りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
うぉんBAD
明日は丸まるゆっくりするつもりなので
まずは本格的な冬支度だな……

北朝鮮で280万人に栄養対策必要、穀物収穫は改善=国連

まだ国連でこんなこといってんのか。
あのですね。
人権に配慮するなら、かの国の国民の6割を死滅させる覚悟で望まないとだめなんだよ。
生産人口が餓死しかかっているというのは、いい兆候なんだぜ。
だから、今回の会談で日本に謝罪と賠償求めてるでしょ。金も食うものも、ほんとにやばいんだよ。

ドイツがいらんこと太らせてるが。

支援するのなら、食料と武器と情報ツールセット。でなければ、未来永劫、あの土地に生まれてくる人間に不幸を背負わせることになる。心から救済を願うのなら、労働人口が死に絶えていくのを、見守り続けるしかないんだよ。戦争もいや、武器供与もいや、革命工作もいや、なんだろう?
人道という言葉を口にするのなら、未来もセットでなければ意味がない。それを保障できないのなら、死んでいくのを見守ることこそが、人道的立場だよ。
あの国は、食料を売って外貨を稼いでるんだぜ? 自給自足できないわけじゃないんだよ。国民から食べ物を取り上げて、金にしてるの。国民が飢えているのは北朝鮮の社会構造の欠陥であって、飢餓の本質はそこじゃないか。
日本人が雇用がないといってたら、おまえらは日本に雇用創出してくれるのか? やらないだろ。日本にはそれをやる力がまだあるし、自分でやれ、と考えるだろ。

身を切れ。


「さくら荘のペットな彼女」の「サムゲタン騒動」中国オタクの反応


早速中国が反応したか(笑)
いや、サムゲタンは朝鮮料理ですよ?
朝鮮人参はいってるから。
例を挙げよう。
引用。

1990年代、スンドゥブ・チゲは米国ロサンゼルスのコリア・タウンの人気メニューになった。豆腐が健康食品ブームでもてはやされたことが背景にあげられる。1996年にオープンした専門店「BCD TOFU HOUSE(北倉洞スンドゥブ)」が米国内にチェーン展開を始め、やがて韓国に逆輸入されるに至る。それまで、一部に有名店はあったものの概して食堂の安いメニューというイメージのスンドゥブだったが、逆輸入専門店チェーンに加えて国産の専門店チェーンも誕生し、競争を展開するまでになってしまった。



ここで注目したいのは、先行して豆腐ブームがあったということだ。
しかし、豆腐というのはアメリカ人の舌には合わない。ジャンクフードで馬鹿になっている大味な舌では、豆腐の味わいはよくわからない。なので、豆腐とピーナツバターをあわせてケーキを作るという

日「それのどこが健康食品なんですか?」
米「大味っていうナ!」
露「どんな素材も、一瞬で毒物にする技術は、うちの南の国にも負けないわね~」
米「マクガイバーは豆乳も食べてたシ!」
日「その直後に、ピーターがすごくまずそうな顔で食べてましたよね」
露「マニアックすぎて伝わらないと思う」



まあ、そういう暴挙やる国なので、素材自体がおいしい豆腐に、唐辛子をぶち込んで台無しにしてしまうというのも、アメリカ人の舌には合っていた、ということだ。

ここでみられる文化現象を、韓国の伝統という視点で切り取ってみると

・ほかの文化の話題に飛びつく
・自国の文化(と称するもの)を、混ぜる
・韓国独自の文化が完成


味覚であるとか
合理性であるとか
美意識であるとか
そのようなものに基づいて形成されるものでは

ない

という点で、それは韓国の文化に違いないのである。
ほかの例も挙げよう。
見た人間がたいてい衝撃を受ける、愛称「朝鮮猫車」
猫車といえば、日本でもおなじみのアレである。小回りが利くうえ、構造が簡単なので、世界中で使われている。
しかし、あれとはちがうものだ。
とっとと絵を見ていただこう。それで違いがわかる。

k_neko.jpg

お分かりいただけただろうか。

この写真は「朝鮮には何故水車を作る技術が定着しなかったのか」という説明をする際、引用されることが多いので、たぶんネトウヨにはおなじみのものだ。

朝鮮にはながらく
「木を同じ規格で曲げる」技術が存在せず」
「組み木、接木によって同じ規格の車輪を作る技術が存在しなかった」
「そのため、ひとつとして同じ規格の車輪をセットで作ることができなかったので、両輪をつけるとまっすぐ走らなかったのだ」
「そのため、これらの技術が理解できなかったため、水車は実用化できなかった」

この写真から推測できること
実際に水車が定着しなかったことから、きわめて合理的な説明である。
だが、私はもうひとつ、別な見方をしている。

まず、この猫車の原型がみこしであることに、異論のある人はいないだろう。
みこしは、担ぎ手がいて、それらが前後につき、しゃがむことによって比較的乗りやすい乗り物である。
日本でこれを改良しようとした場合

・もっと乗り心地はよくならないか
・乗り降りが楽にならないか
・担ぎ手の負担が軽くならないか

このことが、検討課題になるだろう。
ところが、朝鮮ではそれが問題にならないのである。
まず、担ぎ手は白丁である。彼らはいうなれば奴隷階級である。儒教の概念でいえば、人権に配慮する必要のない階級である。いわゆる「人権」という概念が生まれる以前に、「担ぐ人間の負担が減るように」という発想のあった日本には、「使う人に配慮する」という、基本的な概念は既にあったのだが(単なる合理主義といってはならない。人に配慮しなければ、これが生まれるのだから)、朝鮮にはそんなものは存在していない。この論理が、中国朝鮮の現在の社会構造に反映していることを、忘れてはならない。「単体でこの猫車は自立できない」以上、前後の人間はこの器具の構成要因、つまり「パーツそのもの」なのである。
猫車を思い出してほしい。使用しないときはどうしているか。壁に立てかけられる。地面に安定自立する。それは、そのように作ってあるのであって、人間はその器具の構成要素ではないのである。それはあくまでも道具であり、手の延長、あるいは足の延長であって、それを収納する、あるいは使用しない状態のことを、ほとんどの人は無意識に考えているのである。
この不合理さが、朝鮮半島の文化だといえる。つまり、彼らにとっては、「パーツである人間も道具とセット」なのが「あたりまえ」なのである。
道具としての合理性を追求するよりも、その労力を、奴隷階級で埋め合わせたほうが合理的だ、という発想で、ここを理解できなければ、朝鮮人や中国人のことは、決して理解できないのだ。
人権という概念が、そもそもないのである。

この猫車が、人間とセットの商品であることはおそらくまちがいがない。
では、何故かくも珍妙なものになったのか。
それは、車輪というものが伝わったことが、もちろん理由なのである。
車輪、水車というのは、先端技術であったはずである。中国はそれを当然のようにもっていたし、むしろエポック的な存在であったはずである。どこを経由したかはともかく、日本へも大陸から伝わっていた可能性はある。
おそらく、中国人がこのようなものを使っているのを見たことがあったはずで、その技術にあこがれた朝鮮人は、自分たちも作りたくなったはずで、そしておそらくは、つくったのだ。
ただ、前述のような理由で、一輪車とならざるを得なかった。
しかし、朝鮮人にとっては、それでよかったのである。
つまり、「最新のモード、技術を自国に取り入れられた」のだから、それで問題ないのである。
おそらくこれを見た中国人は笑っただろうが、朝鮮人はそんなこと気にしない。彼らは、中国人が何故車輪をつけたのか、というような「瑣末な理由」はどうでもよく、「車輪がついていること」が大事なのであって、それに伴う苦労には疑問を持たないのである。
朝鮮人がまともなものを作れない最大の理由はここにあると、私は考えている。彼らには「何故それをつくるのか、やるのか」という、最も根本的な視点が、抜け落ちているのである。

この猫車は、神輿と最先端技術の、不幸な出会いによって生まれたものに、ほぼ間違いない。

傍証はいくらもある。

朝鮮では食器を持たない、というマナーがあるが、これは日帝残滓だ、というネタは、度々やっている。煩瑣になるが、簡単に繰り返しておこう。
日本が朝鮮を併合した際、いろいろな意味でカルチャーショックを受けたのだけれども、その中のひとつが衛生問題で、世界中でも類を見ないほどの潔癖症である日本人にとって、朝鮮人の生活環境というのは、悪魔の所業に見えたに違いない。その潔癖さが今は不幸につながっているのだが、それはおくとして。
結果として、食生活の改善に着手する過程で、量産の都合からアルマイト食器を大量導入したため「熱くて食器がもてない」ようになってしまったと推測される。そんな馬鹿なと思われるかもしれないが、「合理的」の概念が違うことを理解してほしい。熱くてもてないのなら、床に置いたまま自分がそちらへ近づけばよい。それが「合理的」なのだ。姿勢的にすごく食いにくいことも気にしない。なにしろ、日本がもたらした、これらの「文化」を得たことに、素直に喜んでいた彼らにとって、その程度の不便さは「気にならない」のである。

ここでおもしろいことは、一度定着すると、不都合であってもそれが様式化されることである。
「食器を持たないこと」がマナーとなったため、「食器をもてなく」なってしまうのである。
そのため、いわゆるカップめんがない。おそらく世界中どこを探しても、朝鮮半島だけである。カップを持つことは「食器を持つこと」になるので、そのほうが合理的なのに「持てない」文化」があるせいで「ない」のである。
そのことを彼らは「ヨーロッパは食器を持たない。日本人は持つ。野蛮!」と喜ぶというより、必死で自己正当化するのだが、欧米はテーブル文化であり、日本は膳である。生活様式の差であって、なにより

欧米人もカップめんは手に持って食う

では彼らはどうするかといえば、袋麺にお湯を注いで、そのままたべるのである。そのため、日本の袋麺に怒る。「袋が薄くて破れる」「持つところがない」当たり前の話で、そんな食べ方をすることは端から推奨されておらず、なにより世界でそんな食べ方をするのは、朝鮮人だけなのである。

では、一般的な袋麺の食べ方はしないのか、といわれれば、そんなことはない。「じゃあなんでわざわざ袋にお湯いれるような食い方をするんだよ」といわれれば、それは「彼らの合理性」というほかない。彼らにとっては、わざわざ携行食品としてカップめんを作り、なべで煮るため袋麺を作るなんて「不合理なこと」は考えられないのである。だって、「袋を二つの用途に使い分ければいいじゃん?」
おわかりだろうか。

消費者のための合理性ではないのである

この基本的な志向があるため、朝鮮人とは商売してはいけない、するならば全てトップダウン式でいかなければならない、そのことの理由である。
では、なべで煮るとどうするか。
家族でつくれば、そのなべに顔突っ込むようにして、みんなで食う。
なぜ取り分けないときかれれば、そのほうが「合理的」だからである。なんか独身男性の合理主義のようだが、相通じるものはある。
しかし、近年はやはり「食いづらい」と感じ始めたのだろう。
そのため「なべのふた」を使い出したのだ。

なべのふたは食器ではないから、手に持ってもOK

これがほかのどの文化圏の人間にも、おそらく理解できない発想だろうと思う。
とりざらつかえよ!
普通、こう突っ込んでるはずである。
伝統がとにかく無条件に大事で
そのために、人間の側が合理性を捻じ曲げて合わせるのだ。
こんなめんどくさいことをやっている国を、私は二つしか知らない。
いや、厳密には北側はもう少し「合理的」である。

なぜそうなるのか

朝鮮系のスレではよく見かける言葉だが、私は結構、想像がついてしまう。
あれは、彼らにとっての、すごくまわりくどい合理化なのである。
このあたりを理解しなければ、朝鮮との外交はできませんよ。
みなさんもぜひ、そのような分析を試みながら、ニュースを見てほしい。
絶対に面白いから。


但し外交だけは寸土も妥協しないけどな。



【北朝鮮料理サムゲタン】流行ってるんでしょ!? 芸能人も食べてるでしょ!? 食べないとヤバイ! 孤独! 助けて! Twitterに「サムゲ美味しい♪」って書きたい!

サーチナが電波を飛ばしている(笑)

韓国参鶏湯の輸出 米中当局に環境整備促す

な?(笑)(ドヤ顔)

サムゲタンがガチでステマだった

発がん性物質について触れられてますが、それ韓国の全ての食品に言えることだから。
これだけやってだめなのは、私は察しがついてる。

朝鮮人参が台無しにしてる

それぬいたらサムゲタンやないやん(笑)
韓国土産で、ロッテのゲロまずい朝鮮人参ガムを、罰ゲームで食った人は結構いると思う。正直土の味しかしない。それを考えればわかることで、羹としては不味いし、薬膳としては、鳥まるごとなんてもんは重過ぎるのだ。スープとるだけなら、鳥はいらんし。
ようするに

病人に食わせるものではない

ステマ以外の何かだとすれば、脚本と監督と演出の知能が足りてないということなんだろう。そんなに騒ぐほどのことではない。
朝鮮人参が入っているのなら、耐性のない日本人の病人が食ったら、むしろ戻すよ。とどめさしてどうする。

もっと気になるのは
今はじめてくだんのアニメのバナーみて、絵を知ったのだが
友人よ
きみはでっかいおっぱいは苦手じゃなかったのかい?

原作では「おかゆ」を「サムゲタン」に改変 人気アニメ巡り「なぜだ」と大炎上騒ぎ

重要なのは
ほんの1年ほど前なら、これをステマと騒いだら馬鹿扱いされたということだ。
今は馬鹿扱いしていたやつらが、先陣切って突撃している。
ゆかいな時代になったものだと思う。
そして、メディアはほんと、学ばないんだなということも。
ここ1年ほどは、本当に時代の変化についていけてない。

民主党、次の選挙では死んでも落とすリスト

ぽっぽは「引退する」(キリッ)っていってたっけか。言葉濁してたんだっけか。
自民は見事だと思う。爺がごそっと抜けた。革新路線を候補者から既に打ち出そうって路線か。
辻の名前がないような。

報ステだかNHKがまとめやってたけど
経験値たりないとかいう以前の話で、基礎的な認識が不足しすぎてる。
ぽっぽの県外もそうだけど、沖縄は日本だけではなく、アメリカの国防の重要な一翼を担っているので、県外移設などはその観点からもありえない。それをやるためには、日本が空中給油機を持ち、全国の米軍基地にオスプレイを配備、同機が離発着可能な海洋ベース(空母よりもたぶん安い)を作る必要性があるだろうし、あるいは、日本自体が海兵隊を持つ必要があるだろう。まあ、それをやったら沖縄にはほんとに何もなくなってしまうから、沖縄県民のためにはならない気はするのだけど、県民の総意なら、そういう方向性で検討して言ってもいいのじゃないの。ようは、中国を封じ込められれば、意図は達成できるのだから。尖閣を要塞化してもいい。

民主がだめなのは、政策は出すけど、現状認識がないことだよ。「今この国はどうなっているのか」について、希望と妄想と想像でしか、考えたことがない。だから、思いつきで田中みたいなことをやれる。国がぶっつぶれなかったのは官僚のおかげと、最後に民主の中では一番まともな政治家が、総理大臣になったからじゃないか。

ようするに現状に対する危機感がまったくない

この3年間を要約するとすれば、これだと思う。
ちゃんとやることはやってる松原さんは、こんなとこですら評価されてるやん(笑)

自民党、義家氏「朝鮮学校無償化は阻止する!!」法改正案提出へ

非難されるのを承知で田中はどうするの?


「中華特区の悲惨すぎる滅亡がラオス国民を地獄の底に」 中国ODAが生み出した恐るべき犯罪地獄とは


中国がやるとこうなる。

韓国が巨費を投じて“スーパー都市”を建設、中国人観光客の取り込み図る―米メディア

韓国人が想像するとこうなる。

な。
来る人のことや、住んでいる人のことなんか、頭にないんだよ。
CGってのは連中に与えたらいかん技術なんだなとしみじみ思う。

とりあえず問題点。

・韓国に洋上建築の技術がない。あるとはおもえない。
・原発が平時でメルトする国なので、電力が足りない。そもそも、現状ですら国内消費をまかなえてない。
・建設する金がない。
・完成するころには中国のバブル終わってる。

民主党のマニフェストみたいだな。

安倍総裁「景気刺激型予算を組み公共投資増やす」「公共投資によって企業投資を引き出し消費を起こす」

古典的だが私にもわかる経済政策、そして効果のほどは実証済み。
耳障りのいいスローガンはもうたくさんや。

第三局? どうでもええやんあんなもの。
オチ。

「服の埃を掃除した中国人が大爆発する事件が勃発」 論理を超越したチャイナボカンに日本人も呆然

本人大変だから笑っちゃいかんのだろうけど
「ああ」
といってしまった私がいる。



事故ってことになってるけど。
私、よくこういうニュース見るんだが。
それじゃないの?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/1209-f21561fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック