りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
おおう
なんかいろいろと大変なことになってる。
と、人事のように言ってます。
九電は「現状では値上げという選択肢はない。現状でやりくりしていく」と、えらく強気の発言でしたが
不祥事やらかしてイメージ気にしてる分、かわいげがあるのかもな。

矢追純一アイ(全てが陰謀論に見えてくる)でみていると、東電と民主のあれも
「どたんばで全部飲むから、悪者になってね。そしたら次の選挙でもうちは安泰だし」
とかいう紙芝居を見ているような気がしてくる。
日本人そこまでばかだろうか。

馬鹿なんだろうな民主が与党なんだから。

民主が与党になったとき、日本オワタみたいなことをうちでも書きましたけど(ドヤ顔)
想像以上にひどいことになってて、死にたくなる気持ちよくわかる。
維新は? とよく言われますけど、あそこも具体的な話や都合の悪いことは
「うちは官僚も着いてないし予算もないからわかりませんよ」
と、正論ではあるけれども、徹底的に逃げを打つ橋下さんがトップだからなあ
弁護士だから、言いぬけるのが得意なのが当たり前なんだけども
いままでは嫌われ者をしばいてきたことでうまくいってたけど、どこまでそれが通用するかなってのはありますよ。
マスコミが維新塾報道するとき、馬鹿をピンポイントで選ぶのもあれですが。
口で勝てないからって、やり口がなあ。

今日、NHKで在日参政権のことが出てましたけど
はじめて韓国の選挙に行く1世
「私は(軍籍にいて)対日協力者名簿に名前があるから、帰れなかった。うれしい」
こういう人は、真の愛国者だよ、とおもう。日本に対する感情はわからんけども、殺されるから帰れない、兵員引き上げのときに日本に来てそのまま帰れない(あるいは、戻ったけど逃げてきた)
NHKの狙いは良くわかる。取り上げられているのが、つめの先ほどの希少例であったとしてもだ。

その次に出たのが
3世の青年。不自然に友人と会話。
「選挙いった?」「いやいってへん。俺在日やからいかれへんっていってるやん」
と、彼が不遇であることをアピール。
「日本の選挙に参加したい」
まあ、ここまでもよろしかろう。
で、韓国の選挙に行くか? という話になり、家族会議。結局、韓国の今の事情がわからないということで棄権。
いやあのさ。韓国の政情って、日本を取り巻く環境の、要素のひとつなんだが…たしかに、ウリ党だの、ハンナラ党だの、ブドウ党だのいわれても、よくわからんが…
結局「日本の参政権がほしい」
まあ、それはいいだろう。
で、父と子。

子「韓国に行く気はない。俺は日本に住む」
子「帰化もしない。でも日本に住んで参政権がほしい」
父「(帰化して)韓国系日本人になるというだけの話なんやで? そういうこともかんがえなあかんとおもう」
子「でも俺は帰化しない。韓国にも帰らない。選挙権ほしい」

どう考えても父のほうがまとも。
NHKの意図としては「かわいそうな韓国青年に、なんとか在日特権を与えたまま選挙権をあげられないだろうか、だとおもうのだけど
南朝鮮政府のいつもの主張

俺は義務も責任も果たさないが権利だけはほしい。ついでにいうと特権も手放したくない

これなんですが
この放送みて、何人の人が「この青年はかわいそうだ」と感じるとおもうのだろう
在日特権を知らない人なら「なんかややこしい事情あるんやなあ」くらいには感じてくれるとおもいますけど
南朝鮮と同じ理屈で主張してるから、日本人にどう受け取られるのか気づいてないんじゃないのかNHK
反感あおるだけだとおもうのだがこれ。

うそでも「韓国では在日差別がひどい。帰化するには兵役を済ませないといけないが、韓国でいじめ殺されるから怖い。だから帰化も出来ない。俺は日本に生まれて日本で生活してきたから、日本人になりたいんだ」
というもってきかたをしたら、馬鹿が騙されてくれるとおもうんですが。
麻薬ばっかりやってるから、その程度の知恵もまわらんのか。
結局「韓国人が在日を憎悪してる」ということを知らせてしまうと、「なぜ韓国人が在日を憎悪するのか」ということに触れなければならず、触れてしまえば日本での特権階級的な扱いにふれなければならず、また、なぜ戦争被害者と自称している韓国人が、日本に住み続け、帰れるのに国に帰らず、そもそも在日という存在が、その大多数が戦争被害者でもなんでもなく、密入国者であり、朝鮮戦争から逃げた上に働きもせず暖衣飽食しているということに、韓国人が憎悪しているということを説明しなければならなくなる
ようするに「嘘の上に嘘を塗り固めなくなるから本当のことはかけず、でも要求だけを並べたらおかしいことになりました」
というのが、このミニ特集。

おそらく、1世のじーさんは、後半のむちゃくちゃさを「戦争の悲劇」に摩り替えるためのエピソードなんだろう。
父は自分たちがどうやって日本にきたかをわかっていて、そういう自分の立場を日韓の人間がどう考えているのか、よく理解しているのだろう。
息子のほうはぼんくらで、自分の特権を手放したくないけど、韓国の義務と権利は要らない、日本のだけ欲しい。
この馬鹿に焦点を当てず「息子はこんなに馬鹿なんですよ。でも、私は出来れば日本の選挙権が欲しい。しかし、この年で兵役は正直つらい」ともっていくのがベストなんじゃないかとおもうがなあ。
私でも、もっとマシな脚本いくつもかけるとおもう。

初の韓人最高裁判事誕生ならず~韓人政治力拡大戦略の修正不可避(ニュージャージー)
(ハングル)

機械翻訳。

"政治的犠牲"韓人社会鬱憤
フィリップ権承認無産 "政治力伸長の戦略の変更必至"
入力日:2012-03-24(土)
ニュージャージー州上院は22日、フィリップ·巻州最高裁判事指名者の承認を拒否し、 "本紙3月23日A1には、"韓国人社会が大きな衝撃に陥った。

一部では今回の結果はすでに予想されたものであったとし権限指名者は、 "政治的犠牲"になったと鬱憤を吐いた。 特に、米本土の最初の韓国人の最高裁判事誕生を期待していた韓国人社会は大きな失望感を現わして、韓国人社会政治力向上のための戦略修正が必要だと口をそろえた。

大砲ツリー韓人会アンドリュー·キム前会長とバクジョンホ前理事長らは23日、ポートリーに会議を開き、韓国人政治力向上のための "KPAC(Korean Political Action Committee)"の発足を具体的に議論した。 アンドリュー·キム会長は "韓国人政治力向上のための戦略変更が必要である。 KPAC発足に二度とこのような侮辱をされないようすべきだ "と強調した。

ニュージャージー韓国人会イヒョンテク会長も "影響力のある政治家攻略など状況に応じた戦略が必要だ"とし "特に訪れた機会を逃さない場合は、日系人社会の団結が必要だ"と述べた。

ジェイソン金ペルパク副市長は "衝撃を禁じ得ない。 フィリップ権地名に誇りを持っていた韓国人1.5·2世に言うことなくなった "と話した。 FGSソングムジュ副会長も "韓国人最高裁判所の裁判官の排出を目標に優先指名者の支持署名キャンペーンを熱心に
展開したが、あまりにもとんでもない結果が出て大きく衝撃を受けた "として"クォン指名者は、政治的な犠牲 "と鬱憤を吐いた。

地域日刊紙レコードはジュサンウォン司法委員会がフィリップ権デジグネーターの承認を拒否したこと予想されたものと23日報道して人目を引いた。 本稿では、歴史的に、ニュージャージー州最高裁判所の裁判官は、民主党と共和党で一人ずつ交互にジミョンドェそのバランスを維持してきたがクリス·クリスティ知事がこのような慣行を無視して民主党席に独立した党であるフィリップ冊指名し、民主党の承認を拒否する事態を運転してきた分析した。



大略まとめると。
・組織票で最高裁判事候補を押した。
・公平性が損なわれていると州が突っぱねる。
・在米韓国人勢力を拡大するチャンスと、金と手間をかけていたのに一蹴されたので怒った。

ようするに、司法を支配して、自分たちに都合のよい判決を出させるつもりだったという話。
このひとら、アメリカ人であるという意識が全くない。
移民国家であるアメリカですら、朝鮮系が嫌われるのは、つまるところ「いつまでたってもアメリカ人にはならない」という点。
民族的アイデンティティとは別。
自分たちの利益になることは不正には当たらない。なぜなら自分たちは特別扱いされるべきだからだ。
このアイデンティティが、朝鮮民族というものをねどこかおかしなものにしている。
もちろんみながみなそうではなく、そういう価値観はおかしい、と、時々指摘する本が発行されたりするのだけれども
オチは「あなたは親日家なので財産没収の上逮捕しますね」におちついてしまう。
このあたりは中国も似たようなもの、ただ、中国の場合本当に特権階級があり、その人たちが自分たちは特権階級であると主張するのだけれども、朝鮮の場合、庶民がそれを主張すること。日本の中流意識と比較するとわかりやすいかもしれない。
ようするに

日本でこれをやりたいのだけれどもどうですか

というのが、地方選挙権の獲得だったり、参議院選挙権だったり、公務員に登用しろということ。
要求の内容がどうこう言う以前に、日本の国益を損なうことを積極的に考えている人間に、参政権を与えたり、公務員に登用する道を与えるのはそもそもダメだろということでいろんな人がひとつひとつ潰しているのですが(地方参政権は一部実現している)「自分の主張は理屈ぬきで通らないとおかしい」ので、おしいのだから「主張は通らねばならない」、つまり「主張が通らないのは誰かが悪い」ということになり、その誰かが

日本人

ということに落ち着くので「民族差別だ」と言い出すのが実相です。
今、東電に対して怒っている人が多いですが
たとえば民主党が、東電のために値上げを飲み、公的資金をどんどんおかわりして、国民に節電まで求め、さらに消費増税を強いて、国民年金がなくなり、積み立てていた年金も消失したら

誰のための政治家なのか

と怒りますよね。
国民のために仕事をする、それが前提なので、特定の誰かのために働く政治家というのは、感覚としておかしいのです。
それが特定人種のために働く政治家や公務員を作ろうという話になると、差別という言葉が出てくること事態、異常なんですよ。
公務員や政治家は日本国民のために働くのであって、外国人のために働くわけではないですから。
外国人のために働くのは、その人が属している国の公務員。
差別というのは
「朝鮮人に政治なんてわかるわけないだろ」
と口にすること。
「朝鮮人に日本の参政権を与えるわけには行かないだろ。外国人なんだから」
というのは、差別でもなく、国家運営において当たり前のこと。
日本人が韓国の政治家になり、日本の国益のために韓国を動かしたら、普通困るでしょ。
逆だとなぜそれがOKになるのか。
しかし、そのあたりの理屈が、全然わからないので、会話にならないのです。
前提が狂ってるから。
だから、NHKのミニ特集が、こんなことになってしまったんですよね(笑)

もちろんみながみなそうではなく、最初の1世の人のような人もいます。そして、靖国神社には、当時同じ日本人として戦った多くの朝鮮人も、英霊として祭られています。だからといって、特権を認めていいという話でもないし、その逆もしかり。

帰りたくても帰れないという、あの1世のような人のために、韓国もついにおもい腰を上げ

・選挙権もやる
・日本語しかしゃべれなくても大丈夫

という受け入れ態勢を整えました。
その上で「帰りたくない。帰化もしたくない。でも選挙権は欲しい。公務員にもなりたい。そして朝鮮学校へは無料で行きたい」
こういうでたらめな事を全て「差別」で押し通そうとしているため、事情をある程度把握している人は「ふざけたことをいうな」、と、いろいろ運動しているわけです。
その運動の方向性や、内容をかならずしも私は全面的に受け入れているわけではないけれども、「権利だけは守る。義務は果たさない。ツケはおまえらが支払うべき」という態度は、非難されてしかるべきだとおもいいます。

東電と同じことを言ってるし、やってるんですよ。

それを「差別」という言葉で瞞着されてしまってもいいものか、という話。




またなんか時間がなくなってしまった。
中途半端だけど、寝ます(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/1020-0e2d1c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック