りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
人権蹂躙都市・大阪
ゾンビにも人生はあるよっ
(もう死んでるけど)

あんまりネタをやらないと、ストレスで私がだめになりそうなんで、適当な映画をネタにストレス発散のための更新をする。
そんなわけでいらいらした時に見るには最適の映画、なぜならいらいらに追い打ちをかけてくれるからだ

nzzn001.jpg
こんなにうれしくないおっぱいがあるだろうか(伏線)

「ナチス・ゾンビ/吸血機甲師団」である。
ジャン・ローランの映画には基本的にうんざりするほどのおっぱいとまんこが登場するのだけども、数があればいいというわけではないということを、コレほど雄弁に語る映画監督も珍しい。え、本人にそういうつもりはない?
トンチキなゾンビ映画の中では割りと手垢の着いた感のあるこの映画、しかし実際に観たという人は存外少ないのかもしれない。だって、こんなもん見るくらいならもっと人生有意義に過ごせるからね。

お話は簡単だ。
ナチがゾンビとなって蘇る。

nzzn004.jpg
こんなかんじで

割りとフレッシュなのがお分かりいただけるだろうか。死体なのに眼球が腐ってないんだぜ。
登場人物の坑道がいちいち意味不明で、意味不明な行動を取る馬鹿が犠牲になっていくため、これはゾンビ映画の脱構築か、と勘違いしそうになるが、そんなことはない。監督が単に馬鹿なのだ。
この映画を父帰ると評した人がいたけれども、実際そんな話だ。
ナチの占領下にあった街で、こいつらはみんな死ぬわけだが、その後何十年も立ってゾンビとなって蘇る。
しかし、ゾンビとなる前、主人公というか実質のヒロインの少女の子種が仕込まれていたのである。
(上の画像参照)
かくして娘は、ゾンビとなった父を野辺の送りにするべく銃を取るのだった、とかいう映画ならもうちょいなんとかなったのかもしらんが、実際にはうろうろするパパゾンビを、他のゾンビと一緒に小屋に誘い込んで、放火して焼き殺すだけである。シンプルだね。

nzzn002.jpg
ゾンビになっても下半身は元気だぜ

湖で失踪事件が多発する、というあたり、13日の金曜日のようなスラッシャー映画をゾンビでやろう、とか思ったのかもしれない。
日本だとこっからはおんりょうばなしになるのだが、祟るという概念が基本的にないこいつらの頭では、ゾンビとなって特に目的もなくウロウロするのが精一杯である。
日本人が嘘をつく、騙すということに神経質なのは、死んだ後でも祟るからなんですよ。わかりますか蓮舫さん。

nzzn003.jpg
もうただの変質者です

水に入り遅れた人が、この光景を見て悲鳴を上げて逃げていくのですが、ナチの制服着てなくてもゾンビでなくても普通逃げ出すシーンだよな、あれ。
ちなみにローランについてのウイキの記述を読んでみると、物は言いようだなということがとてもよくわかる。日本語に直訳した感あふれる記述も、私の好みに合う。
前衛的でも核心的でもなく、おっぱいの数を競うだけじゃんフランス映画って(偏見)
ただ、映画の中に積極的にまんこを取り入れるというある意味画期的試みは、ワレリアン・ボロズウィックあたりと同時代的な空気を感じないわけでもないし、ただのポルノ監督ではない、なによりポルノとしては全く抜けないという点で、「おっぱいは見たいけどスケベと思われるのはいやだなあ」という、ニッチな層の需要に答えた監督といえるのかもしれない。
作中まんこばっかりやってるジェームズ・キャメロンに大きな影響を与えたとか言うと怒られるので、「映画うれへんなあ。せや、まんこトレばええねん」という、日本映画の斜陽期を画期的発想で支え続けたにっかつ映画に大きな影響を与えたのでは、くらいにしておこう。

見てて腹立つのは、舞台的に石造りの古民家って風情の場所なので、放火してなんちゃらってシチュエーションはフランケンシュタインを思い出すというか、たぶん無駄に意識してるよなというところでして
でも、フランケンシュタインの怪物は、望まれた命ではなかったが、誰よりも人間的で生きていくことができなかったという悲しみがあるが、こいつらは総じて脳みそも大概腐っているので、無様に焼け死ぬだけである。
左翼的な解釈を試みてもいいが、普通の人がコレを見て思うのは「自業自得」という言葉であろう。
評価というのは、そういうもんだ。自分でいっても仕方がない。

【苦し紛れ】二重国籍問題で蓮舫代表代行「日本では台湾は国でないから問題ない」新たな観点で否定へw

そういうものなんですよ。

【完全にチェック○イトw】蓮舫代表代行、先週まで台湾のパスポートを保持し続けていたことが判明

これもそうなんやが、だいぶ前に自分でいってんだよね。あと、子供の国籍についてはどうなのかって話もあるのはあるのやけど。
父親が日本人なら日本籍なんだろうがさ。
何故日本は二重国籍がダメなのかといえば、政府が国民の生命と財産を守るためにできることが、非常に制限されているからだ。
今どんなキレイ事をいっていても、二重国籍を認めている多くの国は、非常事態が起きた場合、日系人をまとめてどっかに放り込む、なんてことができる。
人権というものが、普遍ではなく可変可塑的だからやれるのであって、日本のように被害者よりも加害者の権利とお仕事に配慮しなきゃならんような国では、同じことはやれない。
なにより、二重国籍を認めている理由は、決して人権意識が高いからというようなつまらない理由ではなく、別の理由、あけすけに言えば経済的な要請からくるもので
奴隷制が近年まで続いてきた欧米諸国に顕著だ
ってことでしょ。
EUがそれで破綻したのは、今観てるとおりだしな。

もともと健康問題が言われていたひらりーが倒れたという速報あったようだし、トランプがどういうずるい手で新たな奴隷市場を開拓するのか、そのことに興味がある。個人的には。

【在日崩壊】小池百合子知事が内田茂利権をガンガン暴いてるぞwww 豊洲市場で と ん で も な い 大問題が発覚キタ━━━━(°∀°)━━━━!!!

これの問題点は、汚染同行はフレないとして
計画変更したなら書類があるはずで、それはどうしたのか
元に変更されているわけだが、予算通りの金額が執行されているようなのに、一体どこに金が出て行ったのか
市場関係者としては安全性のほうが大事な議論なんだけども、国民のひとりとして興味がある間は、その二点かな。
既に都が謎の言い訳してたけども、正規の手続きを経て変更してるなら、紙があるはずなんだよ。
だったらそれ出したらソレで終わる話。
ないからこの会見になったてんだろうがさ(笑)

明日というか今日か、ひるおびがまた特集組むんだろうが、むしろ軽く流したら、共犯者とみなしてもいいよなこれ(笑)
新報道2001では結構突っ込んでたけど、ウチダガーしにきたつもりの猪瀬が火達磨になっててざまあみろと思いました。

896 :名無しさん@1周年:2016/09/11(日) 02:38:02.20 ID:L1n57MUf0.net
蓮舫と同じで、問題は
虚偽の情報公開をしていたことにある。
小池のスタンスも基本はそれ。
いくらピットが実は必要でとか言っても、
言い訳にしかならんよ。



土壌汚染の問題や、計画の過程での議論の仕込みに、例によって話をすり替えて言ってるからな。
後ろ暗い、ってことなんだろうと思う。

あ、あと閣僚級が内田というか、東京都連に気を使っているのは単純な話で、総裁選含めて動かせる人間の多い東京都を重視せざるをえないからだよ。今そのトップが(実質も含めて)内田ってだけだから、失脚すればぼろかすにいわれる、そういう関係性だから。民主主義は数だから、「数を動かせるうちは」力があるってだけだよ。
動かせなくなったら、ただの人だ。
「内田とつるんでたら火達磨になる」
と、この先色んな場面で認識されていけば、金と暴力駆使しても、やっぱり影響力は下がっていくおもうけどね。
今回の小池のそれは、適当言ってるわけではなく、殿サイトにも「やりました」と書いてあることが「やってません」という、動かしようのない物証なわけだから、金でも暴力でも、高畑のようにはいくまいよ(笑)
我々がこの件に興味を持たなかったり、支持を明確にしなかったら小池が死ぬだけだろうけど。
小池は息の根止めるつもりでやってるんだから「事務手続きのミス」で逃げられるような調べ方はしてないだろうし、若狭が後ろについているということは、あの人の人脈も後ろにいるってことや。どうも若狭個人だと思ってるひとが多いみたいやけどさ。

つーことで、時間もなくなったし、雨降って涼しくもなってはたから、もうちょいネタやりたかったが、寝る。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/2327-f1b8f4d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック