りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
今度は朝日まで参戦して、北朝鮮の航海処刑ネタやってましたが
続報来たけど、こういう流れになるとは(笑)
これひょっとしなくても、親韓が北の工作を利用したのか? いやま、わかんないですけとね。
フランスで公演した、銀河なんちゃらかんちゃらいう

つーかおまえら銀河好きだな

ジャンプ読者なのか? まそれはともく
あれは例外としても、北のいわゆる歌手って、ほとんど女だろ
其の比率が「あれの本質がどういうものか」物語ってるじゃん(笑)

しかし映画観る時間ないなあ。
あ、そうか。

ブログ更新やめればいんだ

魔法はあったよ!
なわけで、例によって適当です。
いや、うん。
ブログ更新は艦これプレイの貴重な時間なんすけどね(笑)

映画「パシフィック・リム」は中国のイメージをおとしめている!日米同盟を反映―中国紙

中華思想ってすごいよな。

しってるか。あいつら15世紀くらいから進化してないんだぜ。
むしろ劣化しとる。
この映画にからんで、ひとつネタあるのだけど
友人にとことんしゃべったのでもう飽きた
気が向いたときにでもやります(笑)

韓国、アシアナ航空機事故を受け、米連邦政府・米国ボーイングを提訴

アメリカは本気で怒ってもいい。

というかさ。
距離感がびみょーな、同盟国とはいえないような国の移民が悪さしている相手に対して、国内で警戒感が高まってることに気づいてないのかね。
気づくわけないか、朝鮮人だもんな。
ソマリアにしろ、先日のアメリカンボンバーにしろ、後者は陰謀説が早速飛び出してますが、政府主導にせよ、国民感情にせよ、「アメリカの精神を尊重しない、傍若無人な犯罪者たるニューカマー」に対し、感情的になってるのは、日本国内に流れてくるニュース見ててもわかるけど。
ケニアのあれにアメリカ人がいた、て話もそうだよね。まぁ、黒人を侮辱してぶん殴られたら被害者面した韓国系だの、地下鉄のホームに突き落とされて殺された韓国系だの、あるいはレイプしにきた報道官だの、さらにいえば、他国の空港で事故おこして、その調査が「韓国に不利に働くかもしれないからやめろ」なんぞという要求を平気やる相手に対し

アメリカ人が好意を抱くと思うか?

テキサス親父の動画が、このおっさんのアメリカ人らしい、大げさでシニカルなキャラクターとあいまって拡散していたり、それに対して韓国人が発狂したかのごとくコメントを寄せているのも、『どう見えるのか』ということに、信じられないほどの無頓着ぶりを発揮している韓国人を見ると、人事ながら「誰か止めろよ」と思ったりもする。
テキサス親父は、キャラこそあんなだが、しゃべってる内容は極めて論理的で、実際のデータを提示しながら話すため「黒か白か」の世界にいる欧米人にとっては、説得力のある内容なんだよね。日本人が見ると、やや不謹慎に見えたりするのだけど。
そう言う相手に対しては、沈黙を持って報いるか、論理的反論を行わなければダメなのだけど、感情の爆発でしか議論をする習慣のない韓国人にとって、彼らの反論というのは墓穴でしかないのよ。
日本人は、「きちがいは避ける」という行動様式なので、それで通ることが多いけど。
まあ、その日本人が反論し始めたから、はしごはずされたクネは、軍事的圧力で日本を恫喝するくらいしか、クネノミクスとらの中身がなくなってるんですが、続けて韓国の不祥事だもんなあ。弱り目に祟り目とはよく言ったものだけど、あれなあ、つまるとこ、いろんな悪循環が積み重なってると、一気に噴出するという因果律で、JR北海道みたいなもんなんだよね。
起こるべくして起こってること。
不運でも不幸でもなんでもない。

ただ、クネの下にいる官僚はまともなようなんで、竹島に海兵隊上陸させる、といいだしたクネを、前回は押さえ込みましたが、さて。
実際日本が攻撃を仕掛けることはないのだろうけど、海兵隊が上陸してくれれば、自衛隊は攻撃可能になるんだよね。そういう国際常識ってのが、あのババアには致命的に欠けてる。

米アップル「竹島は日本の島根県」 → 韓国政府介入へwww

「アップルは市場の期待に応えられず、株価下げたから(震え声)」

ってNHKが報じていた意味を考えてましたが、これみると確信するよなあ。

りんごは韓国をぶっ殺す気だ。

厳密に言うと、サムスンを、だけど。
後生大事にギャラクシー抱え込んでいたドコモを落とし、これもまた

「日本製がピンチだから(震え声)」

と報じていましたが、一連の流れから観れば明らかだろ。
アップルは本気だ。
だからこそ、廉価版の販売なんだろ。
ついでに日本もぶった切るつもりではあるだろうけど(笑)、主敵は韓国。間違いないだろ、これ。

韓国の冬季オリンピック開催不可能すぎワロタwww

ベストな方法は、開催権を返上して、ドイツに返すこと。アジアで冬季五輪は無理。既にソチもあれだが(笑)
つーかさ。
五輪を都市開発の起爆剤にしようという、間違った使い方をするからだろ。開催する能力の有無の検討が前提じゃないからこうなる。IOCってあほなの。

あほだからああなのか。

ああなんか納得した。

日本在住カナダ人のミカエラさんがカワイイ区の新区長に!海外の反応

すまない、世界の人、すまない…

これ、なんの意味もないんだよ

むしろ犯罪なんだよこれ

TBS系列のRKBと、元朝日系列のKBC出身ばか市長やらかした、とある利権がらみの錬金術なんだよ…
それがばれたから、急に白羽の矢が当たっただけなの。意味なんてないんだよ。犯罪行為の隠蔽なんだ。

【慰安婦問題】 フランスで響いた絶叫「日本は謝れ」 仏決議案採択のため、議員と政府の協力ひきだしていく

慰安婦が自らウソを証言「朝鮮戦争当時、日本軍に無惨に踏みにじられて悔しい思い

日本軍はまた時空を越えてしまったらしい

どんだけ強いんだよ日本軍…

【北朝鮮】突然ミサイル発射準備キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!

まさか本気で朝日の記事に切れたの?
いやまさかな。でも独裁国家だからなぁ(笑)
スレでは食料という見方が出てますが、うーん。「衛星で見てるから」てのはわかるんだけど、見せる相手はアメリカ人と日本人、しいていえばドイツ人だろ。ドイツ人はミサイルなんてこわかねえし、肝心の日米国民のしらんところでやっても、挑発にも恫喝にもなるまい? 韓国人だけ知っても、なお仕方あるまいに(笑)
原子炉動かしたニュースはやってたけど、挑発はロシアが嫌がると思うんだけどなあ。

中国「朗報にも悲報にも動じない大和民族 関係改善を急がねば、とんでもない相手になるかも知れない」

五輪の隣で核実験やった国がなんだって?

あと国内ちょろっと。

『入国難民法』在日1世が不法滞在になれば、遡及もなしにその子孫も不法滞在→【密航者は強制送還、物証は法務省が保存】すでに議員が動いてる模様

これは

暴力団やテロリスト集団の犯罪対策『共謀罪』創設法案、通常国会に再提出へ!!

セットだね。ありえないとはいえない。実現可能かどうかは別として。
ただ、クネ政権の間なら「まるっきりの妄想でもない」とはおもいますけど。
問題は

暴力なのよ

皆殺しにするわけにもいかんでしょ? 国民がそれ、許してくれれば今までもやれたけどさ。民間人も死ぬからやれなかったの。いくら暴力団でも、自衛隊にはかてんでしょ(笑)でも、そんなことやれば治安出動の前例を作ることになるし、かといって、警察の手には余る。ロケットランチャー出てきたでしょ。警察にも死者が出るし、なにより民間人への被害は絶対に避ける。なんだかんだで「市民の命」を優先してきた結果が今だから。
でも、このタイミングならやれそうってことでもある。
日本は法治国家なので、遡及はしないけど

【民主党】有田芳生議員がヘイトスピーチ「ドアホ!」

この人の

レイシストしばき隊がデモ撮影者をしばく!! しばき隊リーダー野間易通さんがしばき隊の悪事を写真付きでネットに公開!!

存在が

「現在進行形」であるので
とても都合がいい
ついでにいうと

安愚楽牧場事件:初公判で元社長、起訴内容認める

「不実」認めちゃったけど
某党首は「知らなかった」で済ませるつもりなのかね。
知らなかったで済ませれば、無責任な情報発信の責任を取らせられるし
知ってたなら共謀だ。
後者のほうが罪は重かろうが、どうすんのかね。

靖国放火未遂はまあ、なんつか。
あの微妙な書き方で「こいつは在日ですよー」みたいな発信をはじめたのかもしらんなーと。奥歯に物の挟まったような言い方だけど、今はもう、隠したってすぐばれるからね。スポンサーへの抗議は効いてると、好感触の結果(というか、経過、通過点)として観ることもできるのかもしらんなと。
これで満足したら、また同じこと繰り返すんだろうけど。
少なくとも、去年、謎の女子大生質素事件についてあれこれ書いたときには、だーれも反応しなかったけれども、今はあれよりも小さな事件でも、わずかな手ごたえがある。それってやっぱり、「関心が高まっている」ということなんだろうとおもうよ。
もう、後戻りはできないってことだと思う。

陸奥さん大破したのでおやすみなさい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/1459-cd051a6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック