っているところはわかるんですよ。
あるいは「ウルフェン」とか。
あるいは「SFソードキル」とか
いや、そこ狙うのか?

主人公大石が残すメッセージが全て漢字なため、ドイツ人には全く伝わらないという



メッセージの意味がない



というところから、既に突っ込みどころなんですが
(そもそも舞台はハンブルグ。つても、私もハンブルグとかいわれたって、思い出すのはビートルズくらいのものだが)
いきなりここは日本の何処なのかという回想シーンや
(しかし空が茜色だったりして、ハンパに日本なのがまた困る)
日本情緒をとりいれようと、無理に民話のたとえをつかってオチを難解にしたり
(とおもうけどなあ。例えとしては、欧米人が見た日本のアニメの宗教観、てとこだとおもうんだが……たぶんあちらの人は「なんでガブリエルwwww」とか突っ込んでると思うが、どうなんだ、そんなかんじ)
ファンタジーにしようとして失敗してみたり
(ていうか大石あんた結局誰なのよ)
東洋趣味ならやっぱり忍者だったり
(で、なんで大石と忍者が? 戦う相手間違えてないか?)
連続殺人からの導入ということで、すごくウルフェンを意識した感じなんですが
(この映画馬鹿にされるけど、今の「現代によみがえったうんぬん」て、みんなこれのフォロワーじゃん)


忍者
漢字
民話
大石

となんでもかんでも知っていることをぶち込んだら底が破れた
そんなとこでしょう。
意味深に意味がないことをたらたら垂れ流すことがクールだ、と大いに勘違いした日本のオタ文化主流の中で
とりあえず意味深なことをいっても


ここまで破綻していたら誰も深読みしてくれない


そんな好例が、ベルリン忠臣蔵だと思います。
いちばんしんどいのが、作ってる連中はかなりまじめに作っているのがひしひしと伝わってくることなんですよね。
こういうのは、肩の力抜かないと(笑)
もう少しうまくまとめていたら、ハイランダーやマトリクスになったかもしれへんのになあと、この映画を見るたびに思います。
あれだよ、現場の点を線でつなぐと、地図に「大石」の文字が浮かび上がって、モジカラが発動するとか

オタが勘違いしたまま作品つくると、ろくなものにならないということなのかもしれません。

なお、鑑賞後私が「SF/ファンタジー」に登録したために
これを返却に来た人の目が、私に殺意を抱いているように見えて仕方がなかったことをここに告白します
もう時効だと思いますが



どうもすみませんでした





いやだって、ドラマじゃないだろう、これ。スティングの横には並べたくないぜ?
楽天にはなかった。そんなことじゃだめじゃん!
そういえばウエブマネーで「楽天スーパーポイント交換 サービス終了のお知らせ」が出てたけど
これはどっちの死亡フラグなんだい?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/680-f41d08e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック