りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
つかれる
ゲームしてると
ゲームしたくなくなるんだ
なんでだ(聞くなよ)

今日は気分的にネタから。

板尾創路(50)、仮面ライダーに変身 すべての平成ライダーに変身できる能力を持つ

でも平成ライダーに1ミリの思い入れもない私にとって、どうでもいいニュースではあった。
京本正樹もまた出してやってはどうか。

しかし、艦これまとめのどこみても、【拡散】韓国が盗んできた日本文化のまとめ【画像】があるのは時代を感じるわ。それだけアクセスする人間が多いのかね。

艦これがらみは、潜水艦任務クリアすべく先ほどまるゆ出撃さしたとこですが、後は特になあ。オリョール周回に潜水艦欲しいくらいだから、欲だすとまた苦しむことになるし(笑)
舞風だけはたまにほりいってるのだけど、それよりもレアな人たちはぽんぽんでるのに、あの子にだけは会えない。なんでだ。

【動画】NHKの籾井会長「誤解と迷惑をかけ申し訳なく思っている。NHKのトップとして、放送法に基づき職責を全うしたい」民主・原口一博への答弁

そんなんだからネトウヨといわれるんじゃあるまいか。民主はクソだが、このスレもクソだと私はおもう。
本題に入る前にとりあえず、今日はじめて篠原孝の存在を知った。

民主党は底辺の層が厚いなぁ!

よしもとより芸人の層が厚い。



肝心のNHK関連ですが、切り口はすばらしかったろ。これ以上はないというくらい、的確な突っ込みどころだった。
光の戦士原口がなまくらだっただけやん(笑)
橋下なら、辞任に追い込んでるんやないか。文字に起こして読み返したら、突っ込みどころ満載なのはいつものことじゃあるが。

『「不偏不党」は中間に立っていればいいという意味ではない』
サイゾー連載 神保哲生のメディア語講座 2005年3月号


覚えてる方も多いんじゃなかろうか。中川氏がまだ存命だったころだ。
この人の指摘は正しい。私もまったく同じ考えだ。
ただ、決定的に違うのは、起点となる問題意識の部分と、落としどころだ。

まず、問題にするスタート地点が間違っている。
「NHKはいまだかつて、不偏不党であった時代があっただろうか」
という視点に欠けている。
グーグル原口氏が指摘すべきだった点は、「いまだかつてNHKが不偏不党であったためしがないから、会長のみに編集健を与えているのはおかしい。これこそ民主主義への冒涜ではないか」と、NHKの制度改革、もっといえば解体まで踏み込むべきだった。
会長の人事によって、報道内容が偏るという組織のあり方自体を問題視すべきなのではなかろうか。

着地点。
先のコラムのオチの部分で言えば、「大東亜戦争を好意的に捉える」「従軍慰安婦なんてなかった」「竹島で虐殺された漁師の物語」といった企画があってはじめて、バランスが取れるといえる。それが必要なのかどうかはともかく、人を批判する企画ばかりで、なにかを見直す、肯定的な意見を取り上げるという視点に欠けているのは、さすがジャーナリスト、というべきもの。

問題点。
「第三者の口を借りる行為であれば、取材という名目でなんども正当化できる」という、無責任かつ、責任の所在をあいまいにする行為。これはTV朝日が毎日やっていることなのでおなじみのことですが、きわめて重要な情報に対する裏づけが、いつも決定的に欠けている。このような報道のあり方そのものが、ジャーナリズムには特定秘密が戦後ずっと存在し続けている、と指摘されるゆえんでもある。
記名記事を称揚し、ネットの無記名意見を卑怯とののしる一方で、今回に関しては「そんな記者は居ない」と朝日新聞は逃げた。記名記事ではなかったから、といいたいのだろうか。だとすれば、取材行為の一環として行った質問の内容に関して、その不適切さの責めを負うのは朝日新聞、ということになる。しかし、朝日新聞は会長就任会見の場で「特定の立場を表明すること」やむなしという質問を発したにもかかわらず、その責任については、釈明も説明もしていない。きわめて無責任といえる。

ようするに、ジャーナリズムにおける責任というものは、常に自分にとって不都合になると「一方的に言いぬけられる」ことを足がかりとして、我々受けての声を踏み潰して、雲の上へと逃げてしまうことをいう。
であれば、総理大臣やNHK会長が同じことをしたとしても、非難するいわれはない。
国民がどれほど怒り、疑問を感じても、耳をふさいで無視を決め込む姿勢が、日本のジャーナリズムの本質である。
しかし彼らの論理では、これは卑怯な行為ではないらしい。
つまり、「靖国参拝については丁寧に説明していく」という安倍総理は、ジャーナリズムの意見や声などは無視してもかまわないということになる。批判している側が国民の声をまったく無視してかかり、自分たちの一方的な意見だけを主張しているのだから、総理大臣がこれをやってはいかん、というのでは、筋が通らない。

ここでNHKにもどる。

よく知られているように、NHKにおける犯罪報道の基本は、「在日朝鮮人による犯罪行為は、通名報道が原則」である。
近年は、サンケイや読売、あるいはTBSも、通名と本名とを、あるいは本名のほうを報道しているため、一見バランスはとれている。
問題となる点は「なぜ通名が原則であるのか」という点だ。

特定の国籍を報道することにより、一定のバイアスがかかるから、というのがお定まりのいいわけだが、それならば、年齢、性別、職業も同様の扱いにすべきだろう。盗撮したのが自衛官であれ、教師であれ、NHK職員であれ、それは個人の犯罪であって、組織が関与しているわけではない。ただ、我々はそうしたニュースを受け止めるとき、あまりにも頻度が高ければ「またか」と考え、一定のバイアスをかけて、ニュースを眺めることになる。
これは偏見、差別の助長行為には当たらないだろうか。
あたるとすれば、規制すべきである。あたらないとすれば、なぜ在日朝鮮人だけ例外なのかということを、説明する義務がある。

特定秘密保護法においてさかんに比較論が持ち出された。よく引き合いに出されるのがアメリカだ。では、犯罪報道におけるアメリカのルールはどうかといえば、通名も、通称も、本名も、全て列挙が原則である。それによって偏見が生まれる可能性があったとせよ、それを乗り越えるだけの倫理と道徳、そして事実認識を学ぶことのほうが重視されるからで、一次情報としての報道姿勢としては、全て公開が大原則である。世界の報道を眺めても、特定民族の犯罪行為だけを恣意的に隠蔽するような報道は、おそらく存在しない。

もう一例。

ご存知のとおり、ヘイトスピーチに関し、NHKは大々的に犯罪報道として報じた。ヘイトスピーチなる造語の定義が定まっていないにもかかわらず、である。このことは既に放送法の大原則を考えれば異常だが、裁判結果を受けての報道ということで、百歩譲ってありだとしよう。
では、内容に関してはどうか。
これも既に知られているとおり、数々の暴力行為で刑事事件を引き起こしている、通称しばき隊の名は伏せ、あたかも特定の思想がない市民活動のように装い、実態としての活動についてはまったく触れず、それどころか、後援者である現職参議院議員、有田氏の主張のみを取り上げる姿勢というのは、かなり異常なことといえる。なぜならば、殺人事件についての報道、あるいはオウム事件の報道であっても、被告側の主張は一応周知される。それは「被告側にも主張があり、人権がある」からで、例の在日特権を許さない会の裁判結果については、被告側の主張はまったく取り上げられては居ない。
NHK他主要メディアは、彼らには人権がないといいたいのだろう。とんだ民主主義もあったものだ。

在日朝鮮人学校による、公共の場の恒常的な不法占拠に対する抗議活動、という動機が報じられていれば、判決に疑問を持った人間も居ただろうし、あるいは、裁判記録を見れば何が焦点であったのかを正しく理解し「主張はどうあれ、その行動については到底認めることはできない」と考える人も居るだろう。
どう受け止めるかのイニシアチヴは常に我々の側にあるのであって、NHKにはない。にもかかわらず、NHKは我々に対して「どのような意見を持て、予断を持ってこの事件を見ろ」と報道しているのである。
これは不偏不党だろうか。
そして、他のメディアもこの裁判をいっせいに報じながら、少なくともTVメディアではただの一社も、在日特権を許さない会の側の主張を、私の知る限り報じたことはない。
これでは魔女裁判と同じというほかはない。判決は既に決まっていて、我々は、その判決に異論を挟むこと自体、禁止されている。

「決まってことなのだから仕方がない」

という言葉と、同じではないだろうか。
北朝鮮や中国を、我々は笑えるだろうか。

NHKは不偏不党であったか?
問われるべきはこの点であって、会長の進退などは、この前には些事といえるのではなかろうか。
それとも、私の考え方が間違っているのだろうか。
殺人犯の主張すら取り上げられるにもかかわらず、なぜ在日特権を許さない会の主張は、一度も取り上げられることがないのか。そのことについて、明快な回答をいただければ、いつでも考えを改める。
「差別はいけない」という錦の御旗はいらない。「これは差別なのか」という議論のないままに、差別であるというレッテルが貼られていることを、私は問題視しているのだから。

【動画】アングレーム国際漫画祭に行かれる方々へ「韓国の作品に騙されないでください」日本人女性がフランス語で発信!字幕付-Chers tous ceux qui iront au Festival international BD d'Angoulême-

我々が学ぶべきことは
「世界には良心も正義もない」
ということなのかもしれないね。

田母神俊雄「テレ朝『朝まで生テレビ』の田原総一郎氏との対談収録をしました。一方的に質問と主張をされ、私が自由に話す時間はほとんどありませんでした」

一方的に質問だけを発し、相手に物を言わせない。これがシステマティックに行われ続ける環境が、不偏不党、公正だといえますかね?

今朝の朝日新聞一面 「『明日、靖国に』 韓国側絶句」「首相参拝の陰 消えた首脳会談」

で、朝日は「反日プロパガンダ新聞」ということでいいよ。
NHKは不偏不党だよね。
上であえてつっこまなかったけれども、「NHKは」不偏不党なんだよ。
「メディア全体でバランスが取れても」しかたない。それは「NHKが不偏不党ではない」と主張しているのとまったく同じだ。
番組は見ていないのでわからないが、ナレーションで「このような考え方をし、行動する一部の人が居る」と、ナレーションを入れるだけでもずいぶんと意味は違ってくるが、それをやらなかったんだよな?
「NHKは不偏不党」だ。であれば、番組内である程度のバランスをとらなければ、著しく偏っているという批判は、あたっているよ。ほんの数秒のナレーションを差し込むだけで、ドキュメンタリーとして成立する。
もっとも大前提として、「他人を害しようという集団をNHKがしいて報道する理由」のほうが問題なのだが。
それは「偏見を助長する」ものではないのかな。
ヘイトピーチですよね?

【政治】山本太郎議員「参議院のルールでは、『上着を着用する』とだけ書かれていて、『ネクタイ着用』は書かれていない」

揚げ足取ったつもりの低脳ぶりが、いかにも虫並みの知能を連想させますが
国会議員は国民の代表です。
国会はフォーマルな場所です。
フォーマルな場所に行く場合、フォーマルな服装を求められるのは、社会通念上当然です。
丸裸に蝶ネクタイはフォーマルではありませんが、お前の頭の中ではフォーマルなんだろうな。

村山元首相「国を売るような首相があるか!」…安倍首相を厳しく批判

少なくとも、私の周囲には多くの靖国参拝肯定という人間が居るが、私も誰かに国を売っていることになるのか? 誰に対して売っているのか、明確にしてから口を開いていただきたい。
安倍も私も周りの人間も、あなたたちをみていて「日本買います」という気分なんだが。
牧史郎は誰だ。

【日本海呼称問題】テキサス親父が韓国人に激怒「憎悪を煽り立てるために、米国や米国の教科書を利用するなんて許せない。ヤメやがれ!」

最後のガンマンか。
日本で陳腐化されたなんちゃって西部劇ではない気骨が、まだ残されてるんだなあ。

STAP細胞の小保方晴子さんがマスコミの報道にブチ切れ!?「マスコミはいい加減にしてほしい」

意識して突っ込まなかったけど、本人からの声が上がったのでネタにします。
あいつら山中教授ディスりたいだけなんだよ。
そしてあっちとこっちは、少なくとも今は決定的に違う。
こっちは現在、治療のためというよりも、人間本来が持っている治癒能力の解明、老化のメカニズム、といった生理学上の人体のなぞの部分の解明に、飛躍的な進歩が望めるということ。治療にはまだ使えない。厳密に言えば、若い細胞でしか現状成功していないということなのだから、老いた細胞ではなんの役にも立たない可能性もある。
役に立たないというのは治療に限った話で、年寄りの細胞から作れないとなれば、そこに老化のメカニズムを解明する手がかりがあるかもしれない、ということでもある。

24: ファイヤーバードスプラッシュ(佐賀県) 2014/01/31(金) 23:52:13.80 ID:PLSx/dvO0
マスコミは「有名にしてやってる」ぐらい思ってそう



そういうことも含め、治療に応用できるだろうか、あるいは、それが無理であっても、さまざまな生物のメカニズム解明の役に立つかもしれない、その岐路に立っている大事なときということだよ。山中教授は、はっきりとこれを嫌った。しかも言葉の端々に、意図的にだろう、保守を思わせる強いメッセージをこめてマスコミ対応をしている。日本のメディアというものをよく知ってるからだろう。民主党のとき、それによってどれほど研究が遅れたのかを考えれば想像はつくし。

そして、彼女の主張は黙殺される。

報道が沈静化したとせよ、自分たちにとって不都合な「彼女の主張」は、決して取り上げない。謝罪もしない。
一社でもそういう姿勢を見せれば、随分印象が代わるのだけれども。
このニュースの一方を聞いたとき、一瞬iPS芸人が頭をよぎったけれども、ネイチャーが裏づけを取ったということでほっとした。そして「安倍は持ってるなあ」ということ。
ただの偶然でしかない。
その偶然が、あたかも狙い済ましたかのように重なることがある。私は無信教だが、あえて天命という大げさな言い方をすれば、やはり安倍は「持ってる」としか言いようがない。
次は韓国で何かがおきるのかね。

遅くなったので寝る。楽しいニュースが台無しだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/1579-243163b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック