りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
おそ
kmb01.jpg

「いぃやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああぁぁぁああぁぁぁっ!」
中「あーすごいねー(棒」
露「いやっ、いやっ、いーーーーやーーーっ!」
中「なに、こんなとこでキャラ作り? しつけえよ」
露「い……ぃ……(はひっはひっ)
「え……マジ?」
日「宇宙人は素手で触れる人なのに」
金「こんなのはつくるのにね。てか、これちょうだい
「さすがにそんなもの配備したら、打ち込みますよ」
中「人には意外なところがあるもんだなあ」
米「うちだとキターッ! になるのにne」
「いたのかよ」



ロシアさん、可愛いじゃん。

正教会ってオカルト結構信じるんだなあ。まあ、エクソシストが現役で活動してる国だし。
アメリカもだけど、キリスト教圏ってオカルト強いんだなあやっぱり。
ここは矢追純一の出番。

露「そのころアメリカは」
中「立ち直ったな」
露「お見苦しいところを。ふふ」
日「声が震えてますよ」
米「こんなものを売り出してみたyo」
日「ちょっっっ」
中「ちょっっっ」
金「これ欲しい」
露「なんでも欲しがるんじゃありません。これ、輸出するんですか?」
米「買う人がいるなら」
中「……」
日「そこ。クレカ用意しないように」
金「人民にかき集めさせた鉄くずとスワップしようよ」
米「YADA」



ロシアさんといいアメリカさんといい、なんてものをつくるのか。
チャールトン・ヘストンが飛んでくるぞ。
(違う意味で)
つかさ。


なんのためにつくったの、これ


日本海表記問題「日本に打撃、米国の日本支持には失望」=韓国
元ネタはマネートゥデイ/Yahoo!Koreaニュース

kmb02.jpg

日「中国はベトナム・フィリピンとの開戦準備を整えなければならない―中国紙」
金「……」
中「……」
日「……ぷっ」
金中「こっちみんな!」



フィリピンがガス田みつけたからか。
これ、本気でWWIIIフラグたってるなあ。
違いは

中国さんフルボッコなところ。

北が韓国砲撃
アメリカが非難声明
サイバー戦展開(現在進行中)
ベトナム、フィリピンに続いてインドが宣戦布告
終盤、ロシアさんがしれっと北朝鮮と満州を占領

ま「宣戦布告」ってフラグが立ちにくいから、中国がどこまで虚勢を張り続けられるかが落としどころだとは思いますが。
ロシアはどうせ、中国援助するふりして、しれっと終盤味方撃ちするからなあ(笑)
著作権関連で折れはじめたのは、対日本イメージ戦略なんかなあ。
輸出国への転進を考えると、まず国内のこれどうにかしないと、中国自身が輸出産業育成できないからだとは思いますが。
この国も韓国も結局、19世紀の波に乗り遅れて、いまだにそれを夢見てる気がする。
亀田が炎上したらしいですが、韓国をターゲットって発想自体がもう古いよ。せめて中国、先見があるのなら、ベトナム、ミャンマー、タイ、もう一歩先行くならイスラム圏に手をつけないと。
私も亀田の製品好きだから、韓国にかかわって倒産してほしくはないからなあ。
戦争は勘弁して欲しいですが、まあ、あとはいわんとこう(笑)

中国人自身が、自国の批判を「妥当な評価」と認め、暗に政府を批判しているところを見ると、そろそろまた天安門がきそうじゃあるんだよなあ。
この間「尖閣は中国のもの! 蒼井そらは中国のもの!」と書いたビラで爆笑されていた中国ですが
あれなあ。インテリ層の政治批判だと思うんだよなあ。AVがすきなのは本当だけど。
朝鮮は本気で竹島はウリのもの! と叫んでますが、中国の知識層は案外、何が起こっているかを冷静に観察してる。
朝鮮は、そういう意識で国を批判するとき、ストレートにものを言いすぎて即逮捕されるけど、中国人は韜晦することをしってるし、長年言論弾圧のあった国だから、批判のかわし方も身についてる。「蒼井そら」というキーワードは、名前の持つ「青い空」の意味も含めての皮肉はあるんじゃないかと、個人的には思ってます。

台湾は知的、中国は馬鹿という人がたまーにいますが
台湾人だって、何分の一かはもともと中国人だぜ。

日「米さん米さん」
米「? なにカナ?」
日「李さんがこんなこといってますよ









kmb03.jpg









中「ちょっとごめんなさいよ……こいつぁひでえ」
金「犯人はヤス」
露「あはっ。あいかわらずアメリカ人になる気全然ないですね~」
米「グックはあたしを怒らせた!」
露(ころしあえ……もっところしあえ……)
日「今、なにか考えたでしょう」
「世界が平和でありますように」
金「ここにうそつきがいます」



※(グック(GOOK):アジア人の蔑称のひとつ。主に朝鮮人)

ロス暴動のトリガーのひとつといわれるニュース
(少女が射殺される動画が決定的となったため、耐性のない方は閲覧しないでください)
黒人に向け発砲する韓国人。
(彼らもベトナム帰還兵であるため、訓練を受けた軍人であることに注意)

襲撃されたからという、言い分はもちろんあると思う。
しかし、いくつかの動画に見られる韓国人の姿は、身の危険を感じて発砲している人間には見えない。
(一切遮蔽物を利用することなく、ストリートの真ん中でシューティングしている姿が何度か撮影されている)
関連動画がずらりと並んでいるので、興味のある方はひとつひとつみて「何起こったのか」を考えてみるのもいいことだと思う。
この中には、当時の暴動に乗じて強盗を働く黒人もいたし、一方的にどちらかを非難することはできない。ただ、発火点の要因となったいくつかの事件に、在米韓国人による黒人蔑視があったことは、アメリカ国内でも指摘されている。
アメリカが過度に韓国に対し過保護になっていたのは、優遇してやれば差別をやめるだろうという思惑があったのかもしれないけれども、日本と同じ過ちを犯したように、個人的には思える。
結果として、韓国人の筋の通らない要求を拒否し、アメリカ人として平等に遇していたら「なぜ優遇されない」と切れた、そんな印象を、ここ一年ほどの事件、韓国と米国の主張、態度の温度差に感じてしまう。まあ、銃乱射するのは、人種差別することが価値観のひとつ(儒教倫理だからで、民族がどうこう言っているわけではない)という韓国人にとって、多民族国家であり、人種の平等が建前のアメリカというのは、生き辛い国なんだとは思う。

「黒人が憎んでいたのはアジア人じゃないの?」という指摘でお茶を濁そうとしている人(日本のマスコミに少なくない)もいるけれども、彼らはやや勘違いしている。
太平洋戦争時、黒人は「同じカラード」という見方を、日本人に対してしている。それが黒人すべてを代表するアイデンティティではないし、なによりもアメリカ人であるという大前提があるから、積極的に何かの行動を起こそうと考えていたわけではないけれども、白人が日本人を撃ち殺していた感情よりは、割り切れなさを感じていたようでもある。日本では進駐軍として怖がられていたのは黒人のほう、というのは皮肉だけど。
ロス暴動でも、日系が積極的にターゲットにされたということはない。(但し、暴動の拡大に伴い対象も拡大され、略奪のための略奪が始まると、ターゲットは韓国系からヒスパニックや白人にまで拡大され、収拾のつかない状態に陥っている)
もともと、カラードと白人、という対立構造の中にあったアメリカでは、アジア系というのは黒人にとって、積極的に嫌悪すべき対象ではなかったのだけれども、そのアジア系である韓国人から差別を受けたということが、怒りに火を注ぐ結果になったのかもしれない。

そうしたもろもろの問題意識を軽やかに飛び越え「我々もマイノリティだったのだ。黒人を擁護してやろう」だの

韓国人社会は大きな財産被害を受けたが、米国の政治家らは誰も韓国人社会に関心と配慮を見せなかっ
た。その理由は韓国人は政治的な力が全くなかったからだった。このため韓国人は政治力の伸張が米国社
会で生きていくために絶対に必要だということを悟り始めた。この20余年間、韓国人社会は政治力伸張の
ための努力をしてきたが、成果はまだごくわずかだ。

ここで注目すべきことは、米国の韓国人社会の政治力伸張は、正しい韓米関係を築くうえでも大きな影響を及ぼす可能性があるという点だ。ユダヤ人は米国の外交政策が親イスラエルになるよう強大な影響力を行使してきた。米国の韓国人社会の政治力が強まれば、韓米関係に影響力を行使できるはずであり、同時に韓半島の平和にも寄与するだろう。

4・29暴動の最も重要な教訓は、単一民族の虚構性から目覚めて、多人種・多民族社会で共に生きる知恵を学び、実践しなければならないということだった。韓国人は、コリアタウンで居住しながら韓国人教会に通い、韓国語放送を視聴する「米国の中の韓国人」ではなく、多民族社会の一員として人種の和合と共存のための能動的な対処を模索しなければならないという教訓を得た。

多文化社会に変わった大韓民国も4・29の教訓を再確認する必要がある。大韓民国は人種と民族に対する概念的理解という側面で、まだ前近代的な考え方にとどまっている。世界は21世紀に変わったが、韓国人の人種・民族概念の理解はまだ19世紀レベルだ。

韓国人と外国人の間に生まれた混血人を法的、社会的に「韓国人」と認めて包容する政策と制度の整備が急がれる。いじめや差別を受けないようにしなければならない。そうでない場合、大韓民国でも人種暴動が起きるおそれがある。



上から目線で、問題の本質をまったく理解しておらず、19世紀どころか奴隷制社会の倫理観と価値観でしか人間を見ていない
このことがトリガーとなったのだから、また暴動は起こるだろうと思う。
アメリカの社会学者が、この点に気づいていないはずはないので、「韓国社会の発言力」だの「韓半島の平和にも寄与」などという妄言を、完全に無視する提言をしているのだと思う。お茶を濁すいつものやり方ではなく「お前たちの言い分は一切聞き入れられない」という、アメリカの強硬な姿勢に戸惑っている姿が「アメリカに失望した」という、韓国の実感なのだと思う。
まともなことを言っているように見えて、実は「権力や財力を握った韓国系を韓国人とみなし、その力を韓国にとって有意義に使おう。そのために、混血児の差別をやめよう」という

韓国の国益

に着地しているだけで、「韓国人権力の拡大のためには、人種を差別していないふりをして、韓国人の権力拡大に注力しなければならない」、これを「人種の和合と共存」と呼ばれてしまっては、黒人どころか、せっかく黒人とはうまいことやっていける社会を構築する努力を続けてきた白人にとっても「なにいってんだこいつ」でしかないだろうとおもう。
韓国人が、アメリカや日本に対し孤立感を感じ始めているのは、アメリカも日本も「韓国人は永遠に変わることはない」と見切りをつけ始めた結果なのかもしれない。
韓国人自身は、「自分たちは変わってやっている」「歩み寄ってやっている」と思っているのだけれども、たとえば欲しいお菓子をねだる子供が、だだをこねても買ってもらえず「これからいい子にします」と言っているようなもので、何度も裏切られてきた両親にしてみたら「この子の要求は、拒絶するか、その都度成果を出してから、要求を受け入れなければならない」、その結果が日本海呼称でのワシントンの冷淡な対応であり、対日外交カードとしてきた数々の「戦争犯罪カード」に対する、交渉そのものに応じないという態度であり、成果を先に出せなかった北朝鮮に対する食糧支援凍結なのだろうと思う。

極端な話、北が核のトリガーに指をかけない(あるいは、そもそも所持していない)、中国とロシアが介入してこないという確証があれば、北朝鮮が砲撃を開始しても非難声明を出し続け、韓国がどうしようもないレベルまで追い詰められてから重い腰を上げる、という選択肢だってありえる。中国は今、全方位に敵を抱えているからアメリカと事を構えたくないし、日本に対して弱腰なのも「尖閣は安保問題」という、アメリカの姿勢があるせいだろうし。
ソウル在住の日本商社の人間に対し、引き上げの指示が社から出ているところもあるそうだから、本気で戦争になると考えてはいなくとも、いままでのやるやる詐欺に比べると、韓国人自身がかなりの危機感を持っていることが、間接的にそうした動きにつながってはいるんだろう。

このあたり、韓国人は中国人以上にぶれない。
中国は少数民族弾圧や、民族浄化をやるけれども、あれは差別意識というよりも「中国共産党のための利益となる土地を地ならしすること」が主なので、すこし違う気がする。相手が日本人のようにはいはいなんでも聞いてくれるなら、そんなめんどくさい手間をかけるよりも、利用することを考えると思うし。
現実に、オンライン上では中国系の犯罪件数がうなぎのぼりだし、日本の国内法では対処しようがない状態になっている。オンラインゲームはそうした利権の温床で、日本人から搾取することが大好きな韓国人が、RMTに対して対策を行うのも、自分たちの懐に入る金が中国に流れていくからで(もっとも韓国人もやってはいるが)、オンラインゲームの名簿流出、管理といった事件は、実はもっと大きく取り上げられてしかるべき問題。
(韓国での流出は、経済新聞が取り上げることがある)

私がマイナンバーに反対なのは、罰則や管理の問題よりも、国内法では裁けない隣の国が、既にIDというものを商売の種として活用する方法を確立している状態で、それらの国との法整備を放置したまま実行しようとしているせいで、しかもそのことによつて被害が発生しても

泣き寝入り

これがはっきりとわかっているからなんですよね。
中国、韓国に対して犯罪に関して毅然とした姿勢を示せない司法、政府である以上、わざわざ金鉱を作ってやる必要はない、というスタンスです。
流出した瞬間、IDを書き換えて再発行するなどが可能ならいいだろうけど、それでは一元化の意味はないし、現在でも保険の不正受給に対して無防備な(というよりも、暴力に対して無防備な、といったほうが適切なのかもしれないけれども)、そんな状態で問題はおきません、といわれてもね。
日本人の、IDやパスワードに対する危機意識の低さも問題ではあるのだけれども。
「マイナンバーはそうした利用をされる性質のものではない」、確かにそのとおりなのだけれども、ユーザーの側の危機意識が低ければ、個人情報の流出=金鉱という図式に変わりはありませんから。なんでそういう話の流れになるのか理解できない人は、IDとパスワードの管理、という単語で検索し、実際の事例と、どれだけユーザー管理が杜撰なのか、危機意識がないのか、そして犯罪に利用されるのかを理解するのがよいと思います。
ネトゲやってるひとは、わかってることだよね?

妄想をたくましくすると、戦争がおきそう! なんてことをおもいますが
手っ取り早く戦争で就職口を確保すると、少子高齢化で悩んでいる先進国にとっては、まさにとどめの一発になってしまうので、昔とは状況が違うと思ってます。だいたい、子供の作れない体制で企業運営をしていること自体が、日本の病根なんだし。若いころにローテーションさせて子作りの機会奪ったら、子供作る暇なんぞあるかい。私くらいのおっさんになってからやればいいんだよ、そういうことは。
踏み絵で忠誠心を試すやり方というのはもう、今の子供には通用しないよ。そもそも、企業に対しての帰属意識がない世代にそんなことやっても無駄。
居心地のいい環境を与えてやることがベターでしょ。ベストとはいわないが。
環境の変化を望まない人が多いのだから、そのことが結局、企業の利益につながっていくと、私は思うのだけど。
つか。


子供死にすぎ。


陰謀だとは思わないけど、なんなのこの状態。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/1050-593e0edc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック