りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
殺戮の聖典
グーグル先生によると


レザーのヘルベント


い、意味わかんねぇ(泣)
JudasPriest屈指の名曲も、グーグル先生にかかっては台無しです。
しかし Hell Bent For Leatherを殺戮の聖典と訳するのも、この時代の翻訳はやっぱすげえよなあ(笑)

そんなわけで、最近NostradamusとAngel Of Retributionが更新時のBGMだったのですが、ちょっときまぐれに変えてみたところ


な、なんていい曲(泣)


この年になって、ロックで泣くかと思いました。いやまじで。

動画埋め込もうおもたが、youtubeフレームサイズいらんことかえてくれたんだな。コンパクトにまとめられんやん。まあサイズ指定すりゃいいんだが、めどい。

そういえば本日プレオープン。
仙台の友人たちが「2年後くらいに訪問したい」といっているので

2年間はがんばってくださいね!

いやうそですごめんなさい。ずっとがんばってください。
私にはああいう勇気はない。

うちからも差し入れと称してデルパワーXの単行本とか贈りつけるべきだったか。





さて、ここまでかいてから、特に何も思いつかない。
GYAOでシャイニングやってたり、相変わらずクリント祭りだったりで、いい具合に頭が爛れているせいなんだけれども(笑)
仕方がないので、マイベスト役者の一人、マルコム・マクダウェル主演「カリギュラ」をひっぱりだしてみたりする。
まー、以前にもネタにしたので、いまさら書くことはあまりないのですが
手元にあるのが、正規国内版と、海外版
海外版は字幕がない代わりに無修正ですが、でてくるのが


ちんこちんこちんこ


ヘア無修正版とかもでるんでしょうが(もうあるのか?)、さすがゲイのゴア・ヴィダルが一枚かんでいたこともあって、ちんこだらけです。お父さんもがっかりだね。
作品的には、後撮りしたといわれるポルノのせいで、ひじょーに評価が低い作品ですが、若きマルコム・マクダウェルの子供のような瞳に狂気の笑顔という、いつものスタイルが全編にあふれていて、ファンとしては感涙ものなのです。
ほんと血まみれで死ぬのが好きな人だよなあ(笑)

まあエロの部分が、本当になんのひねりもなく、ただのソフトコアポルノなので、作品全体としてどーしよーもない感はあるんですが
肝心の映画の部分は、エロ、グロ、シュール、グロテスクとよくできてまして
ほとんどマクダウェルの一人芝居な感はありますが、そのエキセントリックな演技が、ごく自然に溶け込むくらいのいびつな映像というのは、快感です。キューブリックが撮れば、きっとスパルタカスを超える傑作になったに違いない、いやマジで(笑)
あちらでも、HEROESでリンダーマンをやってみたり、RED ALERT 3のCMにでてみたり、はたまたカリギュラのオーディオコメンタリーをやってみたりと、「よくわかってる」人なんで、こういう役者、好きなんですよねー。
全体的にばかばかしい映像の数々を、ほとんどマクダウェルの演技だけで引っ張っているというのもすごいですが(笑)、このばかばかしさは、この時代でしか(セット的にも)やれないもので、人間首刈機なんかはもう、どっからつっこんだものやらという間抜けさもあって、(作り手の)狂気を感じられるいいシーンに仕上がってます。大真面目にあんなセット組んで演技してたら「なにかおかしいな」くらい気づけよ役者も! とか、おもうんですが(笑)

そのあたりが「ゲージツ作品」という、だまくらかしのうまいところなんでしょうけどね。

なにかくだらないものがみたいけど、本気でつまらないものはみたくない、そんなとき、ばかばかしいけどマルコムはいいよね、てなかんじで私は何度も見てしまうのです。
スタートレックに出てきたときは、いつ脱ぐのかとひやひやしましたよ。いや、もちろん脱がなかったけど(笑)
まあそんなかんじで、ブリタニア・ホスピタルを続けてみるんで、更新はないです。おやすみなさい。


インペリアルエディションってなんだよ

わけわかんねえ(笑)
価格的には、もちっとやすいところもあるんですが、解説詳しかったので。
リマスター版も出てるみたいですが、あっちにはマルコムのコメンタリーはいってるかしらないので、マニア的には圧倒的にこちらがおすすめですね。その分値が張りますが。
しかしいつも時計仕掛けのオレンジの話しないな私も(笑)いや、好きな映画なんですけどね。
あ、アラビアのロレンスこと、ピーター・オトゥールのよれよれの演技も見所です。すぐ死ぬけど。
妹のドルシラ役が、いつもケツをプリプリさせているので、尻フェチにはいい映画なのかもしらんですが。
なんか全然盛り上がりもなく、どすどす槍で串刺しにされたりとか、変にペシミスティックな映像が気に入ってます。たぶん、演出じゃなくて手抜きなんだろうけど。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/671-458ae4c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック