りせっとさん
「何故あなたは都合よく過去を忘れるのか」「そこにリセットボタンがあるからさ」-ジョージ・マロリー(仮)-
めきしこ
今日はおもいきり馬鹿になりたい気分なので、例のアレは冒頭でさらっと流して本題にいきます。
いつも馬鹿やんという突っ込みはいやんばかんという方向で。

「馬鹿のふりはやめだ。今から本気出す」
中「そのSM女王みたいなコスプレはなんだ。足が貧弱すぎてにあわねえぞ」
金「もともと私は知性派なのだ。まんまと騙されたようだな!」
日「知性とその格好は関係ないとおもいますが…子供がハイレグきると、いろいろとあぶないですよ」
金「お前、それ平壌でも言えんの?」
日「そもそもいきたくないです…」
金「そんな貴様たちをどーんとご招待だ! さあみるがよいわれらの科学を!」
「心底いきたくねえんだが」

といいつつもいっちゃう付き合いのよい二人

中「やあ。この世で1番会いたくない女」
露「あはっ。おひさしぶりです~」
中「やあ。この世で2番目に会いたくない女」
米「いいお天気だねえ。うっかり事故も起こせないじゃないか」
日「物騒なこといわないでください…」
中「で、世界で3番目に会いたくない女ときたわけだが」
日「ひどい扱いです…」
中「この世で一番かかわりたくないSMクイーンはどこいった」
「あたしはここだあっ!」

銀河2号の先端にありのようなサイズのSMクイーン。

米「HAHAHA! 二度と食料はやらん!」
露「本当に打ち上げるつもりなんですねぇ」
日「……はい。はい。PAC-3を。え。頭の体操って何ですか? 全然うまいこと言えてないですよ。無理にうまいこといおうとしなくていいですから」
中「あいつ、高所恐怖症じゃなかったか?」

30分後。

「死ぬかとおもった」
中「そのまま死ねばよかったのに」
日「」
米「」
露「あはっ、誰も突っ込みませんね」
中「みんなそうおもってるからだろ」
露「私はおもってないですよう。燃料タンクに亀裂が入るとか、致命的な大事故がおきたらたのしいのに、とおもってたくらいで」
中「お前……」
金「おっと茶番はそこまでだ。ちょ、主役はあたし! なんで日囲んでんの!」

米「で、ぶっちゃけ技術者拉致られた? 正直にいってみ。今なら痛い目ですむから」
中「お前、原発関連の人材も李にやられつつあるだろ。いい加減、技術流出には神経使えよ。迷惑なんだよ、こっちは。金だけでも頭痛いのに」
露「せっかく李さんの打ち上げぶち壊したのが台無しです♪」
日「ひぃぃ、なんでわたしが怒られるんですかぁぁ」

「きけぇぇぇぇぇぇ!」

日米露中「あ、勝手にすすめててください」

金「くそう。今にみてろよ。シプ! ク! パル! チル!…」
中「ほんとに秒読み始めやがった……」



4月にはこうなるんですかねえ。

軍オタではないので、間違ってるかもしれませんが、おっちゃんにもわかりやすいように簡単に書いておきますと

PAC-3……パトリオット・ミサイルのこと。
銀河2号……通称テポドン2号。

今回あげるのは衛星。ただし、衛星軌道上まで打ち上げられるようになると、大陸間弾道弾への技術転用(相互互換)が可能なので、事実上、ICBMを持つのと同じことになる。
TVなんかでは、衛星軌道上から降下する弾頭は、パトリオットでの迎撃は不可能、とかいってましたが、日米合同演習で、イージスのスタンダードミサイルが演習用の弾頭を撃墜した、って報じてなかったっけ? あれは上がる前のロケットに当てたってことなんだろうか。パトリオットで落としたわけではないから、うそではないのかもしらんけど。すみません。軍事はよくわかりません。
ああでも、中距離は叩き落したよって報道か。ICBMはあかんってことなんかな?

北は数学だけは叩き込まれてるからなあ、子供のころから。だからこの分野に関しては、南よりぐっと進んでるとおもうので、本気でぶっ放すんだとおもいますが、ロシアもアメリカも射程に入ることになるから、えらいこといってることになるんだよなあ。イラクどこじゃないんちがうの、アメリカ。

一方南朝鮮は。

その2.

訳:「とにかく金をくれ」

もとうにかく金をくれ、金がほしい、あとついでに金がほしい、ただし軍備増強と原発再稼動は認めない。
わけがわからないよ。
自分で何かする、って選択肢はないんでしょうかこの人たちは。
たぶん

アキヒロ「日韓軍事協定結びたい(ちらっ)」

野田「いりません。金もあげません」

あのときの流れから思いついたことだとおもうんですが
日本はアメリカとイージスの改良してるやん。韓国に飛んでくるミサイルは迎撃せんけど。領空侵犯なるし。
で、朝鮮学校無償化ってことは、日本に北の工作員がたくさん生まれるということになるので、南朝鮮は腹をくくったということでよろしいか?

普通民族のアイデンティティー守るためには自国で再教育を行うし、他人の金で「弾圧」を跳ね除けたり、「伝統を受け継いできた」り、「戦後責任に背を向けている」朝鮮人に文句言われる筋合いはないとおもうんだけど、どうなんだろう。
プライドってものがないの、この国の政府とマスコミは。



で、本日やっと見られたのがこの映画
"EL castillo de las momias de guanajuato"
ええ。グアナファトというタイトルに惹かれただけの一発ネタです。メキシコ映画です。もちろんルチャ映画です。
主人公は

gf02.jpg
このひとと
gf03.jpg
このひとたち

誰なんだろう。よくわかりません。

なにしろ字幕もなく、スペイン語なので、物語がさっぱりわけがわかりません。なんでこんなものを観始めたのか……
例によって延々プロレスシーンがあり(私には拷問)よくわからないお色気ねーちゃんがあり(由美かおる風)

gf04.jpg
エンストしている車をみんなでよってたかって直してあげたり

この人たち、がたい良すぎてスケール感がなんかおかしい

例によって、この3人がなんかへんな博士と戦う、みたいな映画でして
うーん。イタリアもそうなんだけど、いい感じにひなびた建物が残ってるよなあ。ま、そこが悪のアジトなんですが
みんなで乗り込んで倒す、そんな他愛のない話です。
城には

gf05.jpg
むちむちの

gf06.jpg
おねえちゃんがとらわれており

ガキもとらわれてますが、そんなの誰も見たくないよね?
女の子にはいやんばかんなかんじで優しく
子供にはナイス兄貴なかんじで優しく
お前はマクガイバーか
みたいな展開にはちょっとほっとしますが
手前の逆さづりの人、普通こういうのダミー使いますが、生きてる人です。あまりに長時間吊られているので、後半マジで苦しくなったのかもだえ始めます。メキシコ映画パネェ。

スペインとかメキシコ映画に良くある、こういう猥雑さはいいですよ。ハリウッドだといかにもつくりもんくさいんですが(いや、このシーンがつくりもんくさくないかといわれると困りますが)、妙な生々しさがあって、どうでもいいようないかがわしさがぐっときます。

で、とにかく(プロレス以外)見所が多い映画なんですが
やはり見所はここかなあ。

敵のアジトに乗り込む二人。
わらわらとやってくるゾンビ軍団


ってああ。これゾンビ映画だった。


その中に銃を構える小人の人(おそらくミゼット・レスラーの人)
ってこのひと、前サントの映画にも出てたよな
今回はゾンビ軍団の側らしい。
不意打ちになすすべもなく捕虜になる二人。
しかし彼らはルチャドール
パンチ一発でミゼットをKO

銃役に立ってねえ

まあ、ここはゾンビ軍団との大乱戦、が見所ですよね?
それ以前に、このゾンビたち、二人の腕を捕らえて連行している

豆知識:メキシコのゾンビは案外賢い



襲い掛かるゾンビ軍団!
フルボッコされるルチャドール!
ってええ?

一人で逃げ出す顔に「A」の人
ってえぇぇぇぇぇぇぇ!?
たったったったったっ
……
ほんとに逃げ出してしまった。
残された人はゾンビにフルボッコ。

豆知識:メキシコのゾンビは殴る



ぼこぼこぼこ
ぼこぼこぼこ
ぼこぼこぼこ

するとすごいむこうから「A」の人がっ

たったったっ
たったったっ
たったったっ

なげえなおい。

どうやら、車からロープをとってきたらしい。
え、ロープ?
いやな予感しかしないんですが。

gf07.jpg
ぐるぐるまきにされるゾンビ軍団

観難いですが、真ん中がゾンビの人です。

豆知識:メキシコのゾンビは縛られると動けない。



その後、先に潜入していた一人と合流
ゾンビ軍団との大乱闘!
ここからが盛り上がるところですよ!

gf08.jpg
しかしやはり縛る

豆知識:ルチャドールは決して血を流さない。



いやあ、まじめなはなし。子供のヒーローが血を流しちゃあかんよね。
この突き抜けた心地よさは、特撮を見る感覚ととてもよく似ている。特撮と比べるとかなりエロいが、まあいいってことよ。

日本でも、またこういうのが作られるといいのになあとおもいながら、後味の良いエンディングを迎えました。
メキシコ映画には良心があるよね。ルチャ映画には間違いなくそれがある。
だってヒーローを描いてるんだから。






最後に。

台湾総統に謝罪 追悼式典対応で平沼・日華懇会長

こんな失礼な話はないよな。確かに日中国交正常化のときに、いろいろあったんだけど。
民主党は被災地のことなんか考えてないよな。考えてたら、台湾のことが真っ先に頭に浮かんだはずだし。
遺憾とか、ええかげんな言葉で返さなかった馬総統に感謝だな。この人、中国寄りの人だけど(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roboko.blog41.fc2.com/tb.php/1013-c8a0f709
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック