りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
おっぱい


別府競輪が熱い!

地元では結構話題なんだがな(笑)

なんかまたGYAOでJudasかけまくってるときいてみにいったら
なんでいまごろStratovarius?


Stratovarius - Black Diamond

メタルとはいえ、非常にメロディアスなので全然大丈夫かと
(誰に言ってるんだ)
以前プロレスゲームのコミュニティにいたとき、同好の士がいまして、一緒に「ぶらっくだーいもーん♪」なんぞと歌っていたことを思い出しますが、懐かしいなぁこの曲(笑)
バンド名は言うまでもなく、ストラディヴァリウスと名器ストラトキャスターをひっかけたもんなんですが、名器に恥じぬメロディアスな音で、非常に耳障りが良いです。
フィンランド発というと



とても同じ国とは思えない
北欧メタルとしてひっくくられる音楽性というのは、クラシカルでメロディアスであり、日本人好みの優しさと、北欧らしい緊張感のあるストリング系の音が、なんかいいのですが、それだけにインパクトに欠ける部分もあったりで、商業的にはキャッチーな、洗練された売りをぶち込むLAメタルあたりに100歩譲るかんじ。
でもそれでいい。
私アメリカン・ポップメタル(私内部の蔑称)って好きじゃないから(笑)

なんかちらちらと映画にもつかわれたりで、潜在的なファン層はありそうなんですが「聴いてる」という人には、前述のコミュニティで出会った人以外、ついぞなかったりします
インギーはメジャーなのになんでかのう
まぁ、バンドを牽引するキーパーソンが弱いというのが一番の問題なのかもしれませんが
まあそんなわけで


更新する気がまったくないのです


音楽聴き始めると、本当になにも手につかなくなるので。




じつは先日から、クリスマスにいただいたパキラの剪定ついでに挿し木に挑戦しているのですが
丁度うちにハイドロカルチャー用のポットがあるので、そいつにセラミスをぶちこみ(枝の固定用)一応窒素肥料も与えています
しかし、なんか日々やせ細っていく枝
新芽はそれなりに元気があるのですが、失敗したかなぁ
水が腐りやすいらしいので、毎日水を全部交換しているのですが


イメージとしてはこういう感じを目指したい

根がつく様子がない(笑)
パキラは直射日光に弱いものの、結構強い植物なのでいけるとおもったんですが、どうも失敗雰囲気が濃厚
枝はわんさとあるので再挑戦してもいいのですが、うーむ。
うちに来たときは、抱きしめるとおっぱいが胸のした辺りにもぐりこむくらいの丁度良い高さだったのですが、今はほとんど私と同じ高さになったので、抱き合うとガチホモのようです。つーことはうちにきて20CMも伸びたのか。成長の早いやつめ(笑)
なんか液肥を与えるとよいっぽいことをどっかで読んだのですが、なんかうちの環境だとなにやってもだめなきもしてきたし(笑)


こんなかんじでいろいろあるのだけれども

この世界から離れすぎて、もうどれがよいのやら(笑)
なんつかスウィーツの影響で、なんでもかんでもイメージのぴんと来ない横文字にしてしまうのはよくないと思うのですが。日本人なんだから日本語でかこうよ(笑)
コメント
この記事へのコメント
別府競輪行きたくなりました。割とマジで。
フィンランドの音楽界隈は平均年齢13歳でデビューしたメタルバンドとかいて色々おかしいですね。
http://www.myspace.com/metalra

個人的にはFrederikというおっさんが大好きです。スオミ語でジンギスカンとかラスプーチン(Boney Mの)とか、とにかくいろいろカバーしてる変な人です。
http://www.youtube.com/watch?v=NJ9G744XPdI
http://www.youtube.com/watch?v=7JXTbGDRhPA
2009/05/24(日) 20:47:15 | URL | 野良 #6WRgJ5Is[ 編集]
ろっく・みー
いやもうせっかく突っ込んでいただいたのに申し訳ありません。肩が肘より上に上がらなくて(大マジで)

是非いってあげてください別府競輪(笑)
賭けはしませんが、あの極限まで鍛えた人間の技を見る価値はあるとおもいます。どのモータースポーツよりも。

でじつは、音楽関連からはとうの昔に離れておりまして、まったくの初耳だったのですが、フィンランド語ですか、これ。なんというか、ものすごいですね(笑)侮れんなあ13歳。
いや、売る気があるのかないのかわからんという意味でも(笑)

この人は音だけ聴いたことがあったのですが、こういう人だったのか。なんかテッド・ダンソンというかなんというか、そういえば最近みないなテッド・ダンソン。

フィンランドともコピーともテッド・ダンソンともなにも関係ありませんが、昔狂気のように流行して、今にして思えば


なんであんなものが


という、ファルコのロック・ミー・アマデウスを思い出しました。12inシングルまでもってるんだな、これが(笑)
向こうではそれなりに支持され続けたようですが、日本では完璧な一発屋扱いです。王様とどっこいです。いや、深紫伝説好きですが。

http://www.youtube.com/watch?v=trOij8SPIAo&feature=related

ここでアル・ヤンコビックとか思い出しちゃだめなんだろうな(笑)
2009/05/29(金) 00:30:20 | URL | りせっとさん(仮) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/561-a88143c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック