りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
人権蹂躙都市・大阪
ちょっと本格的に具合が良くないので、しっかり寝るためささっと流すつもりなのだけど
面白いと言ったら怒られるが、いろんな方面から面白い反応がでてるんで、なんかこう、リアクションしたくなるよね(笑)

「あゝ陸軍隼戦闘隊」をネタにしようとおもって観てたのだけど、さすがに今日はやめとこう。なんかPCも不安定で再起できなくなったとこだし。なんなんかなあもう。めんどくせえ。あとで一応マルウエアチェックだけしとくか。

【線路突き落とし殺人未遂事件】在日朝鮮人・裴晃大容疑者の母「世間を騒がせて申し訳ありませんでした。息子は幻聴を訴え。就職活動がうまくいかず、悩んでいた」

ホームの件は
「電車のホームがいかに危険か」
という方向に一般化しようとして必死だな。
28歳男
と一報で報じられた瞬間

ああ

朝日新聞観て

やっぱり

産経観て

だとおもった

という三段跳びで納得した人は多いかと思いますが
ことがことだからな。単なる転落事故ってところに落ち着かせようと必死だけども

殺人だよコレ

運良くおばちゃん亡くならなかっただけの話で。
その瞬間ブチ切れての犯行ならまだしもではあったかもしれないが、繰り返しているから殺意は明らかだしな。
事件がセンセーショナルなんでジャーーーーップにもっていきたかった報道各社が、電車の停車位置をごまかしたり(2mと伝えられていたものが、次第に距離を取って5Mになったり)
あのさ。私は朝鮮人だから犯罪者だ、なんてことは思わないし、かといってこれだけ事件があればそう考える人たちに対して馬鹿だろとはとても言えないとおもっているし
でもね
なんで在日朝鮮人は、ひたすら事件を隠そうとするのみならず、まず擁護するのさ。
犯罪犯した人間への同情と、犯罪行為を追認することとは全く次元の違うことだ。

608【吉本興業】ウーマンラッシュアワー村本大輔「井上責める権利は誰にもなし。」「おれならずっとウソついて逃げるよ。」「叩ける権利を得たと勘違いしてるダニはネットで、はしゃぐ。」「お前ごとき最近レベルの雑魚がよく神様のように裁けると思うよな。ダッサ。」ノンスタ井上当て逃げ

これは芸風だから、なんてああウリですか、といった指摘もあるのだけど
炎上芸でもなんでもないよこんなん。
そもそも、笑えるか、コレで?

なにより、この男が炎上させる相手に選ぶのはいつも「手出しを決してしてこない、できない、「立場の弱い相手限定」だ。
与党政治家もしかり、一般人もしかり、絶対に相手は反論してこないし、という相手だけを罵倒する。
卑怯者と一般の人を罵っているが
常に攻撃する相手を選び、ヤバイとなったら「これは芸風です」と、予め予防線を張った上で逃げる準備も怠り内、真性の卑怯者だよ。
不倫報道を例に出すなら
自分より立場の弱いものについてはぼろかすにいうが
それをダウンタウンに言うか?(笑)
松本は「浜田は今愛人のところで休んでますので」といまだにいじるぞ(笑)
攻撃性や炎上で笑いを取る、不謹慎な笑いということを言うのなら、相手を選んでいる時点でそれは芸でもなんでもない。
福島から避難してきた子供に菌とあだ名つけるような行為だろ。
「こいつのこと今から菌って呼びます」
そういって、取り巻きに笑わせる「笑い」だろ、こいつの笑いって。それのどこが芸やねん。
仕事の関係で発言を控えるというのは理解しないでもないが、それをやった上で一般人を罵倒するってのはどういう了見だ。
笑ってはいけないの深夜の尺にまたちょろっとだしてもらうのかもしらんが、炎上して死なんかな。比喩表現やけど。

【神回】毎日新聞、百田・石平@虎ノ門ニュースに抗議文&謝罪要求「賞を取り評価の高い我が社を誹謗中傷。法的措置検討。なお公表するな」⇒ 全文公表され反論される(動画)

という流れで

毎日新聞さんは自分が火だるまになる覚悟で喧嘩売る、えらいなあ!

というか

阿武隈のほうが気になるんだが。

なにがあった、阿武隈(笑)
ツイッターの反応は、5人目の人かな、の反応に全面的に賛成だ。
さっきの芸人の件もそうだけど、私はきちがい発言だなとおもっても、別に当人に講義しようとは思わない。炎上に加担する形にはなるかもしらんが、こうしてネタにすることはあっても。
当人叩いても仕方ないと思うから。
みんなが言いたいことをいって、その上で社会としてどうなのか、ってな合意形成ができりゃそれでいい。
その中で、たとえば言論統制に執拗な意欲を見せる朝日新聞や毎日新聞が「この芸人は使ったらいかんな」と、言論統制に乗り出して画面から消すことは、否定しないよ(笑)
きちがいだ
とは指摘するし言うけど
だから降ろせ
とは私は言わない。
それ判断するのは当事者だ。
商売なら下ろすべきかもしれないが、様々な論点、角度という意味でなら
きちがいの発言も時には必要だろう。

こいつおかしいな

という発言見て、自分を見直す樹会くらいにはなる。
私もそのたぐいの屑なんで、わりと友人に指摘されてああやばい、と思うことはあるよ(笑)
屁理屈こねて反論する気力も元気も、もうないしな。

【正論】「まだ存在しないカジノの依存症を心配するよりも、パチンコ問題に今すぐ着手を」「依存症を政治の道具にしている」“ギャンブル依存を考える会”代表

なんとなくふわっとした不安感に漬け込む
オスプレイなんかがそうですが
明日からひるおびはこれで持ちきりになり
仏像も
ホームの殺し屋も
都合よく話題から消えるのでしょうが

そういうふわっとした恐怖心に対して、具体的な方向性を与えられる人というのはとても機長だし、素晴らしいよ。
素晴らしいから、恐怖や怒りといったネガティヴな感情に訴える、ナチス式野党連合にとっては、とても都合の悪いことなんでしょうが。

【動画あり】蓮舫、かつて行革担当大臣でカジノを解禁しようとしてた事が判明wwwwwwwwwwwww

「南スーダンは戦闘地域じゃないんですか!」
衝突が発生した時に派遣の継続を決めたのは確か、野田内閣じゃなかったっけ?
衝突そのものも全く大したことがないように、軽い扱いで流したのは、日本中の報道各社じゃなかったっけ?
同じニュースが相手によってニュースバリューが変わり
自分がやったことと相手がやったことについて、その違いを明確にできない人間ってのは
控えめに言って

死ね

比喩表現だけど。

てなあたりでそろそろ寝るかな。

【グルメ】野良犬に悩むエジプトが韓国に生きたまま輸出検討、韓国大使館は報道を否定

犬だから食ってはいけないとは私は言わないが
発狂するくらいなら捨てろよその文化(笑)
病身舞もそうだが。
よしもと芸人に共通する「弱者をいたぶる笑い」てのに通じるものはあるけど。
それでも、子供ができたり、そもそも大抵の人は標準的な常識はある人(ある程度知名度のある人なら)なんだろうが
アイスクーラーに入ってそれ拡散する馬鹿並の発言垂れ流している芸人ってのは、日本人の生活からは遠いところで生活してんのかなって
そんなことを考えさせられる反応ではあるな、これも(笑)

安倍首相、難病公表の民進・原口氏を激励!原口氏は首相の懐の深さに感動へ

日本人の感覚はどっちかいうとこっちに共感するもんな。別に感動の押し売りとかでなく。
民主の馬鹿のなかでもなんとなく光の戦士が憎めないのは、彼にはやや常識があるからなんだよな(笑)
馬鹿なだけなんだよ、いやほんと割りとマジで(笑)
小学生みたいな知識と思考で世界に向き合ってれば、ああいう発言にもなるだろうけど
同じ小学生の目で世界を眺めている山本太郎との大きな違いは
原口さんの発言てのは、ぶっ飛んだ善意が根底にあることなんだよね。
太郎には悪意しかない。

国会でもいいところ攻めてくるなあと度々思うのだけど、認識がずれすぎててがちゃがちゃになってるから、ニュースにもならない。
でも、ここ正攻法で責められると結構痛いところだよなあ、てのは民主党の中では一番多いと思うんだよ、個人的に。
だから軽くべんじておくと(笑)彼の問題意識はそんなに的外れではないし、本当に取り組もうという意欲と姿勢はあるんだ。
ただ、決定的に認識がずれていて、勘違いや無知がベースとなっているから、全体の組み立て方がおかしいだけで(笑)
でもそれって、政治屋経済に対して素人である、我々とあまり変わらないんだよ。
あそこまでぶっ飛んでるかと言われたら、私もいやちがう、と顔真っ赤にして否定するかもわからんが(笑)

76: ブラディサンデー(やわらか銀行)@無断転載は禁止 [US] 2016/12/11(日) 00:22:38.68 ID:JoR4Ka1z0
原口氏側がFBで明らかにしたってことは総理側は個人的にやったってことか。
人として当たり前の事ができる総理ってなんかいいな。



民進党の反応も、あまりにひどいから当てつけもあるのかもしらんな。
確か党首選では、原口は前なんとかさん派だったように記憶してるけど、いずれにせよ今の蓮舫体制では非主流派のはず。
さきの芸人のように、弱いものにはとことん強いウリズムの中で、民進党に対して疑問を持ったんかもしらんな。おせえよって話もあるが(笑)
でも私は嫌いではないよ。

寝ます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/2392-b3434f2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック