りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
正式
サブカルバーAE正式オープンおめでとうございます


え、なんかしないのかって?
やだなあ、金のかかることはしませんよ私。

というか、「狭い」とおっしゃってたので、現地みずによけいなもん送りつけるのも、こまるんじゃないかという気がして……(笑)
MEGA CDとかね
惑星ウッドストックつきで。


咳も出なければくしゃみもでない
しかし定期的に微熱が出る
そして長時間頭痛が続く
すごくたちの悪い風邪をひいてしまったようなんですが
いつもは鼻が止まらなくなるので「こんなんより頭痛のほうがいいやなぁ」とかおもうのですが
いや、やっぱどっちもつらいよ(笑)

なわけでおとなしく寝ていたら、こんな時間に目がさえてしまいました。二〇三高地でも観るかな。

しかし
「あれってクリームレモン?」
は、ちょっと吹いた(笑)
同世代かー。
でも


「あれってリヨン伝説フレア?」


とか言ってこないだけ、普通の人という気もします。
いや、そのフレーズ出てきたらクリームレモンとはまちがわねえだろ。
私なら受け狙いで「あれってあんどろトリオ?」とか口走って空気を凍らせる気がしますが。まさにアブソリュート・ゼロ。

ましかし、頭痛で集中できない分、よけいなことを考えられないので
ネタがすごくシンプルでいつもよりもわかりやすいことが悔しいのですが
あれか、私ってずっと頭痛してたほうがいいものかけるのか?

そんなかんじで頭が痛かったので、昨日は八甲田山を見ていたのですが
なにが「そんなかんじで」なのかは不明ですが。
子供のころ「天は我を見放した」は流行しましたが
ぶっちゃけ何が面白いのか、全然わかりませんでした。
だって、リヨン伝説フレアとか見て喜んでるレベルじゃぜ?
でまあ、ある程度年がいって何度か観ているのですが、毎回見ていておもうのは



「そこでカニバルになるんじゃよな?」



と、心の中で突っ込むいいシーンが、全て肩透かしになること。
日本でも「ひかりごけ」なんかがありますが、日本人の倫理的な抵抗感って、ひょっとして欧米よりも強いんですかねえ。
よくしられている映画として、チャップリンの「黄金狂時代」が同じモチーフを描いています。
こちらはブラックコメディとなってまして、靴を食べるシーンや、鶏になって追い掛け回されるシーンが有名ですよね。
ドナー隊が遭難したトラッキー湖畔で撮影されたこともあり、カニバリズムが扱われた作品であるということは、よく知られている話ですが、モンティ・パイソンでも幾度となく食人ネタが扱われます。「弾丸特急ジェットバス」もそうですが、カニバルが割とポピュラーなネタなのは、肉を食うという食生活の差があるのかもしれません。そうかんがえると、日本の食人話の多くが、緊急避難に相当する、極限状況下においてであるのも、納得できる話ではあります。
(薬食いや、ごく少数の逸話を探せば、結構ありますが)
まあ、八甲田山に関しては、生存者のほとんどが、凍傷により四肢切断や、軽くて指の切断という悲惨な状態であったことから


人を食うどころの話ではなかった


というのは想像できますが。
飢えよりも深刻だったのが寒さでなければ、あるいは起こりえたかもしれませんが、日本人はもともと、山菜を食うことを知っていますし、特に東北地方だと、イナゴやなんかの虫料理も知られていますから、無理に人間に蛋白源を求める必要はなかっただろうとはおもいます。なにより、その肝心の寒さがなければ、無事目的地についていたんじゃないかって話もありますしね。
八甲田山を見ながら、そんなこと考えるのは私だけか。

撮影中、あまりの過酷さに役者が逃げ出した、なんてエピソードのあるこの作品ですが、南に住んでいる私には、想像を絶した世界ですね。なにせ、3cm雪が積もったら大騒ぎになりますし。大人も子供も大はしゃぎですよ。
私は暑いのが苦手なので、寒いほうがマシとはおもうんですが、凍傷って末端から落ちていくものじゃないですか。

ちんちんがおちるのはいやだなー

そういう理由で、冬が過酷なところもしんどいだろうな、と思います。
ああでも、とにかく「泣け」という演出は、胸にこたえるものがありますよ。
日本人ならぐっとくるもんがあるかと。


正直愛憎版が欲しい映画かといわれると疑問だが

まあ、オールスターキャストだしね。
八甲田山製作秘話で、幻の湖についてきけるかもしれません。
うそじゃけど。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/673-6294f201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック