りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
ゆー
どうも凄まじく首筋が痛い。
比較対象になる痛みとしては、今年の夏熱中症で倒れてしにかかる直前のような痛み。
ちょっとだるさはあるけど、風邪の症状ってないんだよなあ。きついから昼から寝てましたが。
そんなわけで菱餅頑張る気力もなく、そもそも体力もなく、潜水艦隊でバシー攻略していたら、さっぱりボスいきゃしねえ。
だが待ってほしい。
考え方によっちゃ、補給任務が秒速で終わるんじゃね? 今週1年ぶりくらいに終わってるけどさ。
そして私は具合がわるい時にはガチャ運がいい、という変なジンクスが有りまして
ほっぽっといた大航海時代の装備ガチャまわしたら、ずーーーっとそのために回していたスクーナーXとバスX入手。
どうせ装備枠増えねえんだろうなぁとおもってたらがっつりつく。
バスの攻撃力が増えても仕方ねぇというオチもありましたが、まあ、旗艦運用するときはそれもありか。
スルクフとまるゆと名づけたので、大事に使っていきたいと思います。

ミヤネの番組で少年法をまたやってますが
あのさ。
現実を観ないとあかんとおもうよ。
情報はもう拡散しちまうの。
とめられんの。
少年を守りたいのなら、公開を前提として如何に更生させていくかを考えんとあかんの。
今回の件は、リンチ殺人という犯行の残忍さと、今若い世代が置かれている現状との「距離感の近さ」で、かなり過剰な行為になっているとは私も思うけれども、あえていうが、リンチをやったらあいつらと同じなんだよ。許せないってことと、リンチを正当化していいという理屈は相容れない。

一方で矛盾するが、このように行動がエスカレートする原因は、「犯罪者のほうが過剰に権利を守られている」という現状
ようするに、どんなに善人でも

死んだらクズよりも価値の無い存在になる

という、構造的なものへの怒りがあるからで、それは「法で禁止されているから」といくら強弁したところで、防ぐことは出来ない。
なぜなら「誰もが懲罰的感情を抱いてしまう事件」だからだ。
そしてもっといえば、こうやって拡散されてしまうようなクズは、年に何度も現れない。
同時に、勝手に犯罪を「認定」して拡散するクズも、必ず現れる。
今回の犯行グループと同質の連中が。
現実として極めて難しいことだけれども、バランスをとるしかない。
ひとつ言えるのは、情報はもう、公開するしかないということ。
在日朝鮮人の通名も、隠せなくなったろ?
国民に不公平感を与えるような制度や法は、情報環境の変化に合わせて、見なおすべき時期に来てると思うよ。
これは校内リンチにも通じることだしさ。
加害者が「平穏無事に暮らしている」ことを「更生」とはいわんよ。


AEさんがオスプレイについて詳しく解説していたのをみてきた。
楽して知識を得る。いいね!


重傷のリッパート駐韓米大使「米国に対する攻撃だ!」

当たり前すぎる。
でも「理解できない」んだよね。
しごかれ隊の「仲良くしようぜ」と同じ。本音はいつも別のところにある。


【米国】ホワイトハウス付近で爆発音、オバマ大統領の出発直前 → 韓国人の仕業でした

弱り目に祟り目ってあるよなあ。


【拷問】リッパート大使の病院食、キムチなどの韓国料理

弱った犬を(ry

普通、頬っていうか口切ってる人間に、刺激物は一番避けるよね。
連中にとっては「病人のこと」より「アメリカのこと」より「自分たちは米国に愛されている」ということの既成事実化が、大事なんだよ。
そういうことがここにはっきりとでてる。
ほんと、自分だけがカワイイ。

韓国、五輪に関する「 全 て の 権 利 」剥奪キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 韓国政府が「平昌五輪は大成功に終わった」と突然の 謎 宣 言 !!!!!

スレタイはまあいいとして(笑)
ガチで民主党やんな。

朝日新聞、「ヘイトスピーチ」という言葉を頻繁に使いはじめる 慰安婦誤報を認めた頃から顕著に

前からやん。
たとえばだ。
いわゆる吉田証言は朝鮮人慰安婦と日本人 -- 元下関労報動員部長の手記』から始まっているが、これは1977年の本だ。
当時そんなに話題になっていたわけでもない。
1980年3月、吉田証言を元に「朝鮮人狩り」に言及した朝日の記事によって、はじめて拡散されることになる。
では、この年なにがあったのか?

1980年1月、この頃はタブー視されていた問題に切り込んだ新聞社が一社だけある。
アベック3組ナゾの蒸発 外国情報機関が関与?」と題されたこの記事は、ほかならぬ産経新聞のものだ。
当時はまだ、社会党が圧倒的な力を持ち、「拉致は捏造」と声高に唱えられていた時代。
いわばゴシップの一つとして扱われたにすぎないのだけれど(宇宙人に誘拐、はいいすぎだが、庶民感覚として朝鮮のことはその程度に遠かった)、痛い腹を探られた者としては、どこかに矛先を向ける必要があった、と考えても不思議はない。
ま、偶然の一致ってことでもいいのだけど。

その後、TBSも相乗りして「既成事実」としての強制連行が報道されることになる。
1986年あたりからいわゆる「マドンナ旋風」が巻き起こることになる。ここでいうマドンナとは土井たか子ののことではない。彼女も含むが「女性議員」のことだ。
現在も同じことが起きてませんかね?
そして、このときに「女性候補が大量に擁立された」、つまり、日本の民主主義は女性に対して大きく門戸を開いたはずなのだけど、残した結果は周知の通り。
ま、ここでも「男性社会の壁」という、韓国の答弁のような模範解答が、既に用意されているのだけども。

その後に来るのが村山内閣はじめとした、まあ私なんかには暗黒時代としか思えない時代ですが、ここで朝日とはっきりタッグを組んで、いわゆる村山談話が出ている。
第三者委員会は、1991年からの一連の報道をプロパカンダと認定したようですが、1991年は今でもなく、湾岸戦争が勃発した年。
ソ連が崩壊した年でもある。

まだ日本ではリベラルが強かった時代ですが、いざ議席をとってみればまともに政治をやれない、内紛ばかりやっている、国内外でヘタを打つという、民主党の悪夢と同じことをやってたんですが、まあ、人間なかなか学習しないよね。そういうもんだ。
ただ、リベラルの友愛みたいな物の考え方では、世界の変化に対応できないんじゃないの、という漠然とした疑問が投げかけられたのも、この頃からなのではないかとも思います。結果、バブルもはじけたしね。
それでもメディアの発信力は強力だったし、池上彰はじめとする「自民叩き、民主上げ」のプロパガンダ番組が多数制作され、どういう形でも「変化」を求めていた国民は、これにころっと騙された、私は民主政権誕生を、そのように受け止めています。
この当時、このブログでこうしたネタを扱っていないにもかかわらず「日本は死んだ」と吐き捨てるように書いてしまったのは、当然自分の無力さへの罵倒でもあったのですけど。

しかし、時代はそれ一色だったのかと言われればそうでもない。
1992年4月、今はよく知られている秦郁彦氏による済州島での調査結果を踏まえ、吉田証言は嘘である、と断定した記事が、産経新聞により掲載されます。
1992年ですよ。
反証が出たのが、1992年。
それまで寝てたんですかね。朝日は。

それを踏まえて考えていただきたいんですが、1993年という年です。
河野談話が発表された年です。

この頃からネットでは、南京やこの慰安婦問題についての疑問が提示されるようになり、草の根的に検証する人物も現れ、渡しも可能な限り客観的にそれらを見ていたわけですが、物証、ここでいう物証というのは、日本以外の客観視料という意味ですが、それらを取り上げれば、朝日の言うような「事実」とは到底考えられないという結論に居たらざるを得ず、そうした声が日に日に高くなるのは時間の問題でした。

そして1996年、提出されたのがクマラスワミ報告。
世論による「検証」の声が高まると、更に大きな声(既成事実)や外圧で押しつぶしたという構図は、別に陰謀論でこの件を眺めなくとも「意図」は透けて見えるのじゃありませんかね。
これだけだとまだいろいろあれなんですが、これに拉致問題を時系列でまとめると、よりはっきりとします。
また、社会党の躍進、民主党の成立なんかも並べると、どうやってこの「事実」が既成化されていったのか、決して一人歩きではなかった、ということがわかるのではないかと思います。

そしてここにもうひとつの構図がある。
この一連の朝日新聞、朝日放送の報道姿勢や番組に対し、いちいち批判をしていた人物がある。ほかならぬ安倍晋三、現総理ということだ。
この件は記憶しておくに値する事実だと、私は思う。

安倍は経済音痴やん、とか、ミーハーやん、て批判はあったとしても(私もミーハーだと思う)、朝日の一連の報道に対して真っ向から喧嘩売ったのは、安倍晋三と菅義偉くらいのものじゃないの。ふたりともよってたつ思想は違うのに、いまこうして内閣に肩を並べていることの意味というのは、非常に大きいのではないか、とおもえるのだけれど。

アメリカが従軍慰安婦を「Sex Slave」(性奴隷)から「Comfort Women」(慰安婦)と変え韓国が激怒!

結果、こうなりましたと。
報道の異常性というものを、明確に批判できなかった政治家の中で、それをやってきた安倍晋三という政治家を、この点だけは、私は強い共感を持って支持しますけどもね。
政策はまた別。総理大臣は立案者ではなく実行者だから。立案者によろしきを得てよ、という不満はずっとあります。

洋食屋店主の俺が簡単に作れる手抜きレシピを教える

友人用。
せめて楽しい食生活を送っておくれ。
パンにマヨネーズぶっかけたら、たいていのもんはうまくなるけどな(笑)

【動画】都合が悪くなるとブロック!アグネス・チャンさん完全論破の小野寺まさる議員とのツイート一部始終

自民党、アグネスの日本ユニセフを悪質な 詐 欺 団 体 と認定やっとキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! アグネス、反論するもボコボコに論破され逃亡wwwwwwwwww

正しく「手数料は運営費として使っています。団体を維持するためには必要なものですから」と答えればそれでいいものを(金額が適切かどうかはともかく)、「なんで嘘をつく必要があるんだよ」というところに、原因の根本があるんだよ。

大使襲撃関連いくつか。

朝日新聞の馬鹿質問が『一刀両断に切り捨てられ』世界に恥を晒す。前例なき日本の態度に各所が困惑中

テキサス親父が『抱腹絶倒の超表現』で”今回の韓国”を辛口評価。見事なまでの慧眼に日本人も爆笑

国家ぐるみの事件確定キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 朴槿恵大統領、事前に情報を掴んで 海 外 に 逃 亡 wwwwwwwwwwwww

韓国高官が『全部、日本が悪いのだ』と激しい敵意を世界に宣言。大使襲撃直後の身勝手発言に日本人絶句

不思議だ。韓国と意見があった。
これは日本が悪いよ。
外交機関である大使館に対し、テロや脱法措置を繰り返した韓国に対し、明確な抗議を怠って放置し、事態を悪化させた責任の一端は、日本にもある。
とっとと明確なメッセージを出し、経済制裁という、目に見える形でのメッセージを出すべきだった。
遅きに失したけれど、「基本的価値観を共有していない」ことを内外に発信したのは、よかったとおもうけれど。
事件は防げなかったけどね。
それについては韓国が悪いからしかたがない。

ようするに、日本は韓国を「庇護」してきた立場から、「韓国は先進国ではないし、その資格もない」ことを、世界に発信すべきだった、私はそれを言いたいだけですよ。
もっとも、日韓の事情というのは経緯(必ずしも歴史ではない)は無視できないので「やれることでもやれなかった」事が多いことは理解しているつもりですが。
先に指摘したように、外圧や捏造で、時の政権に「批判」ではなく「政権破壊」を仕掛けてくるテロリストが、日本国内にはいますし。
民主主義の抱えている構造的欠陥なのだから、やむを得ないところはある。
これから、日本人がぶれずに「自分で考えて」政治に参加していけば、こうした歪みは少しずつ、矯正できる。

【韓国】次々発生する異常事態!駐韓米大使襲撃の当日に在韓台北代表部に放火予告…容疑者「パスポートを発券してくれなかった」

そら個別の事件には違いなかろうが、問題はそこじゃねえよ(笑)

さて、頭痛が治まったので寝ます。
とりあえず漢方飲んだけど、んな早く効くわけないし、念の為に飲んだ経口補水液があたりだったもよう。
つまり、いわゆるかくれ脱水だったのかと。
こわいなあ、きをつけんと。
延髄直撃する痛みは要注意ですぞ、みなさん。経口補水液いっこおいとけばいいとおもう。
おやすみなさい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/1883-113e9be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック