りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
本日はお休み
こうやって情勢が煮詰まってくると
普段は「だまれ」というくらいに活発に意見を述べる、識者だの、思想家だのが急にものを言わなくなる。
読みそこなうのが怖いのか、言質を取られるのが怖いのか、意外に知識だけで分析力がないからなのか、そのあたりよくわかりませんが
たとえば保守の、こういう人から意見が聞きたい、と思っても、とたんに黙り込んで、さもなにか考えがあるかのような玉虫色の答えを投げて逃げ出してしまう。
オタだのマニアだのは、状況が煮詰まる過程では必要でも、いざ沸騰すると、なんの役にもたたんのだな。
わかっているつもりで見ていても、状況の流れる速度が追いつけなくなることがある。
そんなとき、先陣切って走ってる人って「普通の人」なんだなと。
結局、ミスをおそれるびびり屋のあつまりであるオタなんてのは、平和だから生きていける人種なんだってことを、実感しました。
ほんとだまりこむよな。

でま、ブログとはぜんぜん逆のことを普段私は言ったりしているのであれなんですが(笑)、皮肉であったり、皮肉の通じない韓国に対して、逆説的に伝わるとよいな、とおもっていたりいろいろですが

ブログに本音はかかねえよ

一番深いところにある本音はそうそう口にはしないし、別に特定宗教や団体に所属しているから、とかそういうことでなく
迎合されると気持ち悪いから。

ま、端的にいってしまうと、一連の韓国の行動みてゲラゲラ笑ってる人はたぶん私と友達になれる人、それ以外は理解しあえない人、てとこか
GYAOがヒトラーとか狼たちの午後とかやってるんで、更新はありません。
小粒なネタはあるけど、あとはFIFAとIOCの決定まち、そして10月、ここくらいしか大きなネタはこないとおもうし。
ただま、日本はこの機会に韓国に対して復讐する権利そのものはあると思ってます。
そこそこのことやって、あとは反日好きにやらして、国内法の整備をやってくださいってだけ。
理由はまあ、チャットでさんざんしゃべつたからいいや。友人だけが、私の意思、思想なり知っておいてくれればそれでいい。
自分の思想信条にしたがって、発言すればえんでないの?

ちょこっとだけ。


ルーシー・コー裁判官「アップル、麻薬でもしてないと…」


ごめん。
さすがに弁護できないわこれは火病(笑)
まあ、村社会の韓国人社会で、サムスンに引導渡す役を言いつけられたら、そりゃおかしくもなるわな。

日本進出韓国企業の新製品発売、次々と延期

当たり前のことじゃないかな?
少なくとも「紛争地域」としてあいまいにして、互いに無茶をしなかったところへ大統領が来たのは宣戦布告で、国民がそれに調子付いてしまった現実がある。
日本もあたりまえの感覚としてそう受け取り、日本の国内事情の要請にしたがって、もろもろを凍結した。
ところが、韓国人にとっては一連の行為は「日常」で、なんで日本が急に嫌がらせをしてきたのかがわからないため「差別だ」「日本が悪い」と叫ぶ。
その姿を、韓国べったりの日本のメディアが流す。
同時に、ネットである程度流布されており、マスコミにとっては基礎知識である「あたりまえの」反日教育の実態が、おそらくはじめて電波にのり、しかも、問題の本質を理解しないで逆切れしている韓国人に対して、生理的な嫌悪感を抱かせてしまった。
韓国人と同じ精神構造でなければ、そう感じるのが当たり前の話で、そうなってくれば、別に暴力に訴えなくても、いままでいいものにみえていた韓国製のあらゆるものが、汚いものに見えてくる。
それは、あなたがた韓国人が、日本の旗を見るとき汚いと感じる感覚と同じ。
だから買わない。
企業は利益追求の組織だから、地雷は避ける。

ただ、この理屈は韓国人には永遠にわからない。

反日教育というのは、そういうことなんですよ。
彼らはナチをみて、ユダヤを見て、自分たちがユダヤになれば、いくらでも日本をたたき、自分たちの要求はなんでもとおると思い込むように生きてきた人たちです。実は、彼らこそナチで、日本人がユダヤ人のような、民族差別を受けているのですが、表面的な構図に、自分たちに都合のよい形ではめこむことだけしかしない韓国人は、なにが本質的に問題なのかがわかってません。
理由があろうとなかろうと、21世紀にはいっても、民族差別政策をとっている。そこが問題なのですが、永遠に自己正当化する。

日本人は反射的におもったんですよ。
ナチの教育だ
日本人がさんざんやらされてきた反日教育、つまり、戦前の日本じゃないか、こいつらは、と。
当時の日本と今の韓国はぜんぜん違うのですけど、それでも、韓国人がそうしてきたように、いろんな図式に当てはめることで、日本人初めて「公然と怒る権利」を手に入れたわけ。
ああ、こいつらに対しては、怒っていいんだ、と。
だから、別に示し合わせなくても
韓国製品はかわない
韓国人が出ているとチャンネルを変える
K-POPはきかない
それが、世論操作したわけでもないのに数字としてでる
その結果としてでてくるのが上のような記事、都合のよい自己弁護と、甘い認識
韓国不審になっている日本に対しては、燃料追加にしかなっていない。
本質は、差別的な民族教育であり、国際常識の欠如であり、それを理解できない非合理性であり、つきつめると、人格の問題ですよ。
過去の手法はすべて無意味になった、その前提で計算しないと。
私のような、知韓(といってもよいとおもう)は、韓国についての知識を前提に持っているけども、ステマがまかり通っていた日本社会には、そんなものない。
韓国のありのままを一部報道しただけで、それは10世紀の人間に抗生物質投与するようなもんです。
薬が効きすぎるんですよ。
ネット検索して知識を深めようとすれば、韓国のひどさというのが、誇張も含めて拡散される。
その「ひどさ」は、たとえばくず映画を見るときの大前提として、大げさに取り上げるといった作為も当然ある。
知らなかったという反動は、それをありのままの事実だと錯覚することにもつながるんです。
でも、大部分は、本当ではないにせよ、うそというわけでもないのが大半だし、それを知られて困ることをしてきたわけだから、自業自得なんですよ。

ただ、韓国人にはその理屈がわからない。
大前提として、自分たちは甘やかされるべきであり、その理由は、日本はナチであり、朝鮮はユダヤであり、民族絶滅の犠牲者だから。
そんな事実はないのですが。
笑い話の日帝呪いの杭は、そういう理屈なんです。
おそらく今の韓国人に「あなたたちは日本人で、日本人を非難する残虐行為とやらを積極的にやっていたんですよ、戦争中は」といっても、おそらく信用しませんから。
台湾は植民地ですが、朝鮮は「日本」だったんですよ。

反日という視点でしかすべてを見られない以上、今おきていることがわかるはずがない。
第二次世界大戦は、もう終わったんですよ。
「韓国」は、それに参加できなかった。民族として。国として。
その劣等感から作り上げた、まがいものの帝国からスタートした歴史が、終わりの始まりです。
中国の行為を文字通りに受け取っていることも、不幸だとは思いますが、タイムカプセルなんですよ、韓国は。
今から韓国に対してなんらかのイメージを持とうとしている人に、忠告します。
韓国は、世界大戦に乗り遅れた国です。
乗り遅れたために、そこから得た教訓も反省もありません。
そして、「勝ったほうにまわって、勝利の果実をむさぼる」という、第一次大戦で世界が体験した幻想だけを追っかけている国です。
韓国の目指している国は、第一次大戦後のナチであり、日本です。
厳密には、勝ったほうの連合国側ですが、知っているのは太平洋戦争前後の日本だけです。模範とする手本は、それしかありません。だから「日本を越えたか」「日本より上か下か」というものさししかないんです。日本以外を知らないんですよ。そして、日本だったときにいい体験をした、という思いがあるんですよ。その裏返しが反日です。
韓国は、歴史に乗り遅れた痛恨と、追いつこうとする意識だけが焼きついたフィルムです。
もう、回す映写機もないのに、それを映し出そうとしている国です。
そういう国にできることは何なのかを考える時期がきた、ということでしょう。
気楽に戦争なんて言葉は口にすんな。
自衛官は、自分たちの延長線上にいる、という意識のもてない人間には、政治を語る資格はないと思うよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/1135-9092f077
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック