りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
ヘッドルーム

マックスネタ尽きた(挨拶)

「ふうん」
てなわけで、友人とだらだらしゃべった後、首が痛いので、月曜日のお仕事、任務消化をやりつつ映画を
いや、更新しろよ。

韓国のアレみてるうちに、果然フルチの「ビヨンド」がみたくなり
だってさ、なんか嫌な気分になったとき、無意味にはしご落ちて死ぬおっさんとか、みたくなるやん?
ということで、まあ更新しながらだと集中でけんので、サントラくらいあるやろうとおもったら
フルチ傑作選状態のものがあったので、これを聞きつつやることにする。
ファビオ・フリッツィの曲はいかがわしくて大好きだ。

さて、友人から沈没ネタ相当いやんなってるだろうと図星をつかれたところですが
というかね。韓国ネタ自体があれなのだけど。
私は別に、朝鮮人を皆殺しにしろとか思っているわけではないし、そもそも朝鮮なんて好きでも嫌いでもない

しいていえば私は南米が好き

あと「中国」も(なんでカッコつきなのかは適当に憶測してくれぃ)
ただ、嫌いなものだったり、不快なものに対してははっきりいおうと考えを改めたのと、だからといって自分の価値観でそれを述べているだけなので、サブカルについちゃ「好きなやつはすきでいいんだよ。ゾンビ嫌いなやつに好きになれとはいわんし」とかおもってるんですが
韓国の外交姿勢や、在日朝鮮人の政治、文化についての主張は

おかしいもんはおかしい

んだよ。
その全てが噴出したのが今回の事故なのですが。
いろいろ事故について、主に古館とかエセ文化人がしきりと偏向してますが(NHKの特集もひどかった。事故原因を探る、みたいな看板で、一般論に摩り替えやがったし)
その一方、なにをくるったのか、はたまた19号将軍様からの蜜密命なのかひるおびがなんと

取材に基づいた事故原因を徹底分析

一分の隙もない論理に、おもわず昼飯ふいてしまいましたわ。
しきりと船の欠陥や、二次的な要素に原因を求めていた古館さん大敗北。検証も論理的だし、個人的に付け加えておきたい証言もあって、裏づけが取れてる。
結局、原因は韓国にあるということなんだよね。
といっても、管制はきちんと仕事してるようにきこえるし、むしろ現場にいないからなのかもしれないけれども、実に正しい対応をしている。全部くそみそにいいたいとこだけど、認めるべきところは認めたほうがいい。

【韓国旅客船沈没事故】「わが国は国民情緒がとても未開(野蛮)だ。国民が未開だから国家も未開なのでは」与党有力議員の次男が発言→「行方不明者家族への侮辱だ」と大炎上!

こういう発言もある。
まあ、えせ文化人に「おまえらは人のことをあしざまに罵倒した挙句、レッテルはるよね?」といったときの反応考えれば、リアクションはこんなもんだろうとはおもいますが。
結局、韓国の文化に殺されたんだよ。

ネトウヨはひるおびなんてみてないだろうから、あの完璧な検証がのまとめに乗るとは思えないですが(笑)、まあようするに「カーブきろうとどうしようと、あの事故は起きた。航海士もなにもしてない。何かする前にはもう事故は起きてた」ざっくりいうとこうなんですが、以前護衛艦に漁船が衝突した事故のときに、ちょっとふれましたけど、あのフェリーはちょうどその漁船と同様の状態、ようは舵が効かない状態にあった、ということです。
漁船は波に乗って航行能力を失ったと考えられますが、こちらは過積載で高速走行したため、事故地点に差し掛かる前には既に転覆状態にあり、舵は空中に飛び出てしまっていた、というのが、証言から推測できるということなんですよ。

操舵士の証言に「舵が軽く回った」というのがありますが、2chあたりでは朝鮮人のうそつき発動と受け取られたり、あるいは、テレ朝なんかは「故障していた」から「日本が悪い」にもってきたいようなんですが、そもそも舵は水中にあるから回すのに力が要るわけで、それが水中になければ、軽いんですよ。あるいは半分は水の中にあり、舵を切ることで止めを刺したのかもしれませんが、いずれにせよ「軽く回った」という証言は、どういう意図で嘘をついたのか、その動機が見えないため、事実と考えたほうが無難です。あのうそつきだらけの中で信じろといっても無理な気がしますが、そういううそをつく理由がないから、真実であると思われるわけです。

ところがここが重要で、「ここで嘘をつかなかったこと」が「原因が朝鮮ということ」になる、有力な証言なんですよ。

既に船員の証言から、船が傾斜しながら走っていた、というものがでてきています。これは過積載で重心が高いために、高速移動で傾斜がどんどん大きくなっていることを現しています。つまり、フェリーを操舵する人間としては、予備知識として「今船がどういう状態にある」ことを分析できるはずなのですが、船員の誰も、それを理解している様子がない。

ここで重要な点は「フェリーが過積載で爆走していたことがばれると困る」という事実です。
操船の知識があり、この事実を把握していて(日常的にそれが行われていたことも、TBSは取材で裏を取っています)、なおかつ船が傾斜、結果として転覆してしまったのであれば、過積載の事実を隠すためには「舵が軽かった」なんてことは、証言しちゃならんのですよ。自分にとって、不利な証言だから。
だから私は、これを嘘ではないと考え、さらに言えば「朝鮮が事故を起こした」といっています。
まだ飛躍がありますかね。

操舵士の証言

航海士と混同している人もいるかとおもいますが、操舵士は55歳、ベテランといっていい年齢でしょう。勤続年数については不明ですが、50の手習いってこともないとおもわれます。
そのレベルの操舵士が「自分の操舵している船の状態を知らない」、そして、「乗り組んでいる船で不正が状態的に行われていること」を承知していただろうことに加えて、その状態で無謀な加速を試み、あげく「何が起きたのか把握していないこと」、つまり、罪を隠蔽するためにつくべき嘘をついていないこと、このことは、韓国の造船技術もさることながら、航海術、総戦術、危機管理、すべてにおいて基準を満たしていないということで、実はものすごく重要な証言なんですよ、これ。
韓国政府は、この事実を隠したかったはずです。造船、観光に致命的なダメージですしね。

どうせ陰謀論を語るのなら、「そのために日米の支援を断った、犯罪と無能がばれるから」くらい、ネトウヨには言ってほしかったですよ、いやほんとに。
事実は、そこまで状況を把握しているとは思えないので、単に政局優先しただけだと思いますが。

ようするに「なんで動いてるのかわからない」「今なにも問題ないのなら、こののままでいいや」という、韓国の文化が、こういう最悪の形で事故につながった、そういうことなのだと思います。
中国もですが、朝鮮にはそもそも、外洋航行技術のノウハウ蓄積なんて、ないんだよ。

日本ができたからできるはずだ。

中国にも朝鮮にも、こういう盲目の思い込みがあります。日本人にもある。これがそもそもの間違い。
鉄腕DASHみてる人は、ふっと気がつくこともあるかもしれないが、日本人が無意識にやっていること、あるいは、受け継がれている技術というものには全て、過去の失敗と経験という経験値の蓄積によって成立してるわけですよ。
日本には内海外海の公開技術や造船技術が一応あり、ないのは外輪船や大型船のノウハウだったわけですが、基礎があるので、理解してしまえば応用は難しくなかったんですよ。
欧米人にしろなんにしろ、日本は簡単にパクってしまうと考えてますが、日本は歴史と伝統という、とんでもない基礎学力が蓄積されている国だからこそ、できるんです。
だからこそ、世界有数の海軍国家となり、帝国となったわけで、そのノウハウは敗戦後も受け継がれている。最近よく耳にする二式大艇ネタはまさにそれで、ノウハウはそのまま継承されてるわけですよ。
韓国も中国も、表面的なものは盗んでいきましたが、成立までに要した基礎学力は受け継いでいないし、さらにいえば、運営ノウハウを盗んでいない。

よくわかんないけど動いている

両国とも、そういうあやうい運用をしているんです。
あ、いうまでもなく、二式大艇の子孫は、先年辛坊救出したアレな。
韓国の言う「造船大国」「先進国」、このはりぼてが、木っ端微塵に打ち砕かれたのがこの事故の本質で、ようするに事故原因というのは「盗むだけで学ばない韓国の文化」という結論です。
え、扶桑? あっ、初春さん、じっとこっちをにらまないで、怖いから。

経験から学ぶって大切なことだとお話しているのよ。

夕張が呼んでいるので、任務に戻りますわ。

【韓国旅客船沈没事故】遺族と生存者家族が病院で衝突!!遺族「うちの子はいったいどこへ行ったんだ」→生存者家族「なぜうちの子に文句を言うのか」

これ見たらうんざりしないか。そうでもないか。
自分さえよければいい、悪いのはいつも他人、こういう人間が集まるとこうなる。
私もこういう人間だから、身につまされるんだけどね。

日中間の解決済み損害賠償問題蒸し返しに危機感 日本、ICJへの提訴も視野

報道どうなるか見守ってました。
日本の、じゃないよ。そんなもんは大体想像がつく(笑)
この件の報道で、国際司法だの、国連だのがなんなのか、見えてくると思いますよ。まあ、則脱退しろとはいわんけど(笑)
分担金支払う価値ないのでやめます、くらいはカードに遣ってもいいんじゃねって話し。
報道内容によるけど。
明日には出揃うかな。

参考。

海外「日本は大好きだけど…」 日本の捕鯨に中止命令 外国人が激論

うん。なんかもう、いいや。
寝る。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/1630-ebadaaa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック