りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
時間がない
というエリック・アイドルネタはおいとくとして

あの東日本大震災を忘れてほしくない。この動画を見てほしい。
(津波、地震の動画があります。ご注意を)

友人は内陸部だったので、津波の恐怖は体験していない、そしてライフラインが完全に壊滅していた「おかげ」で
日本が大混乱に陥っていたことを、見ていないんですよね。
皮肉だけれども、トラウマを軽減できることにつながったように感じています。

被災地から遠いほど
マスコミの発狂
関東の異常な混乱、暴走
政権批判なんぞ、している余裕もない異常な状態
それを痛切に感じ
あの時、粘り強く国民(というか、関東)に冷静になるよう呼びかけた、当時の枝野官房長官は、私はその部分だけは評価してますよ。さすが革マル派やで!
誰がやっても非難集中する中、よく切れもせず繰り返してくれたなとは、本気で思っています。あの時聞く耳を持たなかったのは、関東圏在住の少なくない人間だったことを、私は終世忘れない。

あのときの大混乱のエクスキューズのように飛び出した「絆」というフレーズが、私は反吐が出るほど嫌いなのだけど
同時に「ああ、恥の概念くらいはあったのか」とも思い
「でも、また繰り返すんだよね」とも感じている。
案外、今回の都知事選が、日本壊滅のフラグ立つか立たないか、なのかもしれない。
マスコミで後発有利と散々ささやかれてますが、あれ、裏を返すと

都民は政策なんぞみもしない 知りもしないばか者の集団

と断じられているわけで
それに対して、怒りもしなければ批判もしない都民の神経というのが、私にはわからない。
私も、日本一お人よしの馬鹿が多い地方に住んでいるけれども
震災でなにか学んだことがあるのなら、それがちゃんと政治に反映するものであってほしい、とは思っています。
昔馬鹿だったかどうか、なんてことは、どうでもいいことなので。
まあ、マスコミが報道するように、都民もほかの住民も本当に馬鹿なのだったら、総選挙年内にやっても、無意味な気はしますが(笑)

でも、これだけ人が死んでも、風化はしちゃうんだよ。
情報の伝播速度が速くなったおかげで、風化速度も加速してる。
私も、友人の安否に胃が痛くなる思いをしていなければ、きっと今は人事だろうと思う。
私よりもまともな思いやりの気持ちを持っている人のほうが、世の中多いのだから、前に進んでいくことは信じているけれども。

やるべきことはやらんか、この区そばかが

と、怒鳴りつけるやさしさも含めてね。

オーストラリアで韓国留学生が人種差別テロ受ける

オーストラリアでなんで白豪主義が根強いのかというのは、いろいろと理由がありますが
「白人だから」としかいいようのない側面はあります。アメリカでもどこでも、世界中でやってるから。
ただ、それが合いも変わらず今でも幅を利かせていることの背景には
かの地は流刑地である
ということにも関係がある、と思われます。
週刊朝日ではないので「犯罪の遺伝子が」とか言う話ではないですよ?(笑)
欧州文学をみていると登場してくる、かの地のイメージに
野蛮で山賊まみれで暴力的で、人を殺すことになんのためらいもない、そのくせ中途半端に金を持ったいけすかない屑
というものがあります。
西部開拓時代のアメリカみたいな印象、といえば伝わるでしょうかね。ようするに、「正当なる白人社会」から見た場合、歴史的に「見下されてきた」という経緯があるんですよ。
人種差別はその裏返しです。
なまじ「白人である」という「優越感」の部分は満たされているのに、歴史的な背景があり、ナショナリズムがより過激な方向へと向かう
ええ、中国といっしょですわ。
「日本に蹴落とされた」ので、より深刻ですが。

中国の場合、アジアの一等国という意識で君臨してきたにもかかわらず、明治維新以後、極東の島国に外交でどつき倒され、実力でどつき倒され、さらに蹴飛ばされて何もできなかった、なにもできないどころか、軍隊も政府も国民を見捨てて逃げ回った挙句内戦を始め、結局本格的に日本を追い詰めたのはアメリカだった、ということがあるので、まあ、せめて独力で内戦終結させた後に日本軍を駆逐し、主権を奪還していればもっと違った形の関係があったのかもしれませんが
そう、フランスのパルチザンや亡命政府のようにね
朝鮮に比べれば、抗日運動はすごかったし、それをナショナリズムで纏め上げるだけの指導者が現れていれば、よかったんだろうなあ、なんてことを個人的には思ってますが
たなぼたてきに主権を得たら、どこかに言い訳を見つけないと、はずかしくて国なんかやっとられんのですよ。
それが、今の朝鮮、中国の本質だと思います。
コンプレックスが、国を狂わせていく、そういう側面はあると思います。
一等国だったのに、そこから転落したコンプレックス
一等国に事大していたのに、いつも転落するコンプレックス
一等民族だと信じている同胞から、見下されているコンプレックス
オーストラリアは、それが内側に向かい
中国、朝鮮は外に向かった、という話。
日本はじゃあ、そうは言うけどすばらしいのか、というと、そんなことはない。
欧米の文明に打ちのめされ、劣等感の塊となって、システムだけを輸入してきて「この国をどうするのか」を考えないままやってきた結果が今ありますよね。
文化は?
わすれちゃいけない。
日本の文化は、世界に誇るべき文化だと私も思っている。
っとわすれちゃならんのは

その良さを見つけてきたのはいつも欧米人だということ

日本人には、その意味がわかってないと思う。

まあ、原因はそれだけじゃないですが、同等だ、あるいは下だ、と見下している相手から蔑まれることが、原因のひとつにはなってると思いますよ。
日本人がなんでそうではないのかというと、謙譲の美、という「自分を下に見て、相手からいろんなものを吸収しよう」という意識が無意識にあるからなのかもしれませんが。劣等感が生まれにくいんじゃないですかね。他国人から見ると、劣等感の塊のように見えてるみたいですが、より高みに上るために身をかがめることに、ストレスを感じないというだけだとおもいます。
まあ、日本人は中国朝鮮を下に見ていたわけでもないですが
どうでもいい国
とか
かわいそうだからなんとかしてあげたい
とか、そういうのすら「お前にはいわれたくないわ!」
と感情を逆なですることはありますよ。これ、対人関係でも。
「日本経済は破綻しました、ええ、中韓に敗北したのです!」
と、連日マスコミで連呼してやれば、ちっとは機嫌なおすかもしらんですね。
あるいは「アメリカは中国のほうをより重視している!」と、ほとんど発狂したかのようにメディアが繰り返すのは、そういう意図があるのか? と考えれば、生暖かい目でニュースを見ていられるかもしれませんよ。
まあ、そうやって持ち上げておいて

そのあとばっさり支援叩ききって、借金全額返納させればいいよ。

大豪邸住まいのアグネス・チャン、「日本は当たり前に水を飲めることを感謝しろ」

でも、こいつは死ねと思うわ。
こいつこそ、たまたま日本でアイドルやれてよかったと、今中国で怒り狂っている国民に対して土下座せんといかんだろ。自分がいかに幸運だったのか理解していないし、まるで実力で自らの地位を手に入れたかのように、錯覚している。
日本がそれらのことが「当たり前」になっているのは
うちらのじーさんばーさんたちが死ぬほど努力をしてきたからなんだよ

なにもしとらんおまえにいわれる筋合いはねえわ

そのジーさんバーさんに対して感謝の気持ちがたらん、というのなら、もっともな話だが。
日本人はアメリカのかさの元でぬくぬくとしてきたと、なんの努力もせずにアメリカの軍事力のかさで繁栄してきたとでもおもってるのか?
本当にそうなら、いまごろここはアメリカになっとるわ。それはそれで、私は大喜びしてる気はするが(笑)
戦争ってのは武器とって戦うだけではない、てことを、戦後の日本政府は確かに体現してる。譲れないものは譲れないという、断固とした姿勢は、武器もって戦うことより大変なことだ。
もっとも、武器もって戦うことすらできなかった、韓国という国もあるらしいが。
犠牲者だと泣いてる暇があったら、勝者になる努力しろ。それが、おなじ分断国家となったベトナムとの違いだろ。
ということを、GDP偽装してまで一等国になりたい中国にも、誰かいってやってください。

関係ないけど

プーチン氏の体調影響か=野田首相の公式訪ロ延期

ちゃうやろ。いや、外遊は腰のせいなんだろうけど。
これはプーチンが賢いということなんじゃないのか(笑)
野田と交渉しても時間の無駄だから、怪我を理由に休養しとこうぜ、って判断だろ、普通に考えて。
親日家はうそじゃないな。よく日本みてるよ。こわい政治家だと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/1207-f8db39e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック