りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
超電磁砲
某アニメとは何の関係もありません





いやあ、マスドライバーって燃えるよなあと
そんだけです。はい。




ほんとどうでもいいな(笑)


実は唐突にヨーロッパ史を反芻し始め
マウリッツ・ファン・ナッサウのことをいろいろ調べていたのですが
この人オランダ人にも知名度が低いらしく(血筋的にはドイツ人だがオランダ総督)、パパのヴィレム1世は偉人として人気があるのですが、マウリッツはさっぱり。
さっぱりなのですが、近代の軍隊の基礎を築いたといわれる軍事革命をはじめ、三兵戦術(歩兵、騎兵、砲兵という兵科運用)を取り入れ、彼の生存中にも、当時列強でも最強の軍事力を誇ったスペインに対抗、死後スペインからの独立を勝ち取るという、ほとんど英雄列伝中の人物
結局ヨーロッパ規模で彼の軍政は拡散し、帝国主義の絶頂期を形成することになるのですが
あれだな、日本で言えばさしずめ織田信長の位置にいる人物
ただ内政面ではそれほど大きな業績を残していないため、単なる軍事的な天才ということでいまいち人気がないのかもしれませんが
非常に興味深い人物です
いまいち人柄に関するエピソードに行き当たらないのが難点ですが。

時代的に言うと信長あたりになるのですが
知名度の低さと
むやみに特化した天才性と
時代がみえてんだか見えてないんだかよくわかんない先見性で
河井継之助といったほうが正確なのかもしれませんが
比較論てのは、あまり意味のないことなので、まあ、そんなような人だということで。

ちょっと別なことを書こうと思ったけれども、めんどくさくなったので、また後日。






追記。

マウリッツ (オラニエ公)(WIKI)

なんかとあるサイトをみていて
重箱の隅つつくように「文章の構成が似ている」だのなんだのという揚げ足取りをやっていまして
よくあるよなあとおもいつつも
まあ、プロに対してはいいんだそれで それで喰ってるんだから
でもなあ 素人相手にんなこといってもなぁ
なによりこの手の批判に終始する人こそ、他人のふんどしで相撲を取っているだけなんだけどな
ようするに、批判する相手の知名度にぶら下がっているだけなんだろう?
とまぁ思うことがいろいろあったので
うちは幸い知名度も影響力も0ですが
わかりやすくまとめてあることで、WIKIを参考にしながら文章を構成しました
んなわけで、引用元をリンクしておきます。
めんどくさいから、その先は自分で調べてくれ。
なんかああいう検証ブログみたいな奴ほど胸糞わるくなるサイトもないよなあ。
個人的に。

ああ、批判されているのは私ではないですから(笑)
だいたい馬鹿相手にそんな批判するような暇なやつ、いないしな。
相手に知名度があるから食って掛かるのであって
ファミレスでビール飲みながら己の知識をひけらかして悦に浸るような親父批判したって
誰も褒めてはくれないし、感心してもくれないからな。
そういう無責任なスタンスでものが書けるというのも、ひとつの幸せには違いない。
大手サイトの管理人さんとかは、そういう連中の相手もしないといけないから、大変だと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/608-58f5a49e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック