りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
例のアレ
特定秘密保護法案も
韓国も
中国も
しばらく目新しいネタはでてこないっぽい。
しいていえば

【東京新聞】「ひみつのアッコちゃん」の替え歌「ひみつの安倍ちゃん」がネットで広まる

【びっくり速報】特定秘密保護法案反対デモに中国人が参加wwwwww 「ギ員の国政调查权は?」と簡体字で訴えwwwwwwww

【特定秘密保護法】東京新聞「『新しい戦いのはじまりだ!』今日も市民らが怒りのデモ行進」 → 調べてみたらみごとに全員プロ市民でしたwwwwww

【秘密保護法】国会審議中に靴を投げ込んだ男を逮捕

自分の思い通りにならなくなったら、靴投げつけるようなのが、おれらの代弁者?

大便者の間違いだろ。

こいつらのレベルって、配偶者が思い通りにならないからって殴りつける、DVうんこ虫と同じレベルだぞ。
反対派にはそのレベルの人材しかいないのかよ。

関連。

テレ朝で革マル自爆の最高な放送事故!!!!! 特定秘密保護法案反対デモ参加者の身元が判明!!!!!

報ステ、やらかすwwwwwwwwwwwwwwww (画像あり)

せめて本当の一般市民つかったらどうか。

流行語大賞に国民から批判殺到! 発表の瞬間に会場から大ブーイングwwwwwwwwww

まあ。
金のためなんだし、いんじゃね。
別に興味ないからどうでもいいよ。

【閲覧注意】ローソンに完全にアウトなのが売ってるwwwwww (画像あり)

こういうスレのほうがほっとする(笑)

報道特集も、もう笑いもでてこなかった。
ひどい。
人の心をなくすと、あんなことまで出来てしまうのかと、しみじみ思う。
論点のすり替えだけで、メディアが個人を犯罪者に仕立ててしまう。これこそ、暴力じゃないのか。
加害者が被害者に、被害者が加害者に、が日常的に起きているマスコミなら、そういう感覚なのかもしれないが。
殺すぞ、といわれたら、おまえらから順番に殺されてくれるってことだよな。そう受け取った。
それなら戦争反対、中国の虐殺はきれいな虐殺、でいいよ。

米国人「遠く離れた米国に慰安婦像建てる必要ある?」「ロス暴動以来、韓国人にはレイシストの印象」

そういやこんどは、女に目をつけたみたいなのな。
以前から、女性何とかは多かったが、いきなり不自然なCMがながれまくってるね。
女子なんとかセンターだの、女性なんとか会だのに改称するんだろうな、秘密保護法でアウトな人たちは。
冷静に考えてみて欲しい。
「女の立場に多って考える」ということと「女のいいたい放題を許す」は、まるでちがう。
たとえば、専業主婦がCMのようなことを口にして逆切れしたとすれば、男女平等という視点から考えたとき、著しく不平等だ。
家事や育児は、分業の結果だ。だから、離婚のとき収入を二分して、財産を分配する。
労働への報酬なのだから、「手伝っていただく」だよ。
共働きなら、また事情が違う。
それぞれの家庭に事情があるのだから。
女がこう主張することはいいですよ、ということならば、女が男に対して放つ言葉も、きっちりと「狩って」いかなきゃならん。「女がすき放題にものを言えること」が、「人権を守ること」ではまったくない。

権利を振りかざすヤツはそうやって自分の欲望を正当化する

私は女の気持ちなんざしらんが、あれみて「そうだよねー」とおもうのか?
それなら、特定秘密保護法案から逃げ出す暴力集団にとって、「女」というのは、都合のいい逃げ場だろうと思う。
そこまで日本人の女は馬鹿なのか? 私はそうはおもわないんだが。
少なくとも、私が知っている人たちには、杓子定規で女の優越性を語って権利を振りかざす馬鹿は、一人もいない。
権利は守られるものであって、振りかざすもんじゃない。
相手の気持ちや立場を慮るってのは、女から見ても、男から見ても、それ以前にオスメス関係なく個人に対して払うべき最低限のマナーだろ。
そして、時としてそれは配慮にかけることはある。それをいちいち重箱の棲みつついて取り上げ、権利権利と怒鳴りあげることが、問題の解決に繋がると本気で考えている人間がいるとしたら、猿と脳を交換したほうがいい。
よほど人間らしくなる。

先に引用したヤフーのコメントも、冷静な意見が多い。専業、兼業の差もあるだろうし、家庭の環境や価値観で、言葉の感じ方は変わってくる。
それを「かくあるべし」と強要するようなCMってのは、同性から見ても「なんかちがうな」というのはあるんだろう。
本当の意味での女性の権利を言うのなら、つまんねぇCMなんぞ作る金で、「男が育児にガンガン参加できる環境づくり」したほうがましだろうし。習慣化するまでは、法整備でもいいだろう。
社会環境なんてのは、20年スパンくらいでゆっくり変えていかないと、上に立つくそじじいが死ぬか心入れ替える意外変わらない。私ももう、そのくそじじいの側に入りそうだけれども、人権や権利を守るためには、いい意味で価値観をぶち壊す方向に金と労力を使わなきゃ意味がないよ。
女の権利を言うのなら、馬鹿女にものを言っても「あたりまえだろ」という環境が必要になるし、馬鹿男がなんかやらかしてるのを晒しあげる、は、まあ今もバラエティでやってるけども、それを「女の目線」でなく、「男の目線」で「あたりまえやろ」と言わせないといかんでしょ。
バラエティは、そういう使い方をするもんだと思うよ。
韓国人みたいな価値観の女がスタンダードです、みたいな見せ方をされれば

ばかばかしい。誰が女なんかつくるか。

と、若い世代はおもうんじゃないの。
そうさせてきたメディアの責任は大きいんじゃないか。同性が見て、不快に思うような女はぶったたくべきやろうとおもうわ。
実際、ストーカー殺人なんかの突っ込んだ話をしているときは、女のほうが被害者に対して手厳しいし、世の中モンスターみたいな女のほうが少数なんだよ。
男女ともに異性への甘えがあるのが当たり前。それを全てなくせ、と主張すること自体がナンセンスだし、狂ってるよ。
あたりまえの人間関係が全て法律や条文によって縛り上げられる世界は、それこそ権利のない社会だろうに(笑)

ジャップ連呼しているのは誰? → 韓国人ということが確定

だって当のアメリカ人なんて、いまごろジャップなんかつかわんよ。
連呼してるのは、日本の左翼組織暴力と、朝鮮人くらいなもんだ。
彼らの生きてる時間軸は、14世紀くらいから、昭和30年くらいで止まってるから。
ロカビリーでも歌ってうんこしてろよとおもうわ。
友人によると、私も相当ずれてるらしいから、人のことはいわれんが(笑)
だって、その時代の生き物やもの。

中国が 「隠れた経済制裁」を発動、日本株3兆円超を投げ売り

122 :名無しさん@13周年:2013/12/07(土) 23:09:38.50 ID:ZM5N5/Xt0

主要株主から中国系が抜けるって、ありがたいことじゃないか。



というかこれ、「経済制裁」なんかじゃなくて「本格的にやばい」んじゃないか?
日本の国債がえらいことになってる、という話はきかんし、それは制裁になってないという…
逆に、フライトプラン提出しないと金とるぞ、と日本の航空会社あてに恫喝してるけど、「わかりましたやめます」つったら、コリアン系とシナ系で独占できてバンザイ、くらいにおもっとるのかね。
そうなれば痛手があっても日本の大手航空会社は中国便とめかねんし、それは政府が保証するやろうし。
そうなると報道しないわけにもいかんから、なんぼマスコミが安倍のせいにしても、仕事以外で中国にいくヤツなんか、いなくなるんやないか。
日本人の「空気を読む」文化をなめすぎてる。「敵国」の文化を全然研究してない。
日本はちゃんとやってほしいもんだけど。


尖閣上空に空自F-15戦闘機…中国紙「J-10戦闘機の敵ではない。心配しなくてもいい。」

そう言う問題なのか(笑)

安部首相「朝日と毎日はなんでも戦争と結びつけ非難する。ダブルスタンダード姿勢には唖然とする」

このとおりに運用されるという保証もないが
朝日毎日がつば飛ばして叫んでる内容に比べれば、妄想で頭いかれてる手合いのものではないわな。
こういう発言ができる場所が必要だよ。TVで。
当面、まだTVの影響力は続くし。
大事なのは、一方的に垂れ流せるメディアが必要という点。
それによってはじめて対立軸が明確化し、「どちらがより理性的、論理的なのか」を、国民が判断できる。
それでも騙される馬鹿なら

んな法律なくたって早晩滅ぶよ日本は

利口なら、対話の蜜も残されてるよ。
但しそれは「有効」という、耳障りがいいだけの寝言ではないかも知らんが、狭義の「戦争」ではないやろ。
たぶん。

寝言言い始めたので寝ます。
のっけから寝言しかいってねえ、って話もありますが。
やる気でないんじゃよー。

25 名前: ジャンピングDDT(関西・東海):2013/12/07(土) 16:37:35.41 ID:emfWtlLx0
中国漁船衝突事件後、衝突映像の公開がされる流れは
その政治家のスタンスがよく現れている
素晴らしいリトマス紙になったよ
分かりやすい例としては福島瑞穂の発言だ
議員のみに視聴を許された段階で視聴後のコメントが
「コツンと当たっただけですぅ」


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/1527-64591690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック