りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
しっぱい
各社びみょーな空気で朝日の失態を報道してましたが
(当然昏睡の件だけですが)
どんなスルーの仕方するんだろう、とワクテカしつつ待っていたら

熟睡してしまいました

ほんと、もうね。あかんやん。

まあそんなかんじなので、やっとモーレイ抜けたんで、那智さんの融資を眺めつつちゃちゃっとすすめますわ。
次の任務は

文月いねえ!

あ、明日からイベントか。ふーん。長時間メンテなの。ふーん、そう。
マックスさんで放置しないと(使命感)

国連「ヨルダンの死刑執行を批判!」「リシャウィ死刑囚の人権を無視した行為だ!」

そこはスルーしとけよパン君。なんにでも反応してると朝鮮の酋長にはなれないぞ。
死刑囚なんだから、いつ執行するかはヨルダンの勝手なんじゃぜ。明らかに報復だけどさ。

ISISクソコラグランプリで過激な画像を投稿した人物の個人情報が流出→イスラム国に殺害予告される

ISIOLコケにすんのと、イスラムばかにするのと区別がつかんくらいの低能はしんでくんないかなあとはおもうが
こんなやつらでも死んだら安倍政権に無駄な砲撃が飛んでくるから
うんこふんでどっかに頭ぶつけてくんないですかね。

朝鮮人が日王とよぼうが、しょーもないオナニーで日本をディスっても、日本人は「馬鹿のやることだし」と対して気にも留めないが
天皇陛下への侮辱は、日本人の挑戦に対する感情を一気に悪化させたろ?
普段天皇陛下万歳なんて思ってもないやつでも、アイデンティティに関わるものをコケにされれば、感情は傷つくもんなんだよ。
アキヒロはその一線を越えたから日本人の敵になったわけだけど、クネはそのへん心得てるから、どんなに馬鹿でも日本人に愛されてるだろ(笑)

維新・井出「イヤホン外してインタビューに答えてたよね?」 安倍「予算委で議論することかそれ?」

「報道の自由(どゃあああ)」

古舘もそうだが、対立する意見に対してはソント仕掛けることを、報道の自由とはいわんわ。
そもそも、相手に質問したらその答えを待つという、基本的ルールすらまもれんやつに、報道やら言論の自由云々されるのは片腹痛い。

38: リバースパワースラム(やわらか銀行)@\(^o^)/:2015/02/05(木) 11:19:28.91 ID:wYY+I3rf0.net

維新にもこんなのいるんかいな。
高い高い税金使ってる国会での質問がイヤホンかよ。

42: トペ スイシーダ(大阪府)@\(^o^)/:2015/02/05(木) 11:20:24.14 ID:YiSEpcDA0.net

>>38
旧結いの党だぞ



もっといえば、維新は旧民主党だぞ(笑)

【愛知】小学5年の授業で、ISIS公開の日本人2人の遺体画像を「情報を生かす私たち」教材として使用 住民からは不安の声

相手が何もいってこない、してこないからといって
自分勝手を自由と言い換え、人をいじめる
そうだよ

俺みたいな教師がテロリストと同じなんだよ

てことで「いじめだめ。絶対ダメ」という教育なら、百歩譲って評価した。
無抵抗であることをわかった上で、殴ってくる相手は卑怯者だ。そういう倫理、道徳が欠如した奴らが教師やってんだから世も末だよ。私の子供の頃は、日教組でもその程度の倫理観は持ち合わせてたぞ。

公式サイト落として遁走ってのも、いかにも日教組らしいね。
ようするに「学校ぐるみそんなとこ」ってことなんだろう。
そらいじめで死んでも「因果関係がない」とかいわれるわ。

日本人大学生 シリアへの渡航を計画 外務省から渡航の自粛を求められる

マスコミ「アベガー」
ISIL「死んでもいいという準備があるなら来てください」

テロリストのほうが思いやりがあるという現実。

なんだこの国の「良識派」は。

【毎日新聞】名古屋モスクに脅迫・嫌がらせが相次ぐ「日本から出て行け、家族構成は分かっている、殺す」など

毎日新聞さんちーす。

もううんざりだよ。

【週刊朝日】田原総一朗「イスラム国に『絶好の機会』を与えてしまった安倍外交」

朝日新聞さんちーす。

今回の動画で「イスラムを敵に回した!」とかいってる自称知識人が多いけど
非情に長いスパンで見ればそのとおりなんだが、テロの本質を忘れてやしないか。
私は有志連合の足並みを乱す、安価で効果的なプロパガンダだと見てるけど。
現に、UAEはひっこんだらしいし。

ヨルダンは臨戦モードにはいったらしいが、こういう行動(死刑執行も含めて)をとらざるをえないということ自体、アブドラ国王の支持基盤が脆弱だという証拠のようなもので、逆説的に言えば、さういうひっかきまわししかできなくなるほど、ISILは今しんどい、ということなんだろう。
想像以上にクルド人による反攻がきつい、といいかえてもいいのかもしれない。

ISILはガチのキチガイ、ということを、ハリウッド風演出でみせることで、「こんなきちがいと関わりあうのは嫌だ」とアメリカに地上戦突入をためらわせているし、有志連合も漁夫の利を狙ってるだけで、誰も満身創痍でこいつらを滅ぼそうなんて考えてない。
春秋の晋に教訓を求めるほど、利口でもあるまいし。
(晋はいくつかの有力氏族に事実上分割統治されている状態だったが、最も強大な智氏は、韓氏・魏氏を恫喝し、ともに趙氏を討とうとした。趙氏は「我々が滅びた後両氏とも無事では済まない」ことを説き、智氏を逆包囲して殲滅する。その後しばらくは三氏による鼎立体制で安定した政治を行い、後漢末に三国鼎立という形で、こうした力学が理論的に復活することになる)

で。

なぜ日本が狙われたかといえば、こうした視点から見れば明らかで、「情報発信能力と、世界的影響力が有り」「金をとれる可能性があり」、最大の利点は「どんだけ挑発しても、空爆も地上軍派遣もありえない国」だからだよ。
有志連合の中で最も脆弱と思われているヨルダンに狙いを定め、軍事的にリスクのない日本をターゲットにしたというのが今回のISILの一連の行動で、日本が狙われた理由は

平和憲法が有る国だからだよ。

実際の派兵というのは、あの米を見てもハードルが高く、日本人がぶち殺されたって現に涼しい顔してるが、「地上軍派遣がありえる」というオプションが有る。ISILは米国民が厭戦気分に傾いていることをしっかりとリサーチした上で、ジャーナリスト殺害という「テロ」を仕掛けてきたわけだわ。あれは「挑発」ではなく「恫喝」で、アメリカ人はそれに乗った。
日本は派兵というハードルが極めて高い(事実上不可能)ことをISILはよく承知していて、かつ、報道は日本をまともな主権国家にしようと考えている安倍を憎悪していることも承知している。情報発信するものが味方なのだから、日本人を捉え、殺害してもなんのデメリットもない。

ISILにとって最大の問題は、経済と軍事であるのは明らかだけれども、事実上軍事と経済は同じことで、そのためには境界を接する国の足並みが揃わないことが、一番望ましい。
トルコは既に懐柔済みで、トルコにしてみれば、境界を最も多く接している上、戦闘によってなんの利益もないテロとの戦いに突入するメリットがない。ISILと事を構える理由がないわけで、別に金も人質も動かさなくても「不可侵」という約束だけで、トルコは人質開放のカードを持ってたとみるべきなんじゃないか。
金や人質が動いた、なんぞとぬかしてる専門家はあほにみえてしかたないが(笑)
(それ「も」動いたならわかる)
だから、日本はトルコに窓口をもうけなかったんだろう。トルコがいかに親日的とはいえ、自国の利益よりも日本を優先することはありえない。
現にトルコはISILに対して、事実上その存在を黙認している。人質交渉において「敵か味方かわからない」ところに拠点を置く阿呆はいない。トルコに拠点を置かず、ヨルダンに拠点を構えたのはあほだと安倍を批判していたあほは、阿呆としかいいようがないんじゃないか。あほあほ。

ISILにとって最大の敵は誰かといえば、ISILと戦うことによって利益を得るもの、つまり、本気で攻めてくる相手、それはクルド人以外にない。現在は拡大しきった戦線のせいで大規模戦力を投入できないが、有志連合が空爆のみで、地上軍を派遣してくるおそれがなくなったとすればどうなるか、クルド人に対する反転攻勢に出るんじゃないか。
クルド人を排除してしまえば、経済も、軍事も、当面の問題は解決する。ヨルダンの空爆がクルドと歩超合わせてくれば問題だが、幸い、クルドの友達は現状ではアメリカくらいで、大統領はオバマだ(笑)
米軍がクルドのために空爆行うことはあっても、ヨルダンは積極的に歩調を合わせることはしないんじゃないか。それができればむしろ、中東にとって喜ばしいと思うが、国王親征なのだから、どうでもいい施設ふっ飛ばしに行くだけだろう。

まあ、軍事音痴の私のいってることなんで、占いよりもあてにならん話ですが、ISILがキルクークあたりに戦力集中し始めたら「なんかそんなこといってるやつおったなあ。アラブもアメもあいつよりあほなのか」くらいに思ってもらえればと思います(笑)

ま、ようするに「日本人」の「ジャーナリストを称する人間」をとらえて、それを処刑する意味は、日本の報道が致命的欠陥を持っていて、九条があるからだよ。
いじめの構図だよ。誰も守ってくれない、絶対に殴り返さないやつが、世の中ではいじめられるんだ。
世の中がもっと倫理的であればいいんだろうけどね。

つーわけで寝ますよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/1855-6f67becb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック