りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
WILD CHILD
She's a Wild Child ~

なんか変な電波受信したのかと言われそうですが、まあええねん。

メディアや映像関連では、変な新規格を作って差別化を図ろうと試み
結局ユーザーに浸透せず轟沈していく
そんなシーボーズと一緒に新規格の宇宙墓場送りになるものを、この歳になるとかなり見てきているわけですが

ED Betaとかどこいったよ

というか我が家のDVD-RAMなんとかしてくれ。規格が消滅してるからメディア売ってないんだが。
まそんなことはいいとして

買収後、各方面で地味に話題になっているGYAO
新作落ちして誰も見ない作品や
そもそも需要がないんじゃないかって作品
名作なんだけれども、何故名作なのかを理解していない若造にくそみそにいわれる作品
そんな

俺ラインナップ

で私も時々視聴しているライトユーザーなんですが
噂のSilverlight導入後

画面が小さい
字幕が見えない
なにやってるのかわかんない

と、不満たらたらのユーザーの声が素晴らしい
ただ、MSを弁護するわけじゃないが、画質は鑑賞するのに十分
なにしろ転送速度がハンパなく早い
アプリケーションが軽い
全般的に性能は抜群といっていいとおもうのですが

全画面表示ができない

という欠点で割り喰ってるところがあります
以前のGYAOは、非公式に全画面のコマンドがあったため、知っているユーザーはそれを利用して視聴しやすい環境を作っていたんですが
私はもともとメモ帳でブログの更新をしつつ、小さな画面で鑑賞していたのであまり影響がない
とはいえ、他に何もしていないときは小さな画面で見る必要性は無いわけで
結果として、全画面で見たいがDVD借りるのは億劫、という場合

GYAOを観ない
DVD借りてくる
ダウンロードしてローカルで視聴する

という3択(厳密には2択なのかもしれないが)しか残されていなくなったわけですよ
そもそもダウンロードしてあれこれされたくないからいろいろ仕掛け施してるのに、なんかやってることが自爆してるよなぁとおもったんですが(笑)
まあ、そのうち全画面表示が可能になる、過渡期だとおもいますけどね

そんなわけで「ダウンロードしても再生できなくなった」とか「DRM解除できなくなった」とか、そういうことを耳にするんですが
MSは嫌がっているものの、今のところグレーゾーンのDRM解除なので、詳しい言及は避けますが、現行のGYAOでも解除は可能なんですよね。
日本人は「規律に反する」という行為を病的に嫌悪するよう叩き込まれた国民なので、やれるとわかっていても実際にはやらない、どころか面倒なので正規メディアを買ってくる、結果として一部の技術オタなんかが、解除行為そのものが楽しくてやってるのが大半、というところがあり、「難しくなったらもう理解するのは面倒なのでやらない」という、ネガティブなんだかまじめなんだかよくわからない理屈で正規ユーザーになってしまう(OSに関しても、「日本人はほっといても大半は正規ユーザーになる」という理屈でWGAなどの導入にも消極的だった経緯がある)「とりあえず敷居を高くしてみました」という対応なのかもしれません。

まあ、だいたい私の手元におきたい映画ってのは「手元においていないと視聴が困難」というもので
「墓地裏の家」とか、そもそもレンタルでもまず観ないじゃないですか(笑)
あとはだいたい「ビデオで」手元にある(笑)、繰り返し観る映画、今GYAOでやってる「栄光への脱出」なんかがそうですが、これもビデオがあったら、しいてデータで手元に残したいってもんじゃないし
そんなわけで、半年くらい放置してたら全画面くるだろう、みたいな感じなんですが
ま、そんなことはどうでもいいんだ
全画面でみられようとみられまいと
ダウンロードできようとできまいと
DRM解除できようとできまいと





CLIP RING HEAVY METALのないGYAOとか存在価値ねぇ




いい悪いの問題でなく、私めったにJ-POP聴かないし
てよりJ-POPって表現がなんかすごいむかつくんですが
まあそんなわけで


ヤフーでは金輪際買い物とかしねえ


というところで終わりにしようと思います。
んなわけで、需要もないのにずらっとならべるぞ。


アイオミモデルのギター

いや、わかるんだファンとしてっ
でもアイオミモデルって、なんか微妙……
アイオミって神がかったテクあるわけでもないし、メロディメーカーとして、SABBATH牽引してる人としてのカリスマだから「俺ってわかってる」風味の人間がステータスシンボルとして持つならともかく、ギタリストからの需要って、どうなんだろう……(笑)
でもメタルのよさは、こういう「売れるかどうかもわからないのにやっちまった」感だと思うんだ
だから、こういうものを作る企業はカッコイイと思う。

しかしSABBATHで検索してみると、ひっかかってくるのはほとんどオジー在籍のものばかり
テクニカル・エクスタシーがかろうじてひっかかってくるところをみると、意外にも日本じゃディオよりマーティンの方が評価高いんだろうか。
つーかBORN AGAIN愛聴している私はどうすればっ


出来心

いやっちょっとわかってる風味気取りたかったんだっ
わかってる人にしか通じない笑いってのがアレですが。
JUDASはこんな最初期のベスト版まで、まだ需要あるんだなあ。
じつのところ、この頃のチープな音ってのも好きなんですが、こういうこというとマニアの人に叱られてしまうな(笑)
JUDASの残した文化的影響ってのはとても大きいので、風俗から眺めるといろいろおもしろいんですけど。ハード・ゲイのビジュアルって、はっきりとロブだよな(笑)
もっとも、「ポリスアカデミー」に登場するゲイバー"プルー・オイスター"が日本でのモトネタなんじゃないかって気もしますが。
いい歳したオッサンが、ハーレーに乗ってスキンヘッドでレザーでトゲトゲってのは、やれるようでなかなかできないことだとおもう。
あとあれだ、あっさりと「オレゲイだよ」とカミングアウトしてしまうあたりとかも。
J-POPだとその時点でアウトって空気がなあ。わたしゃ長いこと洋楽ファンやってるので、ゲイだろうがジャンキーだろうがアル中だろうが気にしないんだが。
そんなわけで酒井法子報道なんかも、どーでもいいんだ。
(とはいえ別にドラッグを肯定してるわけじゃない。私はドラッグもアルコールもどっちもだめだし)


聴かないわけじゃないんだ

そもそも聖飢魔IIはデビューからずっと聴いてるし。
てなとこで陰陽座をもってきたわけですが
○○忍法帖という、山田風太郎オマージュの楽曲が、アルバムひとつに一曲ついてくる、というだけで、私が聞くべき土壌ができてる感じなんですが(笑)
アニオタで妖精帝國あたりを聴く人なら、結構いけるんじゃないでしょうか。


そこまできたら犬神サーカス団を聴け

音的には正統派HRなんですが、なにせ歌詞がやばい
ただ、音楽界でもわりとタブーである「女目線のエロス」というのを、気取らずストレートに歌詞に乗せているというだけで、聞く価値はあるんじゃないでしょうか。
信者はメジャー期のアルバムはカス、といってはばからないそうですが、私はどちらも味わいがあると思っています。迎合しつつ、独自のカラーは残していくっていうのはむつかしいんだよなあ。大槻ケンヂだってのほほんに流れてしまうわけだし。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/594-ec24aabe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック