りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
人権蹂躙都市・大阪
時間もないのでとっとと進めたい。
というのも久しぶりに映画2本観たからなのだけど
まずは面白かった方の「スタートレック・イン・トゥ・ザ・ダークネス」
いろいろ書こうと思っているうちに、脳内会議で書くことに飽きてしまった(笑)
この監督、毎回思うのだけどうますぎるんだよなあ。
これ、褒めてません。
隙がないというか、疵がないというか。
職人監督という感じの、割と無節操な作風はアービン・カーシュナーを思い出したりするのだけど、カーシュナーのように下品な残酷描写入れるわけでもなく、これといったひっかかる絵もない。
主砲としてはむしろスピルバーグに近いところがあるのだけど、スピルバーグ氏あれで緩急付ける大掛かりな演出をするので、娯楽としてはぐっと一般人好みだけれども、変にマニアックだ。
ちゃんとトレッキーを楽しませ、セクション31がでてきてDS9ファンを喜ばせる、かの役者もリカルド・モンタルバンとはまた違った気味の悪さが光っている、マーカス提督はピター・ウェラーだ、エンタープライズ見ていた人間は即座にピンとくる、なによりキャロル・マーカスの登場は劇場版見ていた人間にとってはにやにやしっぱなしだ
でも最大の欠点は

主要キャストの影が薄いんだよなあ(笑)

そのあたりは、一作目のほうがはるかに作品としては完成度が高いように思える。
でも、トレッキーでなくてもそこそこおもしろいし、知ってれば画面の中に「意味」が散りばめられているうまさってのは、リメイクとしては満点なんじゃなかろうか。まあ、リ・イマジネーションと呼ぶべきなのかもしらんけど。
ただやっぱり、2時間長の中で語られるだけのキャラクターにはどうしても厚みに欠けるところがあるから、その中で存在感を魅せつけるという作業はある意味で、異常人にしかできないことではある。
欠けているのはそういう異常性なのかもわからんなあ。

あとやっぱ、艦隊戦が書ける人ってのも、ある意味で異常人だね。
そういう才能に恵まれている人には、作品が回ってこないのが今なんだよなあ。

てことで二本目はつまらないほう。
"Dickshark"、呆れたことに2016年の作品である。

dcshk001.jpg
うーんはるのやめとけばよかった

上のピンク色の代物、廃棄寸前のチキンみたいなのがそれなのだけど
有り体に言うとシリコン製のやすいディルドーである。
左の見切れているところを握って動かしていると思われる。
こんなもので映画を撮ろうと考えたのだから、アメリカ人はあほだ。
もっともこれは映画というよりはソフトコアポルノで、日本で言うとそうだな、おまんこドアップもあるVシネマ(シナリオなし)といったところか。
マリリン・チェンバースの「グリーンドア」というハードコアポルノのような、ストーリーがあるようでないようなやつだ。アメリカではよく見るスタイルとも言える。
もっとも「グリーンドア」はハードコアなので、ちゃんとちんちんがはいるところにはいるのだが、こちらはソフトコアなので、ちんちんはそもそもでてこないし、おまんこは無修正だが別に嬉しくもない。
10代の童貞なら大興奮できるかもわからんが、こちとら童貞でもなきゃいいおっさんである。ちんこなんか反応しやせんので、艦これであ号消化ついでにみるのが賢明てなもんだ。
申し遅れました、表題の通りこの映画の主役は

ちんぽざめ

です。
くだらねえ(笑)
くだんのちんぽざめは、ちゃんと移ってるところがあるにはあるのだけど、作品の性質上おまんこと必ずセットなので、ここくらいしか引用できなかったことをお詫びさせていただきたい。

dcshk002.jpg
馬鹿がとっても風景はちゃんと風景になる

当然字幕なんざないし、そもそも真剣に見るようなもんでもないので音すら聞いてないのだが
ちんぽざめはどうも着脱可能らしい
なんつかアブダクション? されてるような設定らしい。
意味不明なルチオ・フルチっぽいエンディングが付いてるところを見ると、なんだかよくわかんない扉とか本を開けてしまったのかもしれない。

ようするにどうでもいい

このちんぽざめがおまんこつっつくだけのシーンが延々続くのだが、誰が喜ぶのかねこういうの。いやま世の中特殊な性癖の人はたくさんいるし、黒パンストがあれば三杯は行ける私が言うのもなんだが。
失笑もんなのが、実用性絶無の刺青女がバスタブにつかっていて

あ、くるな

とおもったら、水中からおまんこを狙うショットに切り替わって

ああやっぱり

とがっかりさせてくれる、ある意味全く期待を裏切らないこのセンス
日本共産党関係者のインテリにこういう映画撮らせたらいいような気もする。なんで馬鹿のつくほうの左翼って、こんな感じの演出ぶっこみたがるのかね(笑)、まあいいけど。
この映画を見て一言言えるのは

アメリカ人はいいやつだよ

こういう馬鹿馬鹿しいことをやれるのは、頭の中身が平和な証拠だ。ロシアだとこうはいかない。

【在日崩壊】舛添要一、本日付でSPの警護もなくなるwwww ⇒ 早速街宣車の罵倒キタ━━━━(°∀°)━━━━!!!

舛添最後の日まとめ(笑)
おっぱいぷるるん!

まあでも、マスコミのクズさをまだ過小評価してるな。ほとぼり覚めたら反論できない空気があった、とかいって、許された設定で反日コメント撒き散らすくらいの使い方はするよ。空気の嫁なさは舛添とどっこいだ。
まあ、ベッキーより苦情は多かろうが(笑)
なにより、我々はまともな感覚があるから「恥ずかしい」とおもうが、こいつに恥の概念があったら、こうはなってない。実力行使でもされないかぎりは、プロ被害者になってぬけぬけと生活するよ。図々しく生きていれば陰口なんて気にならない。無神経なら別に困ることなんてないのさ。
日本人は


【福岡】 在特会系の反韓デモと反対派が一触即発 ~デモ終了後は警官や買い物客、記者へ怒りを向けた反対派

石を投げないからね。
念の為に言っておくと、福岡「市」は、おそらくどの他府県よりも生活保護の神聖が通りにくい。
そういう意味も含まれていることをぜひ、理解してほしい。
ざっくりいうと、難易度は

福岡市>>>>>>>北九州市>>>>>越えられない壁>>>>>>>大阪市

なので、北九州に現住所をおいて、何故か大阪の生活保護をもらう部落関係者や在日朝鮮人もいて、たまに逮捕される。
全国ニュースにはならないが、ローカルニュースでは念に一回くらいは見かける話題だ。
もともと在日朝鮮人の多い場所なので、そのつきあい方というのも大阪よりはるかに心得ている。歴史が違うわ。
差別ださ別だと言われても、必要以上にかしこまったりしない。耳をかさないこともないが、話は効かない。
ま、高島が市長に代わってこっち、こんなのが大声で闊歩するようにはなったが。
後ろに中央郵便局っぽいのがうつりこんでるところを見ると、だいたいどこかわかるけど、福岡市でも雑多な一般人が普通に歩くところなので、非常に多くの人の目に触れているはずだ。
リーマンも家族連れも子供もいる。まあ、どこにでもある繁華街の光景だ。
そういう場所でのこういう行動を見て、自称被害者に同情してしまうほど、福岡市民はあほではないとおもうよ。

爆買い中国人に媚売りまくった百貨店、中国人客が減少で涙目「助けて!!!」

散々突っ込まれてるので別にいうとこもないが
日本人が肩身の狭い思いをして買物や観光をしなければならない環境整えたところは、各日に客足が遠のくよ。
だから地震で大分から日本人が消えたわけだし。必要なのはきっかけであって、いつだって起こり得たことだ。

”極秘文書の流出”で習近平が『勝手に失脚の窮地に陥り』共産党が動揺中。求心力の低下は不可避の模様

資産隠しは中国の場合、徳目に関係ないから。貧乏人からすると業腹なのは、世界のドどこもかわらんが。
董卓だって、金持ちの家の塀まで叩き割って隠し財産調べてたろ。

【朝日新聞】“声”の欄「ヘイトデモ阻止 健全な証左」⇒ 投稿者はしばき隊でした(画像あり)

この間カウンターデモは言論の危機と「声」でやってたし、朝日はこれでバランス取ったつもりなんだろう(笑)
不偏不党の意味を取り違えとるよな。

裏金疑惑のロッテ窮地に 東京の投資説明会など相次ぎ中止 グループ全体の海外活動が全て停止している状態

ほーやっとかー。
やっぱ朝鮮人の敵は朝鮮人なんだな(笑)
日本企業ではないと、日本に恩義も愛情もないことを全世界に公言したし、日本人としてはにやに笑ってみとくのが一番だよね。
なんかCMも必死っぽいけど。

141:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/06/21(火) 17:44:13.78 ID:tSRB0CmB.net
日本で儲けて韓国に投資しながら、半島でちょろまかした金を日本で蓄財してたってことか
これぞ在日韓国人の錬金術って感じだけど、ほんとどうしようもないな



その手口に一番頭にきているのはむしろ南朝鮮で、それで財務会談で銀行同士が連携する話が決まったろ、確か。あれで動かせなくなったんだわ。
パナマのおかげで租税回避もでけんし。
こと在日朝鮮人に関しては、南朝鮮自ら不正の目を潰していってるので、財務省がボンクラでも勝手に追いつめられて言ってるのよな(笑)

さて時間も時間だしねるか。メインはネタのほうだったし(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/2279-76c2efcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック