りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
人権蹂躙都市・大阪
EXILEて服着せられて散歩してる犬っぽい(挨拶)

とりあえず甲でゲージ割り始めましたが、いまんとこキラつけすると100パー大破撤退です。
めんどくさくなってやめるとボスにいって反航戦というパターンで安定。
なんかどうでもよくなったよ(笑)
ZEPPELINでたらモチベもあがるんだろうが、そもそもLではめったにドロップがない。

雷巡では昼間火力に不満感じるので、満を持して運52のはぐぅとプリンちゃんをinして、寝る前にいってみます。

てなわけで、ちょっとPSOしたあとだらだらしてたというか、ひさしぶりに腕が痙攣して作業にならなくなったんで、ぼけっと動画をみとりましたが
ちょっと具合悪かったんだなあってのが、紅茶飲んでわかりました。
私具合悪い時、紅茶と炊きたてご飯は匂い嗅いだだけで吐き気催すから間違いない(笑)
てなことで、早めに寝るのです。
やっとFEDA2手に入れたから!

脱力感あふれるあのOPがまた見られるぜ!

玉木美孝帰ってきてくれ…頼むから…!

カミカゼじゃあのさん「俺自ら、疑惑のある野党先生に質問タイムといこうかなwwwまずは共産党の志位だwwww」#先生質問です

めったにこれ系はネタにせんのですが
共産党への質問内容は充実していたので。

菅直人「電波停止発言は憲法違反で独裁」 → 菅自身同じ発言、独裁も認めてたことが判明 何なのこいつ

日「独裁者ほどあいつは独裁者だ、っていうよね」
中露『そんなことはない』



民主「黒人奴隷」発言の丸山氏に辞職決議案提出へ 自民は陳謝

言わんとしてることはわかるが、言葉の選び方が幼稚過ぎる。本質的にダメな奴なのは間違いなかろう。
それ以上に、平均的な知能と国語能力があれば、趣旨は理解できるはずなのに、知らないふりして叩きまくっている自称知識人のえげつなさと、揚げ足取りが政治活動だと考えている野党の姿に、一般国民として絶望と無力感を感じるわ。

香山リカ「私が中指を立てたのはただの公共の場ではなく民族虐殺につながるヘイトデモを眼前にしてということをお忘れなく」

現にヘイトクライムを起こしている民族性に対しては、嫌悪と怒りを持って接してもよい、ということなんか。

生野区連続通り魔事件

ソウル日本人学校園児襲撃事件

「ヘイト」ではなく「ヘイトクライム」だからね。
まだあるよ。
いちいち列挙したほうが良い?

どうせなら受験シーズンにあの写真大学構内や駅に貼りだして
差別と戦おう
というポスターにすればいいやん。

共感されると自信を持って言えるんだろ?

バラエティ番組でも、あの写真使えばいい。

【IS殺害】マザーアース、後藤健二さん一周忌法要をペット霊園で行う

私なんざそもそも、葬式なんざしていらんという人間なんで、どこでどうしようと構わんとは思うが
子供のことを引き合いに出す前に、親の無責任さをしっかりと追求すべきじゃないのか。
子供に罪がないと強弁するなら、ネパールに帰っても不自由しないよう、ネパール語の教育を受けられる環境を整えるのがまともだとおもうが。
日本にいたって、将来に渡りなんの権利もないんだぞ。
たしかに今は社会保障もらい放題だが、情報共有化が進んで、時代が進むほど不法移民への風当たりは強くなるぞ。
何故日本人が戦争に踏み切ったのか、歴史を学んだことがないのかい?

【芸能】「ねぇ、ここがあの不倫騒動のベッキーのお家なんですって。記念に写真撮りましょうよw」 不倫騒動で実家が記念撮影スポットに

やっぱきちがいは一部で安心したよ(笑)

【民主党】 新党名 「立憲民主党」・・・岡田代表、党名変更に言及

アベ死ね団の歌

しね!しね!しねしねしねしねしんじまえ~
黄色いブタめをやっつけろ~
金で心をよごしてしまえ~!
しね!(あ~)しね!(う~)しねしね~
日本人は邪魔っけだ!
黄色い日本ぶっつぶせ!
しねしねしね しねしねしね
世界の地図から消しちまえっ! しね!
しねしねしね~ (しねしねしね~)
しねしねしね~ (しねしねしね~)


しねしねしね~ (しねしねしね~)
しねしねしね~ (しねしねしね~)
しね!しね!しねしねしねしねしんじまえ~
黄色い猿めをやっつけろ~
夢も希望も奪ってしまえ~!
しね!(あ~)しね!(う~)しねしね~
地球の外へ放り出せ!
黄色い日本ぶっつぶせ!
しねしねしね しねしねしね
世界の地図から消しちまえっ! しね!
しねしねしね~ (しねしねしね~)
しねしねしね~ (しねしねしね~)
しねしねしね~ (しねしねしね~)
しねしねしね~ (しねしねしね~)
しねしねしね~ (しねしねしね~)
しねしねしね~ (しねしねしね~)

こんなかんじだろ。
もうこれでいいじゃん。

覚醒剤所持容疑で41歳葉山町議逮捕 江田・維新前代表の元秘書 「警察が入れた」と否認

江田憲司キター!

五月のほうやないよな?(笑)

甘利の秘書といい
この葉山町議といい

親は子に似るんだね!

言い訳までがガチ左翼の典型的クズ論法で笑ってしまったわ。
いままでそれで全部通ってきたんだろうな。
でも、薬物刑法犯は初版で保釈になるだろうけど、タイミングがタイミングだわ。
で、お父さんのところには今回も誰もコメントとりいかんの?(笑)

【衝撃】週刊文春に掲載された少年Aの場所が早くも特定される 頭部の無い鳩の死骸が見つかった場所

足立区か。
去年、ほとんど連日色んなとこで報道あったが、ぱたっと報道やんで音沙汰もなしなんだよな。
こういうのこそ、報道続けるべきやとおもうが。一定の抑止効果があるかどうかは議論の余地があるけど。
愉快犯なら行動がエスカレートするからな。

近畿、北海道、高知、このあたりに転居してるんなら、ほんとに推理小説みたいな話になるけどさ。
なんでって、そこが剄られた動物の死骸が一時期発見されまくったとこだから。
どっちにしろ、もう「少年』じゃねえし、刑法犯が自分の犯罪で稼いでるんなら、顔と実名くらいはセットで。当然やろ。

USJ、沖縄進出撤回を検討 採算見込めず

あほでもわかるわそんなん(笑)
沖縄は重犯罪刑務所つくるといいよ。
皆最後沖縄に逃げるやん。手間かからんで済む。

安倍内閣が在日汚鮮のプロ野球にとんでもない制裁を加える!!!? 清原逮捕の裏に隠れた真相が ヤ バ す ぎ た !!!

野球には興味ないんでどうでもいいが、最後角川のことがあったんで。
角川は映画と原作セットで売るという、革命的な手法で映画産業と出版、どちらも斜陽にはいっていた産業を復活させた立役者でもある。
いろいろいわれてるが、なんだかんだで業界全体が角川の牽引力で活性化したことは間違いなく、私の世代は、角川が残したものを引きずって生きている。
同時に、今の作りてもそうなので、現在のサブカルチャーにおける手法も、少なからず影響を受けている。
礼の兄弟げんかでいろいろアレになったが、結局艦これはじめとするマルチメディア展開という手法は角川春樹が定着させたもので、負の面も確かに多いのだけど、現在にも通用する「手口』だと、私は思うよ。

マッチポンプで自社宣傳と、フジやTBS,朝日と同じように考えている人もいるかもしれないが、それは違う。
TVはあくまでも「公共物」であって、本来私物化してはならない。
タテマエはそうなのだけど、現実には自社のバラエティや報道番組で、当たり前のように宣傳に使っている。
あれこそ放送法で議論すべきとこだと思うがそれはさておき
角川は、自分の懐から出した金で雑誌を出したり、宣伝枠を買い取ったり、イベントを仕掛けたりしている。

TVのように卑怯ではないよ。

失敗すれば、損失は自分がかぶることになる。
現に、角川春樹がどんどん神がかっていく過程で、損失は被った。
ノーリスクでステマやってるTVと一緒にしちゃ気の毒だ。
TVは佐野研二郎先生の血統ですよ。

んで寝る前に行ってきました。

knkr_rei012.jpg
最後時雨がスナイプ決めてくれました

反航戦だったのでSはとれませんでしたが。
本日Lのドロップは瑞鶴と大鯨

また大鯨かよ

でも、確実に空母の方に寄せてきてるのは、喜んでいいのよね?

knkr_rei011.png

knkr_rei010.png

ゲージ破壊直後の編成と装備。

最後はほぼ軽空は仕事しないので(削りの段階では結構活躍する)、ほぼ戦艦の火力頼み。
反航戦キャップ超えるのに、一応回収済みメインで積みました。

第二戦隊は、昼間砲撃で無力化されて仕事させてもらえないことが多かったので、割りきって重巡を中核とした砲撃戦仕様に。
電探? 無視無視。男は黙って副砲ですよ。
いい感じにプリンちゃんのケツも拝めてストレス軽減です。

なお、今回雪風は全く仕事しませんでした。
ずっときらきらしっぱなしだったのに、初手でボスにスナイプされました。
殺すべき相手をわかってんだね。

個人的には、雷巡使ってると道中安定しますが、ボス戦では生存能力の高い重巡がいたほうが楽でした。Sこそとれなったものの、残り一席まで追い込めましたし。
てことでイベント終了。

あとは資源尽きるまでZEPPELIN堀だ。

おやすみなさい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/2174-8831b40f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック